フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 私のガン(術後検査結果) | トップページ | 仙台パルコ »

2008年9月21日 (日)

みょうが

Myouga1 ミョウガは、埼玉に住んでいた頃には8月くらいに咲いていたので、夏の花と思っていたのだが、蔵王に来てからは、9月に入らないと咲かない、つまり秋の花になってしまった。もらって植えた当初はうんと細い花芽が2,3個しかつかないので、無くなってしまいそうで食べられなかった。

最近ではうんと太い花芽が沢山つくので、なかなか食べきれない。そうめんやうどんの薬味ではそれほど使わないし、ぬか漬けにしても大量に食べるわけではない。おまけにダンナは「沢山食べるとアホになる」という迷信をふりかざして、あまり食べようとはしない。

花を間近で観察すると、結構大きくてきれいである。花が3つもついているとは知らなかった。

Myouga2

撮影はニコンD70

« 私のガン(術後検査結果) | トップページ | 仙台パルコ »

植物」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。「みようが」は我が家の雑草の中にもありますよ。少しずつ自然に増えて結構な数になりました。私はよく「みようが丼」を作って食べさせます。何とか消化したいときはドンブリ飯が一番。仙台麩(車麩)と一緒にね。後は「おくずかけ」と言う郷土料理につかったり。冷凍にして置いても出来るだけ早めに使ってしまいます。風味が大切ですからね。「食べ過ぎると馬鹿になる」一里あるかも。我が家では、花は食べませんね。

みょうがの花…初めて見ました…
白くって キレイなんですね~☆

ちょっと感動!☆

こんにちは、標高480mさん。
みょうがは美味しくて大好きなのですが、白い花をつけるんですね。初めて知りました。
飯豊町の夕焼け空が綺麗ですね~
以前、新潟県越路町に住み込みで働いていたので、新潟、山形と聞くと懐かしく感じます。
病気のお話しは大変だなぁーと思いましたが、教えて頂き、どうもありがとうございました。

ムーミンママさん
ミョウガをどんぶりにするんですか!! ダンナには怒られるかも(笑)・・・おくずかけってどんな料理ですか?? たぶん最後にあんで和えるのでしょうね。山形の小国の方は花だけ別にして湯がいて食べていました。地域によっていろいろなんですね。

ぱせりさん
たぶんうちはほって置くから花が沢山咲いてしまうのでしょうね。もう少し早く取った方がいいのかな。

おみつぼうさん
新潟はしょっちゅう行くのです。住んでいらしたのですか。雪が多くて大変ではなかったですか?
病気のことは読んでも気にしないでいいですよ。自戒の念を込めて、とにかく記録しておかなければという思いに駆られて書いています。

みょうが には
夏みょうがと秋みょうががあります
夏みょうがは身が緩く硬さも柔らかめ。
秋みょうがは身が引き締まり硬さも固め。
夏みょうがの花が終わる頃に秋みょうがが収穫できます。
土が合わないのか、なかなか群生にならず。で、実家で頂いてきます。

みょうが、大好き。
味噌汁に豆腐に鰹に焼きに漬物になんにでも添えて食べてます。

我が家の保存法は、花はとり、しっかり乾燥させ、密封し冷蔵庫や冷凍庫へ。

食べ過ぎると【物忘れがひどくなる】と、やはり言われていました。なんででしょうね。

うちの庭でもみょうがありますよ。友人には花が咲く前に収穫しないとダメだよと言われるけど、いつも花が咲いてから出たことに気づいています。
薬味以外にも食べ方あるんですね。私は甘酢漬けにしました。


雨はどうですか?

少し前のお話で恐縮ですが‥おや?
斎藤さんブログの‥私なりの消費者と生産者が同じ感覚にするという提案に、コメントを残しておいでの方がいらっしゃる‥と思いユニークなお名前をクリックすると、これはすばらしき見事な風景(嬉)
標高480mさん、実に雄大で自然豊かな良い場所にお住まいですね。
初めてこちらに寄せて頂きました。くどうと申します。

私は、アナログな人間でしてようやく最近、ブログというものにはまっている斎藤さんより若干歳下の若輩者であります。
 私の得意分野?と言いますか関心のあることが「農業」「食農教育」などなのですが、
特に「食農教育」は自分なりに思い入れがあり、畑という教壇から子ども達や保護者にまで「土」に触れてもらいながらの食育活動に精を出しています。
持論になってしまいますが、減農薬野菜を求める消費者ニーズに応えるべく、せっかく生産しても農薬使用不能により駆除できなかった害虫の食害(例えば穴の空いている葉など)の野菜を消費者の方々に理解していただけないのでは、両者の歩み寄りはとても叶わないと思うのです。

自分の持っている知識という風呂敷が広がれば広がるほど、聞いてくださる方に興味を持っていただけるので、この蔵王の風景も私の風呂敷に是非取り入れたいものです。拝読致しますというと標高480mさんに事情も御有りの様子‥
それではまた寄せて頂きます。失礼します。

チューリップさん
夏と秋バージョンがあったのですか!!知らなかった。ありがとうございます。今取っているのは、糠に入れてもなんか漬かりにくいんですよ。秋みょうがなのかな。
忘れたいことが沢山あるので沢山食べたいのですが、先日沢山食べたらおなかを壊してしまいました。みょうがのせいじゃなかったかもしれないですが。

チャ太郎さん
おはようございます。私も花が咲いてからやっと気づきました。もしかして花が咲くと堅くなってしまうのでしょうか??
雨はまだ結構音を立てて降っています。今日は午後病院です。

くどうさん
お越しいただきありがとうございます!!
私はここ宮城に来る以前、自然や農業というものの在り方を把握していたつもりになっていたのですが、おそらく机上と頭の中だけでした。まして、周囲に溢れかえる自然がある中での農業の在り方など知る由もなかったのです。
 私のダンナも「都会の子供には全員、短くとも1年の農業留学と漁業体験が必要だ!!」と息巻いているくらい、大人も子供も実情を知りません。というか、頭でわかっているつもりでも、やはり体で覚えることが必要ではないかと思います。
近年、医療では薬の副作用や、手術に際しての危険性、治療を行った場合と行わなかった場合どのように病が経過していくか、などのインフォームドコンセントが確立され、患者には治療をするしないの選択権も提示されています。食に関しても、薬剤を散布した場合としなかった場合、どのようになって、人体への影響はどうなるか、消費するあなたはどちらを選ぶのか、といったことが必要ではないかと思います。
これからも元気な限り、蔵王の風景を中心にいろいろ発信していきたいと思っていますので、お暇なときには覗いていってくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私のガン(術後検査結果) | トップページ | 仙台パルコ »