フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月30日 (日)

クジャクチョウ&クマ!!

湯治の帰り、高速は思ったより空いていたのですが、お昼過ぎてしまったので七日原のカフェドブブにカレーを食べに寄りました。すると座った脇の窓枠にクジャクチョウが!!

Bubu 山の中じゃなくてこんな所にも・・・いや、ここはやはり山の中??(外が明るくて中が暗いのでちょっと荒れた写真になってしまいましたが)

F1000985 ブブのワンコ

お昼食べ終わってワンコと戯れていると、近所の牧場の方がやってきました。

山の食糧が不足しているらしく、クマは発酵牧草の包みを破って食べているとのこと。「ウチには毎日きてるよー。」畑の周囲には電気柵を巡らせているのですが、一回はデンキが通っていない柱の部分に手をかけて倒して入られてしまったそうです。「知っていてやっていたらスゴイはなしだよねぇ。」

しゃべっているとブブのお母さんが次々食べ物を出してくるので、もうオナカパンパンだよー、と言って退散しました。

で、昨日クマの話で散々盛り上がっていたのですが・・・

今朝早く起きて、5時半頃、道でネネ様をからかっていたら、

上の方でなにやら気配が・・・

そして黒い大きなものがゆっくりと横切っていきました!!

自宅でのクマ観察はお初でした。七日原セントラルロードにはドウダンツツジの植え込みがあるのですが、その高さとちょうど同じくらい。1頭だけでしたので、ハートランドでしばしば目撃される親子クマとは別個体のようです。七日原には一体何匹のクマがいるのでしょう??

・・・あ、残念ながらカメラは持っていませんでした。今度はしっかりカメラを持って、また5時半頃粘ってみますbleah

ラジウム湯治10回目

湯治はほぼ1ヶ月に1回のペースで落ち着いています。今回も1泊のみ、もう少しゆっくりしたいのですが、たまたまやわらぎの祭りと花火大会で翌日は満室でした。

出発前に確認したらブログ友が湯治中!! 岩盤でひさびさの再会を果たしました。ついこの間内視鏡手術をされたとは思えないほど元気いっぱいで安心しました。

同室の方が散歩するというので初めてやわらぎの日本庭園へ。10回も通っているのに観音様を見るのは実は初めてcoldsweats01 たぶん頭の中が煩悩でいっぱいで、あんまり宗教には向いていないんでしょうな。F1000984

工事の際に出てきたらしい、慈母観音が浮き出た岩(携帯写真)。まるく剥がれた部分を母親と赤ちゃんの顔に見立てて、お母さんがだっこしているように見えます。人間の信じる力というのが自然治癒力にもつながっているのかもしれません。

信心深さは別として、もともと石好きなのでこういうのは何となく好き。

湯治の帰りには、三春のダム近くにある物産館へ行って野菜など見繕ってきました。帰ろうとすると、ネコの気配が・・・

濡れ縁を支えている「縁の下の力持ちネコ」ですcoldsweats01

Miharuneko 我が輩にとっては楽勝だニャン!!

三春ハーブガーデンではハマナスの実がこんなに鈴なり!!これだったらジャム作ろうかなって思いますね。

Herb3

花いっぱいの庭。

Herb2

2009年8月27日 (木)

秋の訪れ

0908271 昨日の朝は13℃代、今朝も14℃くらい、本当に短い夏がすでに終わって秋が訪れてしまったのだ。あーあ。この雲はなんと言っても秋でしょう。

睡眠不足のようで、頭や目が痛いのに0時くらいに寝てもどうかすると5時には目が覚めてしまう。不安な予感を打ち消すように、毎日外に出て写真を撮る。が、なかなか表現する気力がない。決して元気がないわけではないのだが・・・

0908272 日はだいぶ高く昇って暖かくなってきた。雲海の向こうには阿武隈山地の延長である丘陵が、そしてその向こうに光るのは・・・あれはやはり海面??

