フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

友の庭はきれいだわ~

さてさて、自分の庭は遠景に耐えられない状態で単品勝負だが、友人の庭はどこもきれい。テルズの庭もさることながら、友人T宅はまるでフランスかイタリアの山荘のようなかんじ。T1

チューリップとスイセンが終わって、ウッドデッキにはクレマチス・モンタナ、オダマキやユーフォルビア、黄色のプリムラもまだ花盛り、ピンクや白のリクニス(センノウ属)とにかく花いっぱい。

ネコさんもイタリア風?!

右はアメリカンショートヘアだが、左は捨て猫だそうで、ここに飼われたからまるでいいところのお坊ちゃま風。T

追記:チーズ工場の垣根、ウチと同じ八重ハマナスです。散歩に行ったら、バラ園の薬剤散布と草刈り中で入れませんでしたが、数種類がすでに咲き始めていました。辺り一面薔薇の香りが漂うのももうすぐlovely

Photo

2009年5月30日 (土)

ゲラニウム(低)

植物の形態や特性は詳しいものの、育成が苦手な私が珍しく成功したのがゲラニウム・サングィネウムのタネからの育成。コーカサス原産のゲラニウムで、種を蒔いてから芽が出るまで想像以上に時間がかかり、忘れかけてほかのタネをその上から撒いてしまったcoldsweats01という曰く付きのゲラちゃん。葉っぱが開いたところでやっと思い出し、あわてて救出した。サングィネウム-アルブムは、数本がちゃんと生育してくれたので、テルズの奥さんにお裾分けしたところ、あちらの環境、あるいは栄養豊富だったか、のぴのぴ育ち葉っぱも花も我が家のものよりずっと大きい。G_sanguineum_album

同じサングィネウムのマックスフライは矮性、濃ピンクで葉っぱはやや丸っこい。こちらも数本ちゃんと出たのだが、苗を庭に移したら消滅してしまって1本しか残らなかった。weep 私がドピンクがあまり好きでなかったって知っていたのかな。でも小さいので可愛い。写真だと大きく見えるが、花の径は2センチくらい。G_sanguineum_maxfly

最後も小さい葉っぱで低く花を咲かせる高山タイプの、ゲラニウム・キネレウム-バレリーナ。苗で買って庭に直植えしたが、雑草に負けずに大きくなった。エライエライlovelyG_cinereum_ballerina

ここ遠刈田はなんと日当たりの良い場所にもかかわらず石を転がしておくと、3年経ったらコケだらけになっている。これにはびっくり。キネレウムやマックスフライのようなカーペット状に広がるゲラニウムの敵は、ほっておくとはびこるコケと牧草だろう。元気なうちはせっせと周りをあけて風通しを良くしてやらなければ。

ゲラニウム(高)

ここは山なので(?)フウロソウ属が良く育ち、どうやら環境が合っているらしい。自生しているゲンノショウコのほかにも帰化のアメリカフウロがやたらにはびこる。それでは、ということでフウロソウ属(Geranium)を育て始めた。ゲラニウムは結構マニアの方が沢山いて、ゲラニウムだけのものすごく詳しいHPもある。私もちょっとはまりかけているのでアブナイかもhappy02比較的高く花茎が伸びるタイプで最初に植えたのがゲラニウム・ファエウム和名はクロバナフウロという、濃いワインレッドの花である。闘病中ほったらかしだったのに、雑草の中でちゃんと増えてくれていて、再び花を見たときには感激であった。G_phaeum

今はちょっと紫色のリシマキアの葉っぱとごっちゃになっているが、リシマキアは増えすぎたのでまびかなければいけない。

次はテルズの奥さんから頂いた、ゲラニウム・ピレネクム-アルブム。アルブムというのは白と言う意味で、他の花色もあるのかもしれない。花がチョット小さくて地味だが、切れ込みにリズムがあって可愛い。これも発病前に頂いた苗がちゃんと育っていた。G_pyrenaicum_album

最後はほったらかしでもゲラニウムが育つことがわかっていい気になって今年買った、ゲラニウム・カンタブリギエンセ。薄いピンクで私好みの色だが、来年ちゃんと残るのか、まだハラハラもの。頑張って欲しい。G_cantabrigiense

背が高いタイプで花びらが薄いので風が心配だったが、今のところみんな平気。今度はゲラニウム・プラテンセに挑戦しよう。

2009年5月28日 (木)

テルズコレクション5月末

花がどんどん咲き進んでいくので撮影が間に合っていません。とにかく花がいっぱいです。あふれてます!!Dsc_4130 オープンガーデンの看板、タイム、芝桜が手前に垂れ下がって向こう側はもうすぐカナダアネモネが満開を迎えます。

