フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 奥三面ダム(あさひ湖) | トップページ | 我が家の初夏の花 »

2009年7月 4日 (土)

小国7月2日

Rinoku 家を7時半に出発したときは小雨模様であったが、宮城から仁井宿峠をこえると霧が上がり明らかに明るくなってきた。長井市に入る頃には青空も見えるようになる。

クリ林では時折小雨が降るがまた明るくなり青空がのぞき・・の繰り返し。忙しい天気だ。初夏を迎えて緑はますます旺盛に茂り、ここも三面に負けず劣らず山が深い。

Kurihana クリの花は今が盛りであるが、同一林内でも入り口付近はほぼ満開なのに、南の林奥はほとんど開いていない木もある。写真の木は半分くらい開花している。クリの花は、農業関係者でも風媒花と勘違いしている人もいるらしいが、開花は日本の梅雨時にあたり、どう考えても風媒は不利である。山奥の小国クリ林での結実の良さは、昆虫がいかに役立っているかを証明している。

花の少ない時期であるが、林床にはタムラソウが咲いていた。

Tamura2 アップは派手~なかんじ。

Tamura1 このような花で、アザミに似ているが、葉や茎にトゲトゲはなく優しい感じで、つかんでも痛くない。

Ichiyaku  林床に沢山あり、腰まで茂ったワラビの下で、花が低くて目立たないためつい踏んづけてしまうが、かわいらしいイチヤクソウの花。

クリ林の縁ではコナラの木に変な樹皮の剥がれがある。地主さんによると、スズメバチがかじった痕とか。巣作りに樹皮を使うのではないかとのことであった。Suzumebachi

クリ林から数キロ下の集落まで下りると、本格的に青空が広がっていた。A氏がストーブ小屋で蕗の佃煮を作りながら草払い機の刃をといでいた。20枚近くあるという。使い込んだものは径が5センチ近くも小さくなっていた。

数日前まで東根の親類の家にサクランボ収穫の手伝いに行っていたそうで、取れたてのサクランボと蕗の佃煮をごちそうになった。

ストーブの脇には朝着ていたと思われる綿入れFurutaが落ちていた。

「晴れてくるまでは寒かったんだよ」

地主さん「それにしてもストーブ焚いてドンブク(綿入れ)はねぇだろうがよ」

窓を開け放っているのに小屋の中はすでに30度になっている。蕗を煮込むためにずっと火を焚いているからだ。A氏はいわゆるマタギの仕事もしていたのだが私もびっくりするくらい寒がりなのだ。

« 奥三面ダム(あさひ湖) | トップページ | 我が家の初夏の花 »

植物」カテゴリの記事

コメント

おはようございます(◎´∀`)ノ
今日はこちら久しぶりに雨のないお天気です。

こんな自然に触れる機会がないので
タムラソウもイチヤクソウも初めてですが
どちらも自分を主張していますねlovely


クリの花は今が盛りですね、私は見ても気がつかないし判らないと思いますweep
花類は高山植物でしょうか?・・・

先ほどから窓の外で、油蝉がうるさく泣き始めました・・・夏ですねsign03

こんにちは、標高480mさん。
大変ご無沙汰しておりました。
家族がやっと退院したので、お邪魔しました~
写真を見ていて、何だかほっこりしちゃいました(`・ω・´)

凜さん、こんばんは。
こちらは昼過ぎには徐々に雲行きが怪しくなり、3時くらいから激しい雷雨thunderrain!! 窓やら草刈り道具やらで走り回りましたcoldsweats02まるで梅雨明け直前の天気です。

ふくちゃん、こんばんは。
タムラソウは広葉樹林の縁など、イチヤクソウは落葉広葉樹林の林床、いずれも山地の植物です。九州も生育しているとのこと、山の中に行かれた折には是非探してみてください。
こちらは午後激しい雷雨でした。夏が近いようですが、さすがに蝉はまだですcoldsweats01

おみつぼうさん、こんにちは。
それは大変でした。看護も昔ほど大変ではなくなったとはいえ、やはり心配なことが多いですよね。父の看護と自分の入院を経験して、入院している本人の方が楽だなぁ、と思いました。
退院されてからも普通の生活に戻るまでいろいろご苦労があるかと思います。くれぐれもご自分のこともお気をつけくださいね。

おはようございます。栗の花、そうそう、こんな形と色でした。葉っぱは長かったんですね。upをありがとうございます。蜂も木をかじるんですか!そういえば、神社の杉の木にタムロしてるのを見たことがあります。樹液を吸っているのでしょうかね

ムーミンママさん、こんにちは。
スギの木の樹液は吸わないと思うので、巣作りをしているのだと思います。音(うなるような音、オオスズメバチは太鼓がぶんぶんうなるような音が地面からします)がしたら近づかない方がいいですよ。どうしても通るときは、頭には白い帽子とかタオルをかぶって、黄色いサングラスをして音はゼッタイたてないでね。黒くて激しく動くものには攻撃を仕掛けてきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奥三面ダム(あさひ湖) | トップページ | 我が家の初夏の花 »