フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

降り続いております

降り続いております
昨日の夜中は雨だったので、「たいしたことないな、大丈夫。」と思っていたのですが、今朝起きたら重く湿った雪が降り続いています。すでに木の枝は重そうに垂れ、このまま降り続くと被害がでそう。だんだん風も出てきました。今日は大荒れの気配です。

2009年1月30日 (金)

ベトナムの正月風景

Viet5308 長男からハノイの正月の写真を送ってきました。といっても、これは新暦の正月の写真。新暦の時もとりあえずみんな外に出てにぎやかに過ごすようです。で、本番は1月26日、この日は高級ホテルのレストランなどを除いてほとんどの店が閉まり、タクシーやバイクもハノイの町から消えてしまうそうです。長男もシンガポールに遊びに行くとのことでした。ベトナムに旅行に来るときは旧正月ははずさないとエライ目に遭うそうです。

この時期のハノイ付近は20℃前後で涼しく、写真に写っている人々も上着を着ています。

母と次男は2月中旬にハノイを訪ねるそうです。「ちょこっとだよ、4日だよ、一緒に行く?」、で迷ったのですが、繁忙期でもあり、ハノイに行って疲れて仕事に穴を開けたら大変。同じ4日ならば三春に療養に行ってエネルギー充填してくるほうを選びました。

で、下はフランス系の高級ホテルのカフェ。先日のTBSのクイズ番組にも出ていました。一度行ってみたいわぁ。4月になったら行こうかしら、と思ったら、4月も後半になってくると暑い日が増えてくるとのこと。仕方がない、元気だったらまた考えますgawk

Viet5324

溶ける、溶ける‥

溶ける、溶ける‥
現在の庭の様子です。温かい雨が降り続いて、雪がどんどん溶けています。でも今夜からまた雪。またまた凍った地面に積雪でツルツルになるのでしょうか(=_=;)
仕事の日程を睨みながら、腰痛と相談して、三春のやわらぎに1日早く(2月1日に)行くことにしました。東北は大雪の予報が出たようですが、三春の予報では午後にお日様マークが。ゆっくり行けば大丈夫でしょう。とにかくここより雪が多いところはまれなので・・・

予約が取れたらホッとしてなんとなく痛みが少なくなった気がします。病は気からって本当かも(^_^;)

2009年1月27日 (火)

いよっ、お嬢様っ

F1000675 おみやげにいただいたシープスキン、まんまの形ですが・・・

うちの若い方のネコがいたく気に入った様子。以前キツネしっぽのキーホルダーをうっかり見せたら、気が狂ったように噛みまくっていたので、今回もぐじゃぐじゃにされると思ったら、意外におとなしく寝ています。

普段寝ている座椅子に敷いてみました。

F1000684 「当然私のものよ」と言う目つきですね。「お嬢様とお呼びっ!!」

ふわぁぁー、きもちいいー。

外は雪が降り続いていますが、ネコさんはあったか、夢心地。

F1000680 ダンナは、「こりゃいいわ、きっと夜もここで寝てくれて、布団に来ないかもしれん。」

ですが、夜はしっかりお父さんの布団の真ん中で大の字になって寝ていました。

2009年1月25日 (日)

神の湯 足湯

病気ブログ友のおすすめ、足湯はお手軽であたたまりそうなので、買い物に出たついでに寄ってきました。遠刈田温泉には以前は足湯がなかったのですが、新しくできた公衆温泉「神の湯」は広場があり足湯に無料で入れます。土日は観光客が沢山、バスに乗っているように並んでいますが、平日でも怪我で湯船に入れない地元の方などが入っています。広場側にはフクロウの彫り物が飾られています。

F1000666

座る部分は石で冷たいのですが、私はタオルを敷いて座っています。婦人部が用意した断熱材マットも柱にかけてあります。青根温泉の足湯は座るところが木製なので冷たくないのですが、お湯や吹き込んだ雨で濡れるとなかなか乾かないのでどちらが良いとも言えません。

F1000667

写真の向こう側が一段高くなっていてお湯が出ています。出口付近はとても熱いですが、私は慣れてしまいました。

F1000668 しばらく漬かっていると背中の上まで暖かくなりました。ついでに手も入れて体中が暖かくなりました。

神の湯の周りには無料駐車場が3箇所、50台以上とめられます。タイツやストッキングの方が入れるようにお湯の沸き出し口の向こうに脱衣所もあります。湯船に入れない方も是非お湯を楽しみに来てください。

2009年1月18日 (日)

えぼし花火見てきました!!