Dsc_4136白いのはセラスチウム、道にあふれています。ピンクはレッドチャピオン。

Dsc_4129 オレンジ色の大きなポピー、紫やピンクのオダマキも沢山咲き始めました。カモミールは雑草状態です。

こんなオダマキもあるよ!!Dsc_4145 

ハマナスと、もろもろの花

とにかく野趣あふれる庭なのですが、ひとつひとつ見ると植物は結構きれいになってきました。八重ハマナスの濃いピンクです。確か不定芽と言った様な気がしますが、要するに地中で根が遠くに伸びて先端から芽が出てきます。それで四方に異常増殖していきます。Photo

八重ハマナスの白です。開いたと同時に枯れ始める感じですぐ花が落ちてしまいます。Photo_2

昨日にこるで購入したネモフィラのペニーブラックです。わりと地味で庭に植えると目立たなくなってしまうのですが、私の庭はもともと地味目なので丁度いいです。Dsc_4122

キバナコウリンタンポポ、葉にびっしり毛が生えていて、花が咲いたときは茎が短いのですが、花後茎が伸びてタネが出来上がると乾燥した朝に開いて綿毛を飛ばします。タネで増えたのですが、これももとは「にこる」です。ロゼット状の葉がどんどん広がっていくのが面白くて植えました。ただ、乾燥が好きみたいでコケが生えて湿気てくると具合が悪くなります。Dsc_4120

2009年5月27日 (水)

花工房にこる 5月!

たぷん1ヶ月ぶりに柴田郡船岡の「花工房にこる」へ。とにかく町へ行くときは様々な用件を一気に抱えていくので、今回はデジカメをうっかり忘れてきてしまいました。というわけであんまりきれいじゃないけれど、携帯の画像です。96

ピケアプンゲンスやネグンドカエデ(?)はのびのびしているし、バラは全部咲いているし、お客さんは大勢いるし、まー目ににぎやかでした。苗ももちろん沢山おいてあります。

F1000897 ツルバラのアーチも花盛り、キンポウゲも花いっぱい。

以前からミニバラが欲しかったのですが、珍しい色の「テディベア」という種類に惹かれて・・・もちろん庭を2週くらいしてすごく考えたあげく、やはり買ってしまいました。ウチの庭の状況に合わせて、まだすべてがつぼみの苗にしました。咲いたらアップしますね。

それから、以前ムーミンママさんの記事に掲載されていた植物が、苗で売られていました。私はヤマモガシ科のオーストラリア原産ハケア属ではないかと思ったのですが、近縁の「グレビレア属」でした。売られている苗の花色はややピンクっぽいですが、ほぼ同じ形ではないかと思います。参考のため画像をアップさせていただきます(ちょっとピンぼけになってしまいましたbearing)。

F1000894 バラのほかには日陰用に赤とライムのヒューケラ、以前失敗したえんじ色のポリゴナムとブラックネモフィラ(これはそんなに珍しいわけではないのですが)を買いました。実はネモフィラは、数年前に種を蒔いたのに花を見ないうちに風に飛ばされてしまいましたcrying。ブルーは今年も出てきたのですが、ブラックの花がどうしても見たかったのです。4月に買ったポレモニウムなどの苗はみんな順調に育っています。

今日は雷かも、と言う予報があったので帰ったら速攻植えてしまいました。植えている間は少し空がブツブツ・・・とつぶやいていたのですが、今は鳴っていないようです。

2009年5月24日 (日)

本の宣伝(^_^;)その2

同成社 縄文時代の考古学3  「大地と森の中で」-縄文時代の古生態系-Dsc_4117

久々の本の宣伝です。新知見にもとづいて新たな研究方法を探り、人間と植物との関わりから縄文の社会性について問題提起する、といった感じの本です。縄文時代の考古学シリーズは全12巻で9巻が既刊となっています。「大地と森の中で」は先日刊行されたばかりなのでまだ本屋さんには並んでいないかもしれません。恥ずかしながら1項目10頁担当させていただきました。

現在若干スランプ気味で、脳みそが膠着状態でしたsad。精神的にどうの、と言い訳しながら、庭いじりなどしながらダラ~とした生活を送っていました。しかし、抗ガン治療をしながら産みの苦しみをともなって書き上げた原稿が刊行されたことで、ちょっと自分に鞭が入ったかも。

この巻は5000円+税、高いのでおすすめはできませんcoldsweats01が、興味のある方はちらっと見てみてね。

2009年5月21日 (木)

