フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 福島・昭和村矢ノ原湿原 | トップページ | 福島・昭和村カラムシ織りの里 »

2008年10月 6日 (月)

私のガン(再発)

この病気について書こうか書くまいか迷いました。が、ご自分の病気について詳細に書かれた方々のブログを読むことで、どんなに勉強になり勇気づけられたか。そのことを考えると、私の症状や治療法、経過を掲載することにより、何人かでも病気と闘う不安や孤独感から一歩抜け出すことができれば幸いです。

下の写真は入院した病院に飾られているステンドグラスです。埼玉に住んでいた頃に飛行船に夢中になっていた私は、ステンドグラスに飛行船を見つけ、小さな幸せを感じました。飛行船、小さいけれど、わかりますか??

2

抗ガン治療を終え、次第に副作用の痛手が軽減してきたと同時に、仕事量が増えていった。知人のS氏に「今年度は仕事を絶対減らすのだ」と宣言していたのに、蓋を開けたら、療養中に伸ばしていた原稿やら、相手の都合で1年先延ばしになっていた原稿などが一気に舞い込み、極限状態に近い忙しさとなってしまった。S氏には「減らすって言っていたじゃん、大丈夫なのかい」と気の毒がられる始末であった。2008年4月にはいり、ようやくほとんどの仕事にめどが経った頃、ふと気づくと切開した上の部分がやけに腫れているような気がした。最初はむくみだろうと思っていて、確かにほとんどがむくみではあったのだが、昨年の手術前に経験したような、むくむくと大きくなるような、痛みのような感覚がある。乳ガンの初期は痛くないという一般論を半分信じてしまい、昨年も受診が遅れたのだ。私のガンは繁忙期にむくむくと痛みを伴って急激に成長したのだった。

 連休前に主治医にすぐに診てもらい、問診では「えー、むくみじゃないの?」と言いながらも、まずは超音波で見てもらうと、確かにしこりがあるとのこと。先生の言葉は落ち着いていたが、顔が真剣になったのがわかった。その場ですぐに細胞診のための細胞採取をおこなった。連休後、細胞診の結果、同様の性質の悪性腫瘍であることが判明した。「最悪だ」たった1年で再発してしまったことで、私は絶望感に打ちのめされた。

 再発・転移の目安として、血液中の腫瘍マーカーの値を計る方法があるが、このときの腫瘍マーカーは正常値を示したので、私の場合には再発が腫瘍マーカーではわからないタイプなのか。もしも他の場所にも転移していると、腫瘍が見つかった場所だけ切除しても何の意味もない。そこで、PETという方法で全身を確認することになった。検診だと12万円くらいかかるらしいが、私はすでにガンの再発とわかっているので、たった2万円ちょいで診てもらえる(喜んでいる場合ではないのだが)。このPETというのは、ガンが増殖する際に糖分をむさぼり集める性質を利用した検査方法だ。おなかがすいた状態で、放射性物質にブドウ糖に似た物質をくっつけて血液中に投入すると、栄養をほしがってガン細胞がこの糖分をどんどん集める。これを何回かにわけて撮影すると、ガンがある場所がわかる仕組みである。 PET診断の結果、幸いにも再発はしこりが触れた1箇所だけであった。そして、それは1年前に切除したリンパ節よりもう1段階奥のリンパ節に転移していることがわかった。

 あらたな腫瘍のある場所は、前に切除した場所に近いので、手術前後に確認の撮影をしている。先生が再確認したが、やはり1年前には腫瘍は認められなかった。私のガンは極めて急激に成長するタイプであったのだ。以前、集団検診のマンモグラフィの確認がいい加減だったのでは、と疑っていたが、どうやら検診の時には本当に確認できなかったようだと、このときにようやく悟ったのであった。

« 福島・昭和村矢ノ原湿原 | トップページ | 福島・昭和村カラムシ織りの里 »

病気」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
「飛行船」で検索していて、たまたまこちらを覗いた者です。
 
ブログ読ませていただきました。

飛行船をテーマにした小説をつれづれに書いているのですが、こちらと似たような話を書いていましたので……、少し驚いているところです。
 
飛行船がお好きだったとのこと。
もしよければ当方のブログにも遊びにきてください。
 
突然のコメントで失礼しました。

ミハラさん
お越しいただきありがとうございます。宮城に来る前は埼玉県上尾市に住んでいましたので、暇を見つけるとホンダエアポートに通う日々でした。
飛行船画像はほぼリバーサルフィルムなので折がありましたらスキャンしてアップしようと思っていたところです。
暇を見てまた遊びにいらしてください。

こんにちは。治療から再発まで読ませていただきました。辛い闘病生活を送られていらっしゃたのですね。いろんな事を考え過ごされてきたのだと思います。ブログから滲み出てくる標高480mさんは、広い心の持ち主で優しさが溢れ、きちんとされている方。そして知識も豊富。今を大切にしっかり生きてらっしゃるんだなと、感じていました。
これからも、元気な素敵なブログを発信して下さい。楽しみにしています。
私、チューリップは標高480mさんと出会えて良かったなと思っています。
頑張って下さい。私も頑張ります。

チューリップさん
ありがとうございます。
恥ずかしいな(+_+)私はあんまりきちんした人ではないのです。病気の記事に関しては、自分の記録と戒めのために淡々と綴っているという感じです。いや、違うかな、参考にしてくださいなんて偉そうなこと言って、本当は弱虫だからみんなに聞いてもらいたいのかも。多分冷静になれないようなときも来るでしょう。そしてこれからも再発は抑えられないと思いますが、なるべくあきらめないで記録を残していきたいと思っています。

チューリップさんもいろいろなことがあると思いますが、とにかくあきらめずに、一緒に頑張りましょう。

初めまして~(まゆたんさんの所でお名前は拝見してましたが)

病気つながり(スミマセン)で残念なのですが
これも何かのご縁かなぁぁって

記事を最近から過去に遡ってここまで読んでの書き込みなので、
トンチンカンかも知れませんが(汗)
私のときも 患部 凄くちくちく痛みましたし
検診の時はOKでその後直ぐ 自力で発見。
そしてみるみる成長~!って…
一致する部分が沢山あったのでビックリしました

他の方のためにも記録を綴る っていう姿勢 素晴らしいです。
(私も やわらぎの湯に関しては そうしましたけど 笑)
ゆっくりできる範囲でがんばりましょうね♪
(がんばるって言葉は嫌なんですけど…笑)

姉さん、お越しいただきありがとうございます。
うわ、そんなに類似した症状だったのですね!! 
初発、再発とも急成長だったので、少しでも痛みやムクムク感があると心配でたまりません。直後は「頑張ったってなにもならない!!」と半分キレていましたが、ようやく落ち着いてきました。
とにかく病気だってなるべく元気でいたいですよね。なんか、へんな発言になってしまいましたがまたよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 福島・昭和村矢ノ原湿原 | トップページ | 福島・昭和村カラムシ織りの里 »