土曜日に、えぼしの花火を見てきました。全身にカイロを貼り貼り、内ボアのブーツ、帽子、スキー手袋、カメラ、蜂蜜生姜のお湯、うん、準備万端。ところがいつもだと家から10分くらいでつくのに、ペンション村を過ぎたあたりから渋滞しています。あらら、さすが30周年だからかしら、と思いきや、スキー場のすぐしたのカーブで車が3台止まって1台は雪の壁につっこんでいます。みなさん雪道の運転は注意しましょうね、、って、おい、この場所はロードヒーティンク゜されているのよ。どうして滑るの?? 今年初の不思議ちゃんでした。

今年は気温が比較的高く、土曜は風もほとんどなく、絶好の花火日より。駐車場でぐずぐずしている内にたいまつ滑走が終わってしまいました。

いつもはレストラン近くで見ていて寒くなると避難するのですが、今年は最前列まで行きました。

Kaijou1 ステージはこんな具合にブルーでライトアップされています。

7時前まで女の子のグループがショーをしていました。

Hanabi3_3 今回はNikonD70でISOを400に設定してストロボオフにしてオートで撮影しました。重い一眼レフをかついで行ったので、ダンナには「アホや」と言われました。

まずは花火の普通の写真。

Hanabi4  山なので木が立っているのと、右にリフトが見えています。このような低い連発の花火は私の家からは見えません。

Hanabi1  火花の噴水を見ているひとびと。

Hanabi2  最前列から少し遠ざかると、こんな光景が。起伏がある場所なので変わったアングルで撮れます。

いつもは寒くて途中で退散するのですが、今年は風がなかったのと重装備だったので最後まで眺めることができました。

2009年1月17日 (土)

ちょっと大雪

昨夜は結構一生懸命雪が降ったようで、朝起きるとまずまずの大雪、でも新聞配達の方はちゃんとうちの中まで車で入ってこられたようです。

F1000657 日本海側ほどではありませんが、ほどほどに車が見えない・・・予報通り15センチくらいでしょうか。

寝坊したので8時ちょっと前に外に出ると、マイナス2℃くらい、比較的暖かです。

それでも雪は乾燥して粒子が細かいのでとても軽く、堅い箒で掃くことができます。あんまり積もると重いのですが、それでも雪スコップでとばせるくらいいつも軽いのです。

F1000658  桜島の火山灰掃除ってこんなものかな?? でも火山灰は溶けないので大変ですが。

ところで、お友達が留守の間ワンチャンのお世話をしています。私は昔犬を飼っていたのですが、高級犬ではなかったので上品なワンチャンには気を遣います。ほえるのが好きなんですが、ウチのネコどもより言うことを良く聞くので可愛いですね。薬もちゃんと飲んでくれます。

(ウチのネコは薬が嫌いでいつも大騒ぎ、もちろん餌の中でもすぐ見つけるし、口あけて放り込んでも吐き出すし、毎回お父さんは血だらけになります。)

「時々しばらく一緒にいてあげて。テレビ見てもパソコン持ってきて仕事していてもいいから。」と言われたので、一番居心地のいい椅子でくつろごうと思っていたのですが、ちょっと立った隙に見事に席を取られてしまいました。

F1000660_3    

2009年1月15日 (木)

えぼしスキー場花火大会

緊急告知happy01!!