ダンナは「ここから海なんか見えるはず無いだろ」というのだが、どう見ても雲の反射とは違う。

0908273 休耕畑ではオオマツヨイグサが沢山咲き始めた。じゃまな雑草扱いしているが、よく見れば本当にきれいな色、大好きな色。

0908275 天に向かって祈るような仕草のススキ。「無心」と言う言葉を思い出した。

人間とはナントわがままな生き物か。忙しいときは休みたいと言い、病気になれば働きたいのにと言う。

チョット反省。

2009年8月24日 (月)

友人と

土日に千葉から友人が遊びに来てくれました。少しおそいお墓参りのついでに様子を見に来てくれたのです。彼女はナント幼稚園からの友。他の記憶は曖昧なのですが、彼女とのいろいろなデキゴトは鮮明に刻まれているわたし。脳というのは不思議なもので、久しぶりに電話してくれた時に、おしゃべりしながら記憶の破片がどんどんつながっていきます。

ずいぶん会っていなかったので(特に私は病後に年齢よりもかなり老けたはずなので)、仙台駅で認識できるかどうか不安でしたが、遠くからでもお互いわかったというのはスゴイ!! 

ついでに私も羽を伸ばしたいので、近所の「ゆと森倶楽部」に一緒に泊まりました。

Yuto1料理はメイン料理+地元野菜中心のバイキング、ステーキもついていて、結構沢山の料理が楽しめます。

Yuto3  仙台でピアノの先生をしている日野さんのコンサート、ベートーベンの月光ソナタやショパンの子犬のワルツ、ドビュッシーの月の光など。これくらい弾けると楽しいだろうなぁ。

夜は終了ぎりぎりの時間まで渓流露天風呂に入りました。

早朝も露天風呂に入っていると、イワナ釣りのヒトがフライを振りながら渓谷を登っていきました。だがなかなか釣れないようですね。

すっかり曇りだったのと、Cちゃんも忙しく、11時のバスで帰るので、エコーラインはあきらめて朝ご飯の後は近くの川原へ散歩です。

Photo 私は見慣れている風景なので、こんな川原でいいのかなー、と言ったのですが、都会ではなかなか身近にススキもないとのこと。Photo_2

川原のツリフネソウ

2 キンミズヒキ

1 カワラハハコ

3 カワラハハコのつぼみ

ほかにもヤマジノホトトギスやシシウド、オオマツヨイグサなど、向こうでは見かけない花ばかりということで、とても喜んでくれました。

また来る!と約束しました。今度はゆっくり来て、一緒に山の植物を見に行きましょう。

2009年8月19日 (水)

何の糞?

Dsc01149 野良の「クマネコ」のえさ場近くの丸太に今朝はタネが沢山入った糞があった。

キツネのより小さくて同種のタネだらけ。付近をうろうろしているテンか??(プロフィールの写真がテンです)

マクロ撮影すると・・・

Dsc01150 やや扁平で楕円形、中央に分割線が入っている、クマヤナギの内果皮である。このあたりに沢山生えている蔓植物である。

クマヤナギの果実は最も外側に黒紫で薄い外果皮、その内側に果肉である中果皮があり、そのなかにこれ、内果皮がある。内果皮を剥くと種子が出てくる。

糞を見るとまだ結構果肉が残っていて、いっぱい食べてもすぐ出てきてしまうのか、効率は悪そう・・・

そう言えば、ダンナが「夜中にウッドデッキでドタバタしていたヤツがいるけど、なんだろう??」と言っていたが、テンが喧嘩でもしていたんだろうか?

2009年8月17日 (月)

遠刈田温泉仮装盆踊り

めずらしくいいお天気で盆踊りを迎えました。七日原子供会は毎年凝った仮装で目をひき、近所のお子さんが出るので毎年楽しみです。

Tbon2 遠刈田温泉七日原子供会、やはりこのくらいは仮装しないとね。「ワンピース」というアニメの仮装です。

Tbon1 こちらは紙製甲冑のグループ、白石かな?? 本物みたいに見えます。

温泉帰りだったのでまだ腹ぺこだったのと、眠くなってきてしまったので途中で帰ってきてしまいました。多分どちらかが優勝かな。

2009年8月16日 (日)

ハマグリ山リハビリ登山

お盆休みにあわせるかのように、宮城にも遅い夏がやってきましたhappy02

我が家のシェルパ(次男)が帰ってきたら、それにたよって山登りをしようとたくらんでいたら、シェルパはうかつにも膝を痛めました。しかしダンナシェルパが登ってくれるというので、結局次男も同行し、ゆっくりとリハビリ登山です。コースはaoikesiさんのブログで見た、短距離でも登った感じがあじわえそうな、笹谷峠からのぼる「ハマグリ山」です。Hamaiwa 笹谷峠のちょい山形側から見たハマグリ山、なんとなくハマグリ??っぽい。一番上に見えるのは岩場ですが、頂上ではありません。

