フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 東沢バラ園1 | トップページ | 遠刈田ハイク »

2009年6月24日 (水)

東沢バラ園 2

ロサ・ガリカ・オフィキナリス とても古いタイプのバラで、13世紀に中東からフランスに持ち込まれた、薬効のあるハーブバラです。B

ここのバラ園はオールドローズと原種系が違うコーナーに植えられています。オールドローズは現代のハイブリッドティーなどと違い、牡丹のように丸くふわっと咲くタイプが多いようです。ふくよかな女性が美人とされていた時代の名残でしょうか。世が世なら私も美人!?

オールドブラッシュ 作出は1752年以前

2b

カーディナル・ドゥ・リシュール 1840年フランス、これも古いバラです。花びらの先端が丸くて咲いても丸いまま、貴婦人のビロードの服のような色合いですね。B_2

園内の「モーツァルト」というツルバラのアーチが丁度見頃を迎えています。B

こちらは白と赤のバラのトンネル。なんか、きっちりしたアーチよりも、テキトーな私はこちらの方が好みかな。Hr2

斜面は高原らしい造りですっきりしています。Hr3

左側のログハウスの中でコーヒーやソフトクリームが食べられます。バラソフトとバニラアイスがあり、友のご主人は以前食べたときにイマイチだったと言ってバニラを食べていました。雰囲気にのせられて私はバラソフト。味は???

日本の方が作出したブルーの「青龍」 隣で香りを嗅いだオバチャンが「くさっ!!」 ま、クサイと言うほどではありませんが、バラという名にふさわしくない変な臭いでした。

B_2

こちらは京成バラ園1991年作出「緑光」緑と言ってもほとんど白い感じです。B_3

こうして写真構成をみると、どうも私は一重で全開する原種系が好きなようです。出入り口には売店があり、(京成バラ園ほど多くは置いていないと言うことでしたが)苗が沢山置かれていました。私も友も何回もぐるぐる回って、結局我慢して帰りました。チョコレート色のミニバラの前で「来年君がまたいたら、買っちゃうよね、きっと」とかブツブツ言いながら。

注・所在地が間違っていたので表題と記事を一部訂正しました。

« 東沢バラ園1 | トップページ | 遠刈田ハイク »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは☆

標高480mさんのように しっかり見てこれなかったぶん 楽しませていただいてます♪
オールドローズのほうが香りが…ってTV 私も見てましたが、バラ園そのものがバラの香りでしたよね♪

そうそう 日本に一番最初にバラを輸入(?)持ち込んだのは 伊達政宗だといわれていますよね。松島の瑞巌寺には そのバラの子孫がいたはず☆!当時のバラの絵もありましたね♪
きっと オールドローズだったのでしょう…
世が世なら 私も ふっくら美人♪(笑☆)

青龍 見たかったわ~(知らなかった)
…でも 臭いのか~・・・・・汗

あれ 日本で最初に蒼いバラを作ったのが宮城の農家さんじゃありませんでしたっけ?

綺麗~~ 見たことの無いバラが沢山!!
名前を何度も読みましたが、覚えられそうにありません。 でもきれいだな。。。。

毎年京成バラ園に行っていて
今回3年間の会員になりました。
3年で会費4,000円だったかな?鹿児島に2軒送り自分でも買ったので元はとれそうです。
で、バラもそろそろ終るので会員限定で今週末予定の半額セールのハガキが来ました。
チャンスと思いながらも、植え場所と、夫が講座の為
私の運転ではちょっと・・・(^-^;
でも、綺麗な沢山のバラみたらウズウズしてます

オールドローズのバラが植えてあるのは珍しいですね。
長崎もまだ、バラが少し咲いてました、次回は秋が楽しみですね。

ぱせりさん、こんにちは。
そうそう、瑞巌寺に行ったときにバラの絵は覚えがあります。
日本で最初かどうかはわかりませんが、青いバラで有名な青龍を作出した小林さんは栃木の方だそうです。ずいぶん苦心されたようです。

ムーミンママさん、こんにちは。
私も覚えることはとてもできません カメラメモにひたすら頼る日々です。

凜さん、こんにちは。
京成バラ園にしょっちゅう行けるなんてうらやましいです。まだ一度も行ったことがありません。先日「にこる」で行ってきた方にお会いしましたが、売店の苗の数がすごい!とのこと、私は行かない方が平和かも

ふくちゃん、こんにちは。
オールドローズと原種は見ていてなんだかホッとしますね。秋咲き、四季咲きも多いそうなので秋にも行ってみたいのですが・・・秋は大忙しなので

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東沢バラ園1 | トップページ | 遠刈田ハイク »