明日1月16日(金)と17日(土)は、えぼしスキー場冬の花火が開催されます。16日は昼間と夕方に、若い女の子のグループによる歌などのショーがあるそうです。詳細はえぼしスキー場のホームページで。

今日も真冬日だったので、夜のスキー場は相当寒いのですが、病気だというのに体中にホカロンを貼って出かけるアホもここにおりますcoldsweats01  雪の上の花火はとてもきれいで、結構感動ものです、お暇と根性のある方は是非お越しください。冷えた体を温める公衆温泉spaは10時半まで入れますheart04

ラジウム湯治5回目

F1000652 写真は、東北自動車道吾妻パーキングから見た吾妻山、肉眼では噴煙が見えるのですが、携帯の写真ではちょっとわかりませんね。

もう少し仕事のめどがつくまで、休養しないで大丈夫だと思っていたのですが、からだがしんどくなってきてしまい、特に右側の腕と足がこわばってきてしまいました。やわらぎは結構直前に電話すると空いていることが多いので、電話してみると14日1泊だけだったら空いていますとのこと、迷わず湯治に行くことにしました。

14日は午前中に仕事を仕上げて1時頃にやわらぎに到着しました。三春には珍しく一般道の日陰にかなりの雪が残っており、シャーベット状で滑りやすくなっていました。やわらぎの駐車場は拍子抜けするくらい空いていました。部屋には以前一緒になった漬け物がとても上手な茨城のSさんがいらしていました。「今日は空いてますね。」と言うと、「昨日もがらがらだったのよ、きっと雪が降ったせいよ。」と言われました。が、隣のベッドの方は、「明日はいっぱいで下に移ってと言われたので15は本当に満室のようですよ。」とのことでした。

疲れがたまっていたのか、岩盤がおわったらとても眠くて寝過ぎてしまい、気づいたら4時半で展望風呂にやっと間に合う状態でした。まゆたんが夕飯に来られるようだったので、食べながらきょろきょろ探していたのですが、とうとうわかりませんでした。まゆたんもこちらを探していたようなのですが、なぜか両方でわかりませんでした。もしかして二人ともちっちゃくて知った人に囲まれて埋もれていたのかもしれません( ̄Д ̄;;

帰りに2月2日3日の予約が取れたので、多分そのときにたっぷりおしゃべりできると思います。

帰ると温泉街より上は吹雪、圧雪路でした。時折自分の車が家の中から見えなくなるくらいひどい地吹雪です。気温が低く細かいさらさらの雪なので、一日降っていてもあまり積もりません。建物脇の風の通り道は雪がなく、風の速度が落ちる場所では雪がたまっています。物置の入り口はうまい具合に雪が飛んで、こんな感じです。

F1000653

1月13日の朝

書き忘れた日記を書いています。この日は午後から大雪の予報でした。が、朝からすでに遠刈田の山は少し雪模様。頭の上には雪雲があり、海の方は晴れています。

F1000649 6時20分くらいの空の様子

F1000650 7時くらい、雲の位置はほぼそのままでピンク色に染まっていきました。

F1000651 午前中は病院の歯科検診でした。1月の飾りは扇子でした。歯はボロボロ、前歯の一部が欠けてしまったことと、穴が見つかって来週も治療することになりました。

午後は青葉山で仕事でした。仕事場の中にはいるまでは青空に少し雲がある程度で、本当に大雪になるのだろうかと思っていましたが、夜になって外に出たらすでに車には雪が積もり、激しく雪が降っています。太白山の裏を通って帰りましたが、吹雪で道もよく見えません。ひとりで「よく見えない~」と叫びながら運転していました。

最近忙しいので体がとてもしんどくなっていました。病院に出かける前にやわらぎに電話を入れたら、14日1泊だけだったら空いているとのことで予約することができました。ちょっとパワー充填してきます。

2009年1月12日 (月)

雪が降ってきました

多忙のためしばらく記事を更新していませんでしたcoldsweats01

昨日の夕方買い物に出たときにすでにマイナス3℃だったのですが、まぁ、それほど下がらないとはいえマイナス5℃。今朝はうっすらと雪が積もっていて午前中は曇りでときおり隙間から青空が覗いていました。久しぶりにシジュウカラの群れとともにリス君が庭の中を走り回っているのどかな午前中でした。

ところが先ほど昼寝から目が覚めたら周りじゅう真っ白です!! 明日は仙台に行く予定なんですが、やはり峠はあぶないかな。

F1000648

F1000647  デッキの上は温まっていたせいか、まだこんなもの。でも一生懸命降っています。

ぱせりさんのところは、もっと凄いかも・・・snow

2009年1月 3日 (土)