道路沿いにはツリフネソウやキツリフネ、アカバナなどの花が咲いていました。

Hvitis ちょっとのぼると周囲には沢山のヤマブドウ、まだ未熟です。クマ注意の看板に説得性アリ。餌場ですね。

Hhototo 低い場所にはヤマジノホトトギス、白っぽく見えますが紫の斑点が少しあります。

Hiwaba 下の道から見えていた岩場です。行程の半分くらい?? 結構高く登ってきたように見えるでしょ?

ここの周囲には散りかけたヤマユリがありました。

Hhfuro ハクサンフウロ、だいぶ散っていますがまだ間に合いました。

Hume ウメバチソウも、まだつぼみが付いています。見つけたのはこの一株だけ。

Hhikou

頂上手前で「ブーン」という音が聞こえてきました。笹谷峠上空をセスナが飛んでいきます。遊覧飛行でしょうか。眼下に飛行機が見えるのは愉快爽快ですね。

Hmizuki 下にあるのと同じ、果実がなっているミズキですが、山の上の方がきれいに見えますね。

Hiwainchin これはイワインチン、ヨモギの仲間です。

Husuyuki でましたlovely。なつかしのミネウスユキソウです。いかにも高山に登ってきたという感じがします。

膝はいいのですが、太ももがプルプルしてきました。もう少し筋トレが必要です。帰りはポールを使いながらゆっくりおります。

Hamacho 頂上付近から見ると、大きく崩れている場所がありました。比較的新しい崩落に見えます。

次男の膝はだいぶ良くなっていましたが、30、40度くらいの中途半端な傾斜を下りるときついようです。元山岳部とはいえ、油断は禁物ですね。

ハマグリ山は私の足でも30分程度で上がることができました。私の心肺機能はまったく衰えていませんでした。足のこわばりも、登山をしたほうが具合がいいように思えます。これからも無理無い程度に山を登ることにしました。

2009年8月12日 (水)

ビストルタほか、夏?秋??

朝早くは少し日が射して青空もかいま見えたのだが、すぐ曇ってしまった遠刈田。ゲラニウム・サングィネウム マックスフライのタネができていたのであるが、ずっと雨で悲惨な状況に・・・Geraf

かと思うと、ゲラニウム・カンタブリギエンセはまだ咲き続けている。5月から咲いているので2ヶ月以上だ!!

一度咲き終わった八重ハマナスにパンパンの果実が今年は沢山なっている。Rosafruit

その隣で明らかに栄養不足のピンクの花がまたまた咲いている。Rosa

この辺で雑草扱いされている野生のゲラニウム、ゲンノショウコ。マクロで撮影するととっても可愛いheart04。葯ってこんな色だったんだ。我が家のゲンノショウコは薄いピンク色。Gennoshoko

最後はやっと2本だけ咲いているヒマラヤ原産のビストルタ・アンプレクシカウリス。来年はTさんちのみたいに頑張って大きくなれrockBistorta

2009年8月11日 (火)

夏よ来い!!

そろそろ梅雨明けか、と思う頃から宮城は雨、霧、雨のオンパレード。今日は少しだけ雨が上がって下の方だけ山が見えたものの・・・くら~いgawk

Kakko カッコウとモズの喧嘩、雨続きで虫も少なく餌の取り合いでしょうか。

Kokiji 明るくなってきたところで、種まきできない畑にキジの仔の姿が一列に並んでいました。

昨年のこの時期に咲いていたピンクのモナルダはまだ咲いていませんbearing 寒いのかなぁ。

明日は本ブログを開設して1年になります。1年で2670人の方にご訪問いただきました。ありがとうございます、感謝とともにまたよろしくお願いします。

2009年8月 7日 (金)

仙台七夕

用があって多賀城に行ったのですが、珍しくダンナがパルコでお買い物。

Dsc01014 パルコ前にブキミな白い像ミヤギケンタウルスが・・・サンドイッチマンと狩野英孝の顔型でした。

さらに珍しいことにダンナが「七夕見ていくか」

Dsc01016 Dsc01017

あらびっくり、結構手がかかってますね~。きれいに折り紙を折って貼り付けてあります。

Dsc01018 こちらは折り鶴にさらに枠が付いていて

Dsc01020 これは木目込み人形(と言うのか自信がありませんが)みたいに綿を布で包んで作った飾りです。さすがに人混みはハピナ名掛丁のアーケード1区画で我慢の限界でした。

今年はなんでしょ? 病院と荒町商店街、ハピナ名掛丁、3箇所の七夕見物をしました。

2009年8月 5日 (水)

ワンコ遊び!!

Dsc00996 ご近所のTさん宅です。玄関前のアガパンサスが映えますね。足の短いワンコが一匹、コーギーというのだそうです。

3 ワンコが3匹、水の周囲に集まってきました。右の大きいワンコはワイマラナーというのだそうです。足の指の間に水かきがあって、泳ぎが得意なはずなのですが、このおばあちゃん犬は水が苦手とかcoldsweats01

2 足の短い2匹はものすごい喜びようです。「みずー、みずー!!」 「ほらほら、おばちゃんのブログに載っけてもらいなさいheart04

Dsc00976Tさんお気に入りのバラ用の支柱、上にわたしてある木はその辺から調達したそうです。雰囲気があってなかなかいいですね。

Dsc00982  ピンクのユリと濃いピンクの花穂を沢山つけた大株のビストルタ・アンプレクシカウリス(販売店ではポリゴナムとなっていましたが、ヒマラヤ植物大図鑑で照らし合わせるとビストルタですね)。去年植えた苗で今年はこんなに大株になったそうです。うちにも同じものがありますが、今年は細々とつぼみがやっと、といった感じで、はたして来年こんなに大きくなるのでしょうか?? だとしたら植えた場所を誤ったかもcoldsweats01

そういえばイブキトラノオも翌年から凄い大株になりましたっけ。

2009年8月 4日 (火)

「所さんの笑ってこらえて」に金目の皆さんが!!

置いてきぼりをくった、小国行きでしたが、ダンナが帰って来るなり「大ニュース」が!!

調査で大変お世話になっている山形県小国町金目の皆さんが、明日8月5日水曜日夜8時からの「一億人の大質問 所さんの笑ってこらえて」のダーツの旅にご出演されるそうです。わー、パチパチscissorshappy02第一町人は誰なんでしょうね? 生田スタジオには忘年会等でお世話になっている「金目そば」のスタッフの方3人が来られたそうです。

お時間とテレビのある方は是非ごらんになってください。あ、明日は西公園の花火だ・・・coldsweats01

さて、小国のクリ林の中はヤマユリの花でいっぱいだったとのこと。

K

こんなキノコもありました。

シロオニタケ、毒かどうか不明だが、近縁には猛毒がいっぱい・・・食べない方がいいでしょうね。

Photo

これもわからず、真っ赤でグローブみたいな形もあります。数年前に長野あたりで中毒を起こしたというキノコの写真に似ているような・・・Photo_2

こちらは安全、チチタケです。おまんじゅうみたいですね。しかし、私の知っているチチタケに見えないナー。金目の方は食べているそうなので、さっきみそ汁にしたら、だしはコクがありました。でも食感はざくざくしていて本体はそれほど味がありません。栃木では凄い人気だそうで、金目では栃木ナンバーの車の盗掘が跡を絶たないとか。きちんと入山許可をとって入って欲しいものですangry

K_2

こちらはルビーのような「コバノフユイチゴ」、関東以西かと思ったら、植生で言うところの「ヤブツバキクラス域」に分布しているみたいで、金目はユキツバキの宝庫、常緑のキイチゴ属が分布しているのでした。フユイチゴ、と冬が付いていますが、これは冬に実があるのではなく、冬にも葉があると言う意味。

Photo_3 現地の撮影はダンナでした。

さて、チチタケは地主さんと一緒に沢山取ってきてくれました。「橙渇色のは多分同じだと思うんだけどって地主のIさんが」と言うけれど、私が知っているチチタケはオレンジ色のほうなんですが・・・coldsweats01Dsc00971

コバノフユイチゴも持って帰ってくれましたが、ひとつまみ・・・味見だけねcatface

Dsc00974

2009年8月 3日 (月)

