フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 遠刈田温泉 呑んべん駄ラリ~ 第1回 | トップページ | 道ばたのちまき »

2008年10月 1日 (水)

私のガン(抗ガン治療)

この病気について書こうか書くまいか迷いました。が、ご自分の病気について詳細に書かれた方々のブログを読むことで、どんなに勉強になり勇気づけられたか。そのことを考えると、私の症状や治療法、経過を掲載することにより、何人かでも病気と闘う不安や孤独感から一歩抜け出すことができれば幸いです。

下の写真は抗ガン剤を抽出する植物、イチイです。イチイは実の赤い部分は甘くて動物や鳥が食用としますが、中の黒いタネと針状の葉には毒があります。この毒がガン細胞を殺す役割を持っていることがわかり、現在ではガンを治す薬として使われているのです。

F1000345

F1000346

 さて、腫瘍の塊を手術で全部取り除いたのですが、残念ながらリンパ節と血管への侵襲があったため、体全体に散ったと考えられるガン細胞を殺すために抗ガン治療を行うことになりました。抗ガン剤は副作用として強い吐き気を伴うため、予防する意味で最初に吐き気止めの薬を投与します。

 2007年5月15日  初回は腫瘍内科に入院して副作用の様子を観察しました。私の場合は吐き気止めの薬が効きすぎて、全く眠れず、足が勝手に動いていました。先生が睡眠薬を処方してくれましたが、足の動きは少し収まったものの、結局朝まで一睡もできずに退院しました。退院時に睡眠薬を処方されましたが、1日目はやっと1,2時間、徐々に3時間くらい眠れるようになりました。

 次に顕れる副作用は白血球の減少です。これにより免疫力が急激に低下します。特に白血球中の好中球という、ウィルスをやっつける成分が少なくなると様々な病気に感染します。それで、これらが減少しているときは生もの、生の果物は禁止、傷や虫さされ、肌の炎症に特に気をつけなければいけません。外に出るときは感染予防のためマスク、帰ったら手洗いとうがいです。丁度インフルエンザが流行っているときの予防と同じです。ひどくなければ10日目に最少となった白血球が3週間くらいで元に戻ります。ところが私の場合は3週間後の血液検査でも元に戻りませんでした。正常時の白血球数と好中球が6000と4000あるのに対し、減少時は1200と100でした。こうしたときは白血球を増やす薬を肩に注射します。これが痛いのなんの、注射するときも痛いですが、骨髄から無理矢理白血球を引っ張り出すので背骨が痛くてまた眠れませんでした。さらに、手術入院中に痛くなった首がまた痛くなってしまいました。この二重苦にはさすがに参って、「もう抗ガン治療しなくていい」とダンナに泣きながら訴えました。首は整形外科の先生に見ていただいて、湿布と痛み止め、筋肉を鍛える体操を教えていただき、(つまり動かせなかったので筋肉が伸びてしまった)やっとのことでなおってきました。

 見た目でダメージを受けたのは3週目当たりから急激に始まった脱毛です。これで立派な三重苦になりました。覚悟して美容院でベリーショートにしてもらったというものの、風呂場にたくさん流れる自分の髪の毛はさすがにショックでした。ネット通販でカツラを購入し、外出時だけつけていました。夏はやっぱり暑いし蒸れます。

 白血球の減少や、首の痛みなどで、通常であれば4週目に次の点滴をおこなうところが、5週たたないと点滴ができず、予定はどんどん遅れていきました。感染症にかからないようにするため、人混みにはほとんど出ず、それでも体力が衰えないように梅雨明けからはだるい体を引きずって、まず500mくらいから散歩を始めました。そして8月末には約3キロの傾斜する道を歩けるようになりました。この年はずいぶん暑かったようなのですが、夢中だったのでほとんど覚えていません。この間にも体中の痛みとだるさ、胃痛、下痢や胸の傷の痛みと闘っていました。さらに副作用で体重が5キロ近く増えてしまいました。予定より約1ヶ月遅れて、11月にようやく最後の点滴治療を終えました。

この後は、ホルモン抑制タイプの飲み薬の抗ガン剤を服用することになりました。点滴が終わったことで徐々に体力も回復し、仕事も増やしていきました。

 初回の検査から手術、抗ガン治療、この年の12月末までの治療費は合計で約66万円となりました。ガン保険には入っていませんでしたが、生命保険で女性特有疾病の特約を付けていたのと、郵便の簡易保険に入っていたので、手術、入院、通院費用の保険がおり、結局これで全部まかなうことができました。保険が無駄かと思うくらい丈夫だったのですが、やめなくて良かった、たすかった。

« 遠刈田温泉 呑んべん駄ラリ~ 第1回 | トップページ | 道ばたのちまき »

病気」カテゴリの記事

コメント

大変な治療に耐えてきたんですね。これからはまず身体を一番にして仕事を続けてくださいね。打ち込めるものがあるから頑張れるのだと思いますが。

ムーミンママさん
ありがとうございます。ピンクリボンキャンペーンが始まりましたね。日本では乳ガンの患者さんが急増しているのですが、まだ定期検査を受ける人口は少ないようです。
私も、疑わしかったのにもっと早く行けば良かったとすごく後悔しています。若いガン患者の方が特に増えています。みていると本当にお気の毒です。
ムーミンママさんもどうかお気をつけください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 遠刈田温泉 呑んべん駄ラリ~ 第1回 | トップページ | 道ばたのちまき »