フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 森のおきて | トップページ | 夕焼け小焼け »

2008年9月19日 (金)

新潟・山形に行ってきました

昨日は仕事で午前中は新潟県新発田市にいました。宮城山形県境を越えると次第に雲が少なくなり、新潟はほぼ快晴、新発田市で車外温度計は31℃!! 温度計が壊れているのかと思いました。フェーン現象のため高い気温でしたが、さすがにもう秋、真夏のような高湿度ではなく、風もあるためさわやかでした。失敗したのは、曇りだと思って日焼け止めを持って行かなかったこと。上着や帽子で必死に保護しました。

Kuritrap

設置されたトラップF1000331 F1000334_2

午後は山形県小国町でクリ調査のためのトラップ設置です。トラップとは、落ちてきた葉や果実を受け止める網です。小国の方に手伝っていただき、無事4本16個の調査用トラップを素早く設置できました。

写真はクリ林に出ていた、まるで珊瑚のようにきれいなハナホウキタケ(有毒です)。帰りに手伝っていただいた方のお家によったら、アワの垂穂がきれいでした。タネアワにしようとしてそのままにしておいたら、沢山鳥に食べられてしまったそうです。F1000335

帰りに飯豊町の「道の駅めざみの里」から見た夕焼け

« 森のおきて | トップページ | 夕焼け小焼け »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お帰りなさい。無事でよかった(^-^)ノ~~ 近年熊の出没が多いと聞きました。分けって入って行く山々にはどんなにか危険があることでしょう。でもよかった帰ってきて。

おはようございます☆
お仕事お疲れ様でした。

私もクマの出没が心配です。

でも…何を捕るためのトラップなんですか?
虫かな???

ムーミンママさん
ありがとうございます。クマはまだ栗がなっているのに気づいていないのでしょうか?? 来週あたりは来ているかもしれませんね。爆竹を使って会わないように心がけます。

ぱせりさん
ありがとうございます。虫もたまに入りますが、目的はクリの実です。
最初の頃はサルが「変なものがある」とトラップを警戒していたのですが、そろそろ慣れてしまったようなので、いたずらが心配です。
一緒に調査しているF大の先生によると、他の場所ではトラップの中に「う○○」を入れられたところもあるとか( ̄Д ̄;;。ですので、毎回炭ばさみを使って回収しています。

お疲れ様でした。

そんな、調査があるなんてまったく知らなかった
チューリップです。
何日間ぐらい設置されるんですか?
栗の数と葉の枚数?元気さ?

栗の実の収穫だけではないですよね?


話は変わりますが、
山菜取りなどで思うのですが
山は必ず誰かの所有物か国や市町村ですよね。
山菜取りの時、時々「入っていけないよ」のアピール看板を見かけたりしますが、それを必ずしも見つけられるわけでもなく・・・・・
県外に蕨取りに行った時、隣の山から
叫ぶ声が・・・・「そこ、俺んちの山だから取るなぁ」って。

山は勝手に入っていいのですか?
入っちゃいけない山の見分け方を知ってますか?

チューリップさん
ありがとうございます。目的に応じて期間など異なりますが、今回の果実用トラップのターゲットは栗の葉といが、果実で、9月中旬から11月下旬の雪が降り出すまで設置します。調査は個数と乾燥重量で集計します。花粉用のトラップは4月に雪が消えてから同じく雪が降り出すまで設置しています。
 全植物の落下物が目的の場合は年中無休で設置しています。ただ、雪が多すぎるとトラップが壊れてしまうので一時的にはずします。東北大植物園内では1月末から3月までははずしているようです。

 入山と採取の件ですが、基本的にどこでも無断採取は禁止と思った方がいいでしょう。たいがい個人というよりは、集落毎に持ち山が決まっています。たとえばワラビや山菜、キノコなどは集落で決まりがあって、場所が決められている場合や、集落のメンバーだったらどこでも取っていいという場合など様々です。ワラビ園やクリ園などと書かれていれば、入園料を納めてとらせてもらう形になっています。わからない場合は入漁券を扱っている所などで聞くと取らせてもらえる方を教えてくれる場合が多いと思います。山村の場合は集落全体が家族のようなつきあいなので、採取したものも皆で分け合う場合が多いです。

 標高480m家の周辺は国定公園内なので、個人の土地以外でも石や植物などを採取することは一切できません。ただ、集落の住人は、山菜やキノコなどは慣習ということで暗黙の了解で取っています。

 今回お世話になっている所は、ワラビなどは個人のお客さんがくると、お金はいいから取って行きなさい、というような方です。クリの時は入園料は取りますが、おみやげにいろいろなキノコをあげているようです。
 最近は無断で大量に取っていく、業者のような「野荒らし」もあるそうです。そういう人と間違われるのは損ですので、まずは山の手前の集落で第一町人を発見していろいろコミュニケーションをとるといいでしょう。他にも面白い情報を教えていただけると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 森のおきて | トップページ | 夕焼け小焼け »