ご近所の宿

親不孝者で、息子二人を長年預かってもらっていたのに、母の誕生日にも母の日にもほぼなんにもしていなかった。(言い訳するわけではないけれどガンを発症してしまってそれどころではない、どころかますます親不孝者に拍車がかかってしまった)

というわけで、「花がきれいに咲いてきたので、遊びに来ない??」との誘いに乗って母がやってきました。で、興味があるからと言う理由で4月にリニューアルオープンした「蔵王ハイツゆと森倶楽部」に一緒に泊まることに。Danro

建て物の外観はほぼ昔のままなのに中に入ってびっくり、開放的なエントランスから続くゆったりした空間に椅子が沢山、でもごちゃごちゃしていないのです。レストラン前にある暖炉は、いかにも高原ホテルというかんじ。

Nakaniwa1 中庭を横断するデッキにも椅子が置かれています。大きなバードバスやかがり火を燃やすコーナーなど。

部屋は今までの和室洋室の他に新設の「木漏れ日離れ館」、部屋の外にミニテラスがあるゆったりした部屋です。Room

Dinner

メインディナーは3種類から選ぶことができます。私たちは「大河原もち豚館のもち豚と蔵王野菜の蒸ししゃぶ」でした。メインのほかに野菜中心のバイキング(紫キャベツのザウアクラウト、トマトのブルスケッタ、サツマイモのサラダ、タマネギの蜂蜜焼き、野菜スティックに好みのソースなど)、おまけに牛肉のミニステーキです。少しずつでしたが結構な量でした。実は料理はそれほど期待していなかったのですが、お値段の割に充実していたのでびっくり。Takibi

夕食時間にあわせてかがり火が焚かれます。周りの椅子に座って足を出すと、遠赤外線で足を温めることができるそうです。

お風呂はもちろん温泉、バブルバスと露天風呂もひろいです。食後のコーヒーやジェラートは暖炉の周りなどでいただくことができます。金曜の夜は暖炉コンサートも開催されるそうです。

マッサージ好きの母に、フットマッサージ、全身、フェイスマッサージのフルコース。私も一部ご相伴にあずかりましたbleah

近所にこんな素敵な宿があると、みんなにお勧めすることができます。

2009年5月17日 (日)

小国はまだ春

15日の小国はかなり寒く、林の中にはカタクリ、キクザキイチゲなど初春を感じさせる花々がまだ咲いていた。小国の中でもこの地域はきっと最近雪が溶けたばかりなのだ。そんななか、美しいメギ科のサンカヨウが咲いていた。Photo

さすがに若干散り気味だが清楚な姿を久しぶりに拝見。花後は丸く真っ青な実をつける。

そしてとても小さなエンゴサク。調べてみたらミチノクエンゴサクと判明。1_3

植物体の高さは10cmくらい。葉っぱが細いヘラのような形が特徴なのかと思ったら、葉の形態変異がとても激しいとのこと、もう少し丸い葉もあるようだった。2_3

これは色が薄く紫のすじが入っているが、もう花が終わりかけなのかもしれない。咲き始めは若干色が濃い。

スミレ!スミレ!!スミレ!!!

5月中旬だというのに、蔵王の約1000m以上に積雪した翌日、あらたな調査地を探すため山形県小国町へ。知人の話では小国は1cm大の雹が降ったとのこと、大きい葉のトチノキばかりでなくブナの葉にも穴があいている。シーズンのワラビは寒さでやけてしまったとのことであった。小国町は前述したタチツボやニョイスミレはもちろんあるのだが、日本海側特有のスミレがある。まずは多雪地にふつうのオオバキスミレ。1 2

葉っぱが大きくて、花はこの葉にしては小さいが、存在感がある。日当たりの良い斜面に群生していた。

つぎはスミレサイシン。花が先に出て、終わる頃に葉が伸び始める。1_2

花が伸びきっていない株は葉も小さい。2_2

花は大振りでしっかりしている。

3 花が終わる頃葉がぐんぐんと伸び始め、大きくなる。中には10cm以上になる葉もある。スミレサイシンは新潟県の一部地域で根をすり下ろして食べるため、トロロスミレとも呼ばれる。太平洋側でも雪が多い蔵王山麓のこのあたりにも生育しているのだが、最初に見たときは葉があまりにも大きくだらんとしていたので、まさかスミレの仲間だとは思わなかった。

2009年5月14日 (木)

