フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« スキマ植物 | トップページ | 奥三面ダム(あさひ湖) »

2009年6月30日 (火)

朝日村トチノキ林

去る6月25日、村上市のI氏に案内していただいて、新潟県朝日村三面川上流のトチノキ林を訪ねた。I氏は実際に使用できる縄文式石斧の制作者で、宮城の川渡演習林で私も使わせていただいた。岩崩というところに「縄文の里・朝日」という展示施設があるのでそこで待ち合わせ。初めてだったので先に展示を案内していただいた。奥三面の縄文遺跡の調査結果と対応するようにダムで沈んだ村の方々の生活の様子を展示してある。

さて、6月10日にやっと開通したらしい「朝日スーパー林道」を通って猿田野営場をめざす。Saruta1

川の中はこんな大きな礫がごろごろ、水の力はすごい。Saruta2

舗装はされているが、ほとんど車がすれ違えるかどうかの細い道、右は崖になっていて時折礫が道に転がっている。常に落石注意の道。前に行くトラックなどほぼ発電所か道路工事関連の車ばかりと思われる。Sarutatochi

出発地点から野営場までの半分くらいの位置のトチノキ林。下に小さく見えているのがウチのダンナ、トチノキがいかに大きいかがわかる。傾斜が緩い比較的平坦地が広がっている場所に被度90%位でトチノキが生育していて、胸高直径40cm以上のトチには花が沢山ついている。ここはトチ平と呼ばれているらしい。

野営場のすぐ手前にもトチノキが多い場所があり、そこもやはり平坦になっているが、今年の花付きはあまりよくない。

Sarutayaei2 猿田野営場の脇を流れている川が澄んでいてとてもきれい。むろん上流には人家も牧場もない。ここから山形県境まではまだ通行止めである。Sarutayaei1

猿田野営場のトチノキ、ここも平坦でこのような巨大なトチノキが沢山生育している。今年の花付きはよい。Sarutayaei3

太めの私がそばに立ってもまだ太いトチノキ。トチノキは年輪幅が一定しないので、太さではなかなか年数がわからない。Sarutayaei4

おまけ、野営場のギンリョウソウ。すでに果実になっている。敷地内のあちらこちらにみられる。

野営場はトイレや炊事施設、管理の建物が建っているが、現在は管理の方は来ていないとのこと。野生動物も多く(特にサル、むろんクマも)、利用には相当の勇気が必要である。

« スキマ植物 | トップページ | 奥三面ダム(あさひ湖) »

植物」カテゴリの記事

コメント

トチノキのトンネルを歩いていれば、イオンが周りに充満してるようですねhappy01
ギンリョウソウはキノコの仲間でしょうか・・・。

今朝は早朝より強風が吹き荒れてますが、雨は止んでます。

おはようございます。やっとコメができますね。トチの木は大きな葉っぱが特徴でしたね。一枚目の写真のような林道をモチーフに、水彩画を書き展覧会で入選した事を思い出しましたよ。カビが生えるほど、遠い昔でしたがね。すごく懐かしい風景のような気がしました。

ふくちゃん、おはようございます。
ギンリョウソウはこう見えても、合弁花イチヤクソウ科の多年草です。腐生植物ですので緑じゃないのですね。
大雨の次は強風ですか、台風のようですね。

ムーミンママさん、おはようございます。
水彩画はあこがれです、たまにはゆったりした気分で絵を描くのもいいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スキマ植物 | トップページ | 奥三面ダム(あさひ湖) »