フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 水平環 | トップページ | アジサイ »

2009年7月17日 (金)

小国初夏のキノコほか

7月16日、山形はずっと曇り時々雨の予報なので、雨が強くない日を見計らって小国町へ。今回はクリ林奥の急斜面にあるトチノキ集団の調査である。丁度花のない時期で、ヤマユリなどの夏の花はまだつぼみ、ヒヨドリバナくらいしか咲いていない。Hiyobana Sawa

見上げている斜面の最上部がクリ林の端、傾斜は40°くらいで下りると言うより滑り落ちる感じ。正面と左端がトチノキで、トチノキの生えているあたりからは15°くらいのやや緩い傾斜になる。ここには径10センチ以上のトチノキが10本生育していた。本日はトチノキの位置をプロットして土壌のサンプリング、私は計測のお手伝いだけだが、ただでさえ傾斜地なのにユキツバキが生い茂りまっすぐ歩けない。ダンナはサンプリングと目印のトラロープなんぞ担いでいるので滝のように汗をかいて携帯していたボトルの水はあっという間になくなった。「み、水がない~!!」 あまりに疲労したので樹冠をとるのは断念して戻ることにした。

Aikawatake クリ林端のナラガレ病で枯れた太いミズナラにはアイカワタケ(広葉樹に付く)がついていた。これはマスタケ(針葉樹に付く)の母種で、柔らかいうちは油炒めなどで食べられるとのこと。ただしすぐ堅くぼろぼろになるということだった。

Beniten  こちらはおそらくベニテングダケがちょっと大きくなったもの、もちろん毒。

Doushintakeテングタケ?? でもテングタケにハカマなんてあったっけ?? 自信はなし。有毒キノコだろう。

調査の帰りに地元のAさん宅に寄ったら、ぐっすりお昼寝の最中だった。寝ぼけながらも「お茶飲んでけ~」

午前中に金目川奥にイワナ釣りに出かけたが、おもわしくなく昼に帰ってきてしまったとのこと。とれたてのキクラゲを茹でて醤油をつけて食べさせていただいた。プリプリで干したものよりおいしい。地元の呼び名でスナタケというキノコも試食した(正式名は不明)。これは煮ても煮ても柔らかくならないそうで、噛んでも噛んでもなくならない。ただ、味はコクがあり、高野豆腐をずっと噛んでいるようだった。細切りにして肉のだしで食べるんだとか。

宮城は結構晴れが続いているが、小国はずっと曇り時々雨が続いているそうな、山形は確実に梅雨であった。

« 水平環 | トップページ | アジサイ »

植物」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。調査の為とは言え、傾斜40度はすごいですね。
足を滑らせたら、、、、と思うといくら命があっても足りませんね。
きのこがたくさん。。。きのこ大好きな私。
きっと喜んで取ってくるかも。(笑)

今晩は。お久しぶりです。
写真を見ているだけでもクラってきそうです。
暑い中お出かけのようで大変ですね。
キノコは私も大好き。昔亡き父に連れて行ってもらいましたが、いざ行こうと思うと・・・場所が分からないし取ったものがたべれるかどうかも心配で・・・
山菜ツアーがあればぜひ参加したいものです。

ムーミンママさん、こんばんは。
さすがに地元の方は楽に上り下りしていました。最近までマタギの仕事もしていたみたいで・・・
初夏からすでにいろいろなキノコが出ていました。このあとはタマゴタケかな。

チューリップさん、こんばんは。
山は少し風があったのですが、谷の中は風が無く蒸していましたcoldsweats02
山菜ツアー、どこかで企画していそうな感じもしますね。夏はあまり採れるものがないのと、マムシが多くなるので地元の方もあまり山には入らないそうです。今度は秋のキノコ狩りでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水平環 | トップページ | アジサイ »