ネネの救急救命の巻

おだやかなある日、ネネ様がお散歩していると「なんか不穏な空気がにおうわ!!」Nene1

「何かしら、見晴らしのいい場所でないとわからないわ。」Nene2

「あっ、大変!! 急がなくちゃ。誰かが倒れている!!」

Nene3

「お父ちゃん!! 返事がないわ、心臓麻痺かな、心臓マッサージしなくちゃ。

頑張って、頑張って、お父ちゃん!!」Nene4

「あのー、庭全部草刈りしたので疲れてるんですけど・・・」

「ネネ様のおかげで助かったのに、文句言うんじゃないっ!!」

2009年5月13日 (水)

晩春の山

Uwamizu 前日の診察で何事もなかったので、「えーい、ただの副作用なら気にすることはないわい!!」と、調査候補地の山へ出かけました。場所は福島県某所。

サクラの仲間では最後の方に開花するウワミズザクラが満開です。こんなブラシみたいな花では、知らない人はサクラだとは思いませんね。coldsweats01

Kurirouboku_3 こんなクリの老木もあります。樹齢は90年くらい、中が抜けているのはあまり具合が良くなかったんでしょう。それでもナントカ実をつけているようです。すぐそばに沢があり、ほかにはハルニレやケヤキ、トチノキ、サワグルミなど、みんな柔らかい緑の葉をつけていました。

Kurumabaso_2 Rashomon_2

林床には左写真のクルマバソウや右写真のラショウモンカズラのほか、ニリンソウ、コンロンソウなどが咲いていました。

車どめから約2.5kmの舗装路を歩き、途中から伸び始めた下草の中を1時間ほどうろうろ歩き回りました。往復で5km強、さすがにちょっと疲れましたがいい運動になりました。風がほとんどなかったのでダム湖にきれいに山が映って、湖の中にもうひとつの森があらわれました。東山魁夷の絵の世界に入り込んだみたいです。Mizuumi

2009年5月11日 (月)

通院でした

今日は診察日、ひさびさの病院です。待ち時間にいろいろ眺めたら、楽天イーグルスコーナーはマー君達の写真ではなく、今年入ったドラフト選手の写真とサインに変わっていました。みんなガンバレ!! そしてタペストリーは鯉のぼりに。もちろん五月人形も飾られていましたよ。F1000878

さて、今回は気になる腰痛、頭痛、胸痛と、時々おきる体の内部の筋がつるような感覚を質問。要観察ではありますが、おそらく今服用している薬の副作用(筋肉痛・関節痛を訴える人が多い)とのことでした。

私は手術直前に腫瘍が大きくなっていたときにはちゃんと腫瘍マーカーに数値があらわれていたので、遠隔転移した場合にはマーカーにあらわれるタイプである。前回の血液検査では肝機能も正常だし腫瘍マーカーも上がっていないので大丈夫。もし痛みが少しずつ増していたり術側である左に痛みが出るようだったらすぐに相談にいらっしゃい、とのことでした。

私は抗ガン剤が終わってすぐに再発してしまったのでやはり痛みには神経を尖らせてしまいます。それを察して先生も懇切丁寧に説明してくださいました。

帰りは、結構すいている上杉通りの新緑を堪能しながら長町のモールへ。時折見えるフジの花は満開でした。長町のモールは3時間まで駐車料金無料なので安い買い物をするには便利ですね。目的は明日行く調査候補地の2万5千分の1の地形図を買うためです。久しぶりに本屋に行ったのに、買ったのは地形図2枚だけでした。それも猛スピードでcoldsweats01

スミレ! スミレ!!

自宅付近に自生しているスミレを観察してみたら、拍子抜けするくらいに一般的なスミレばかりであった。もう少し山の方に入ると結構いろいろな種類があるのだが、それはまた別の機会に・・・というより、標高の高い場所はまだ芽が出ていない。

まずはタチツボスミレの群落、普通にあるのだが群生しているとかなり美しい。Tachituboこれはハートランドのすぐ下の林の中。

下はニョイスミレ。花がかなり小さく、右端のタチツボと比較すると半分の大きさ。

Nyoi2

ニョイスミレのアップ、花は白く中心に紫の筋がある。Nyoi1

隣家の庭にも小規模な群落があり、雑草として取っちゃうかどうか思案中とのこと。

つぎは「スミレ」。スミレの仲間にはただたんに「スミレ」と呼ばれる種類がある。普通の会話に出てくる「バラ」とか「ユリ」というのは種名にはないのだが、「スミレ」はれっきとした種名。

Dsc_4096 Dsc_4097

葉っぱはタチツボやニョイスミレが丸いのに対し、スミレはへら型。左は普通の色で、右は葉と花にやや白い斑が入っている。栽培されている斑入り種は「ニシキスミレ」と呼ばれるが、これは自然に斑が入ったもののようである。葉が斑入りになる要因はほとんどがウィルス感染によるもの。でも感染したからと言って病弱になるわけではない。