遅ればせ その2

さてさて、ページェントの日はスキーができなかったのですが、翌日12月29日は未明から強風が吹き荒れ、えぼしスキー場、白石スキー場ともに全リフトがストップしてしまいました。10時までまっても動く気配がない、しかしとても良い天気なので、暇をもてあまし、雪の中を散歩しようと、白石市の「水芭蕉の森」へ出かけました。

風で飛ばされたおかげで、歩く道はそれほど雪は深くありませんでした。すでに先客の足跡が・・・最初は人間だと思っていたのですが、どうも歩いているコースが変!!  蛇行したり、溝の中を歩いたり、ヤブの中をうろうろ・・・よーく見るとほぼ円形の足跡です。そう、クマでした。

F1000625 F1000624_2 

念のためクマ除けスプレーを持ってきて良かったです。雪が少なく比較的暖かい山ではクマはあまり冬眠しないそうで、おなかを空かせて山の中を歩き回っています。登山道の入り口に牛舎があるので、牧草のいい臭いにつられてふらふらと近づいたのでしょう。

少し上ったところでは、今度はびっくりしたウサギが走って上っていきました。冬なので全身真っ白で思ったより大きかったです。全員カメラは間に合わず。

F1000626  水芭蕉の森の駐車場に到着、全員大汗をかきました。右に見えているのは友人夫婦です。ほぼ中央に見えている2つの峯は右が「前烏帽子岳」左の白くなっている方が「後烏帽子(うしろえぼし)岳」、左端に見えているのは「馬の神(まのかみ)岳」です。

男性2人はこのあと水芭蕉のある湿地を一周してきましたが、動物の足跡はなかったそうです。

友人夫婦の新幹線の時間が近づいて来たので、急いで汗の服を着替え、白石蔵王駅へ。この日は信号故障で始発からダイヤが乱れに乱れていたようですが、幸い午後でしかも上りだったため時間通りに乗車することができました。

2009年1月 2日 (金)

遅ればせながら・・・

昨年の事になってしまいましたが、仙台光のページェントの写真です。この日は長町に車を停めて、埼玉から来た友人夫婦とともに地下鉄で勾当台公園へ。

Irumitaku  もっとも西公園寄りです。手前はページェント人力タクシー。このあたりに来るとさすがに人がまばらです。撮影はNikonD70。

Mediatake  仙台メディアテークの7階から見た定禅寺通り。要は市立図書館で、美術関連の開架式図書でした。撮影は携帯、意外ときれいでしょ。実は寒いところから急に温かく湿度のある場所に入ったためNikonのレンズが曇ってしまいました。フィルターもつけていなかったので、曇りがとれませんでした。

Jozenji  定禅寺ビルのガラスに通りのページェントの光が映り込んで、ビルのイルミネーションとコラボしています。撮影はNikonD70。

帰りは久しぶりに牛タンを食べました。偶然見つけた佐利というお店です。仙台の牛タンはどこもおいしいのですが、お店によって味がそれぞれ違うものですね。友人の牛タンはなんと、断面が牛の顔の形に切れていました。

2009年1月 1日 (木)

標高480mの窓から初日の出です

ブログを訪れていただいた皆様、あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

F1000638  無精しまして、標高480mの窓からの初日の出です。下に見えるのは玄関の屋根で、雪が積もっています。昨日の予報では雪が降り続くはずだったのですが、強風で雲が飛ばされたのか2009年は初日の出を拝むことができました。日が出ているのは青麻山(あおそやま)という、標高約800mの山です。

お雑煮を食べた後、初詣へ向かいました。家の前の道路は圧雪路、温泉街にはいるとつるつるのアイスバーンです。スタッドレスタイヤでも良く滑りますので、靴で歩いたら滑って歩けないでしょうね。

この地区の神社は刈田峰神社、5月にはエコーラインで刈田峰に上られる神様で、秋には温泉街の神社に降りていらっしゃいます。木の鳥居の右に見えているのは温泉くみ上げのタンク、いつも湯気が出ているのでタンクに近いサクラの枝はものすごく早く花が咲きます。F1000640 F1000639

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »