フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 私のガン(術後と退院) | トップページ | みょうが »

2008年9月20日 (土)

私のガン(術後検査結果)

この病気について書こうか書くまいか迷いました。が、ご自分の病気について詳細に書かれた方々のブログを読むことで、どんなに勉強になり勇気づけられたか。そのことを考えると、私の症状や治療法、経過を掲載することにより、何人かでも病気と闘う不安や孤独感から一歩抜け出すことができれば幸いです。

そんな話は苦手だという方は、金魚雲の画像だけお楽しみいただいて次の記事に進んでください。

F1000223

2007年5月11日 退院後初の通院である。腕あげを練習はしていたものの、おっかなびっくりなので退院直後とあまり変わってない。先生には「しっかりあげないと、固まってあがらなくなるゾ」と言われる。

今日は手術で切除した腫瘍細胞の組織と診断結果、今後の治療方針の説明があった。

腫瘍の大きさは、な、なんと、5センチ (小さい胸なのに・・どうりであばら骨が見えてる訳だ)

リンパ節転移個数 16個中5個 (脇の1個は手術前にすでに本人が腫れているのを確認済みで、これは1センチくらいになっていた)

腫瘍の悪性度 ガン細胞が元気かどうかで、レベル1~3の、私は3、かなりのワルだ。

ホルモン反応性 女性ホルモンに反応して増殖するかどうかで、私の場合はエストロゲンには陰性、プロゲステロンには陽性を示した。

ハーセプチン これは遺伝要素が高いかどうかで、私は陰性であった。

また、血管への侵襲は残念ながら確認された。

最後に、年齢が高いかどうか、これは35才で分けているそうで、私はかなりの高齢(^^ゞ

ということで、転移・再発のリスクは高いと判断され、とりあえず化学療法(抗ガン剤)を8回と、その後ホルモン療法を行うことになった。

先生には、半年前に乳ガン検診を受けているのに・・ということを告げたが、「まあ、まれにそういうこともあるから」と言われた。この時点では私はまだ「集団検診の診察がいい加減だったんじゃないの??」とだいぶ疑っていた。

外科の主治医から病院内、腫瘍内科の先生に電話を入れていただき、すぐ診察ができると言うことで、そのまま腫瘍内科へ。腫瘍内科の先生も人当たりがよい先生で安心した。数年前に埼玉県の県立がんセンターからいらしたということで、もしかしたら膵臓ガンで他界した妹の義父を診ていただいたかもしれない。

抗ガン治療の最初の点滴は、さまざまなショック症状が出ることが予想される。そのため観察が必要で、5日後に入院して最初の抗ガン剤点滴を行うこととなった。

« 私のガン(術後と退院) | トップページ | みょうが »

病気」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

現在医療は日進月歩に進み、治療法も年々進んでいるようです。その中で「集団検診のあり方」に対し賛否両論もあるのも事実だけれど、やはりそれでも検診で見つかる方もいれば、標高480mサンのように見つからない方もいるようです。
私の周りには意外に同じ病気をされている方が多く、皆さん元気に仕事をされてます。
治療内容も進む・・・・の中には外科的技術も向上しているのでしょうね。10年一昔です。

最近では、「病気を治そう」「知ろう」「元気になろう」と言う気持ちが症状の緩和や進行を遅らせたりがん細胞さえも見当たらなくなる、精神力が治療にプラスになるとのお話も耳にするようになりました。

標高480mサンも闘病生活を経て、病気を受け入れて前を向いて歩んでいる様子がブログからも読み取れます。支えてくださる家族に先生に対し信頼されてる様子がわかります。

生意気にもコメントさせていただきました。
どうしても伝えたくて・・・・
同じ空の下
心から応援させて下さいね。

標高480mさんから励まされる事も多いチューリップでした。

チューリップさん
こんな記事にコメントしていただいてありがとうございます。
再発の記事の時に書こうと思っていたのですが、どうやら集団検診の時には画像診断できる大きさのガンは無かった可能性があります。高齢の割に細胞が活発で、急激に大きくなったとしか考えられません。それだけ細胞が若いってこと??と、先生に言ったら苦笑していましたが・・・
とにかく自分が油断していたために、病院に行くのが遅れてしまったので、どうしようもありません。こうして励ましていただきながらお話しできるお友達を作ってしまったし、頑張るしかないかな。
話し相手になっていただいて本当にありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私のガン(術後と退院) | トップページ | みょうが »