Dsc_4093

標高480mの窓からみえる蔵王屏風岳、雪がだいぶ減少し、手前の緑もどんどん濃くなっていく。名残を惜しむ暇なく季節はどんどん移ろっていく。

2009年5月 9日 (土)

スミレ

春はスミレの季節lovely

まずは園芸種のスミレ

Sopapirioceana ビオラ・ソロリア(パピリオケアナ)濃い紫で良く増える。(チャ太郎さんブログにもありましたネ)

Sororia Sororiasprey Sosnowprinces

上は全部ビオラ・ソロリア、上左(中心に紫がはいる)がプリケアナ、上右(全体にスプレーしたように紫の微小斑がはいる)はフレックス、下の白い花はスノープリンセス。自宅庭に4種そろいぶみheart04

次は数年前に入手したビオラ・ペダータ(トリアシスミレ) 深く裂けた葉が鳥の足のように見えるため。タネができるのを確認できなかったが、別の鉢に増殖しているのを発見したのでタネができて飛んでいるらしい。Toriashi

2009年5月 6日 (水)

キツネ君あらわる!!

先日はホンドリスの撮影に成功しましたが、今日はお隣の奥さんの通報?!により畑にキツネがあらわれたと。最初にあわててサイバーショットの方を持ち出してしまい、あわててニコンの望遠レンズ付き(重い!!)を持ち、そーっと庭へ出ました。ホンドギツネ君、距離があるため結構余裕の表情です。ウチとお隣夫婦2組全員で双眼鏡と望遠レンズをかまえている・・・端から見たら滑稽でしょうなhappy02

Kitsune1 Kitsune2 Kitsune3 Kitsune4

少し若いキツネのようです。以前も散歩の時にダンナの横を3匹の子ギツネが追い越していったことがあるので、この辺のキツネは案外人になれているのかもしれません。この後畑の端まで行って、ジャンプして見事にネズミをキャッチ!! 隣の奥さんとしゃべっていて狩りの瞬間は撮れませんでした。

隣の奥さん、「今度はいよいよクマの写真だねwink

2009年5月 5日 (火)

春を求めて??

5月1日、連休で遊びに来たベトナム帰りの息子が行きたいというので、まずは蔵王エコーラインの雪の壁と凍ったお釜を見に行きました。入り口は新緑とオオヤマザクラ、カスミザクラが満開。賽の河原を過ぎるあたりから葉っぱがなくなり、雪の壁が・・・

Yukikabe  一応平日だったのですが、刈田岳の駐車場は結構沢山の車が・・・降りたとたんに強風で寒いのなんの。お釜はまだばっちり凍っていました。

Zaookama  

次にどこへ行きたいのか聞いたら、なんと岩出山の「感覚ミュージアム」、彼は宮城県に住んだことはないのです。どこで調べたのか、詳しいです。とりあえず古川インターで降りて昼食場所を探すことに。

ところが、岩出山駅前は連休に備えてか、閉まっている店が多く、見つけた食事どころも準備中の札が・・そこで少しうろうろしたところ、羽後街道を少し加美方向に戻ったところに蕎麦屋の標識発見。どーだろ、とか言いつつ旗のある方向へ。ところがなかなか店がありません。ダンナ「本当にあるのか??だまされてるんじゃないのか??」息子「こんなところに店あるの??」私「まさか注文の多い料理店みたいなことになったりして」 かなり走ったところでようやく駐車場発見!! まだ「あやしー」とか言いながら急さかを降りると、ログハウスと池が見えました。結構人がいたし、そう言えば駐車場にも車が停まっていて仙台ナンバーが多かった。Iwasobaya

メニューは季節の山菜天ぷらつき、イワナ天ぷらつき、鴨そばなど。食べてびっくり久々の大ヒットです。そばはおいしいし、天ぷらのあげ方もうまいです。天ぷらの素材が山中で調達できるものに徹しているのもいい!! 変にエビやキスなど仕入れて悪あがきしていません。Iwanasoba

写真は息子が食べたイワナ天ぷらつき。なるほど平日でも結構人がいるわけだ、この味なら遠くからでも来ます。

手打ちそば もみじ野

そば教室、イワナ釣り、ホタル鑑賞、キノコ狩りなども書いてあります。

岩出山字細峰50-166

周辺は別荘が多いようです。場所は岩出山からだといこいの森方面に入っていき、小さな矢印の板や「手打ちそばもみじ野」という旗を頼りに進みました。木曜定休祝日は営業。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »