フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 9月6日裏磐梯 | トップページ | 三面トチ林9月17日、22日 »

2009年9月24日 (木)

小国9月14日

14日はクリ林で果実用のトラップを設置してきました。今年は数を増やしてなんと64個、回収と計測が大変そうです。でも設置しようと思うだけ元気になった証拠でしょうか。

クリ林を縦断するトラップだけは福大の先生と学生が設置してくれたので残りは45個、地元の方に応援いただきました。地主さんによると学生は設置に4時間くらいかかったようですが、倍の数なのに私たちは10時集合で1時には終わってしまいました。

「はや~い! さすが。」「まぁ、山仕事のプロだからね。」

Trap ずいぶん大仕掛けに見えますが、樹冠面積のわずか3%くらいです。

今回はさらに違うキノコを発見。

Murasakiムラサキアブラシメジモドキ。ムラサキシメジかと思いましたが、傘にぬめりがあるのと、色がいかにもフウセンタケ科の青です。食べられるのですが誰も手を出しませんでした

Fusube 地主さんがオニフスベではないか、と言っていたのですが、半裁するとグレバ(傘に付いている暗緑色のぬめりだがとてもクサイ)のようなものが見えます。 おそらくキヌガサタケの幼菌ではないかと思います。

« 9月6日裏磐梯 | トップページ | 三面トチ林9月17日、22日 »

自然」カテゴリの記事

コメント

ただ花を見ているだけの私と違って、意義のある研究をされているようですね。
植物の研究をなさっている先生を何人か知っていますが、皆さん地味なお仕事です。中でも一番地味だと感じたのはフユノハナワラビの研究者ですね。先日も第一人者の先生が蔵王町で調査していったようです。蔵王町は宝庫なので新種が見つかる可能性があるらしいですよ。

aoikesiさん、こんにちは。
いえいえ、aoikesiさんの植物を観察する目には脱帽です。
シダはよくわからないのですが、ここも少し山の中にはいるとびっくりするようなきれいなシダを時々目にします
私は植物化石からはいった新参者なので、最初は方法がわからず今も手探り状態です 2年間のデータを植物の先生にお見せしたら、いろいろと不備もあるし不十分と言われ、あと3年は頑張らなければいけません。生きている自然を相手にするのは大変だ!と実感しています。

うわぁ!!
真っ青なキノコ!!
どうみても危険でしょ!!
キノコ大好きな私でも
これは手がでませんね。いくら
食べられると言われても・・・(笑)

こんばんは☆

うひーーーーーっ☆ 紫キノコ~ !!

んまぁ なんともいえない てかり?ぬめり?

食べられる…とは わかっても…
とても手が出ませんね~

お仕事 頑張ってください☆

トラップの設置は大変でしょう、それと後の計測ですか、それも大変のようですね。
変てこなキノコ(笑)、色が派手なのは毒キノコと教わりましたが、食べれるそうですが、やはり気持ち悪いですね。

ムーミンママさん、こんばんは。
そうですね。ちょっと色が・・・
地元の方も手を付けていなかったです。代わりと言ってはなんですが、今日は小国森林組合の原木マイタケを買ってきました

ぱせりさん、こんばんは。
てかり、はいいとして(この辺で食べるアミタケと同じ程度なので)、紫がネックですね。今度見つけたら試食してみようと思いますが、今日は見つかりませんでした。

ふくちゃん、こんばんは。
今日1回目の回収をしてきましたが少なかったです。おそらく10日後が一番ピークではないかと言われました。
もしこれが美味しければ、派手キノコではタマゴタケにつぐヒットです。2種皿に並べたら、オレンジ色と青紫で目がちかちかしそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 9月6日裏磐梯 | トップページ | 三面トチ林9月17日、22日 »