通院でした

2ヶ月に1回の診察日です。ダンナは「今日が晴れだ!!」と言って小国へトラップ回収に行ってしまいました・・・クスンweep

今日は血液検査だったのですが、血管が細くなっているらしく探すのにエライ時間がかかりました。それに出ない!! 今日は腫瘍マーカーの分も含めて3本なのですが、最後の1本は搾り取るような感じ、さいごはポタポタで看護師さんも、「あとはチューブにある分で間に合うから大丈夫」と早めに針を抜いてくれました。「栄養はとりすぎるくらい取っているんですけどbearing」「夏は知らないうちに弱っているのよ~」 う、そう言えば最近、昼は特にろくなもの食べてないかな~。

もしかして、血管が細くなっているせいで間接や腰が痛いのかな?

病院の飾り付けは一足お先に七夕です。F1000954

結構盛大ですね。去年こんなに豪勢だったかしら??

2回の歯科に予約に行ったときに、上からも撮影heart04

F1000955 上からの眺めもなかなかのものです。左の方には(ほとんど隠れちゃいましたが)短冊が用意されていて、みんなお願いを書いて竹に吊しています。すでにかなり重そうでした。そりゃあ、こういう場所ですから、お願いだらけですよね。子供の字が多く、おばあちゃんが元気になるように、はやくなおるように(自分?) など見ると、しんみりしてしまいますね。

さて、自分の診察ですが、またまた「間接、特に腰が痛いのと、ひどいときは朝起き抜けにこわばって、足が曲がらなくて歩くのが大変なんです。あちこち痛くて夜もよく起きるし」と愚痴っぽくなってしまいました。

「休薬してみようか?」と私の期待通りのお言葉!

「腫瘍の検査で、ホルモン反応が無いわけではないのだがほとんどゼロに近いから、アリミデックスはもう休薬してもいいかもしれない。もちろん今まで無駄な治療をしていたというわけではないよcoldsweats01 ただ、効果と副作用を天秤にかけると副作用のダメージの方が大きいかもね」

「私は無治療になっても不安はないです」

「では2ヶ月休んで、関節痛などが軽減されるか様子を見ましょう。」

わーーい!! happy01 もしかしたら足も腰も痛くなくなるかもしれません。(というか、気分的にすごくハイに) いっぱい動かして、筋を軟らかくして、また山にも登りたい!!  

もとはといえば運動不足も一因、こうなったら、ちゃんと体動かしたり免疫を高めるいろいろなことを一生懸命して、なんとか再々発を遅らせなくては。

テルズコレクション・変色アジサイと・・

今年はまだまだ梅雨明けしそうにない宮城だが、いいこともある。アジサイの花がなお咲き続けている。この分だと去年と同じように8月おわりまで楽しむことができるだろうか。去年の8月27日に「変わった色変わりのアジサイ」のことを記事にしたが、今年もはや色変わりが起こってきた。テルズコレクションの奥さんがはっきりと気づいたのが昨年だったので、やはりその直前にウィルスに感染したと思われる。Dsc00964

もとの白色のアジサイ。植えた当初はすべて白で咲いていたそうだ。

Dsc00963 赤い斑紋が入った枝、枝ごとに入り具合が異なり、白色と同時期にさいているので、枝ごとに感染の度合いが違うようである。いまところ白:赤は2:8位の比率。さて来年は??

テルズの裏庭ではパイナップルリリー(ユーコミス)も咲き始めた。奥さんによると仙台では切り花で売られていたそうである。Dsc00965

ここでも地植で全然平気なのだが、花を見ると亜熱帯の植物みたいに見える。ちょっとおいしそう?!

テルズでは香りの植物も沢山開きはじめ、時折ふわっといい香りが漂ってくる。

Dsc00967

エキナケア・プルプレア、薬効がみとめられ、抗ウィルス作用、炎症を起こした組織を元に戻す、とある。膀胱炎になったときこれを煎じて飲めば良かったのかな。でも根っこを掘ったら枯れちゃうねcoldsweats01

Dsc00966 サポナリア・オフィキナリス、シャボンソウとも呼ばれる。優しい色だが結構香りが強く、かなり広い範囲で香っている。花は乾燥させると香りが長持ちするのでポプリ向き。根っこにはサポニンが多く、シャンブーなどに使える。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »