フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月29日 (木)

遠刈田温泉大根狩りです!!

多忙にて忘れておりましたが、今週末、遠刈田温泉七日原地区で大根狩りとチーズフェアがあります!! まさに紅葉真っ盛り、大根抜いて、景色を眺めて、出店でちょいとオナカを満足させ、抜群の泉質を誇る遠刈田温泉に入って帰りましょう。(私は土日のうちどちらかいませんが・・・)

みなさんお誘い合わせの上、是非お越しください。Daikongari

2009年10月26日 (月)

能登半島真脇遺跡

10月24日に石川県能登半島能登町の真脇遺跡公園で開催された講演会(実は、私はその後の会議がメインだったのですが)に行ってきました。車の往復であまりに遠いので途中七尾市の和倉温泉に一泊しました。行きの北陸道から見えた立山はすでに真っ白です。びっくりです!!Tateyama

和倉温泉は小さい宿に泊まったのですが、清潔で安い割りにお料理が美味しかったです。松茸の土瓶蒸しまでありました。Hanagoyomi

以前輪島で泊まった旅館よりお風呂も部屋も料理も良かったです。それで安い(9000円)。ちなみに能登町の民宿だともっと安くて(7800円)部屋はそれなりだが料理はスゴイらしいです。

翌朝は時間が少しゆっくりなので能登島など通りながら海岸沿いを走りました。能登島に渡る橋です。Notojima

海岸沿いには時々小さなパーキングがあり、ここは昔のボラ突き漁をおこなった施設が再現されていました。やぐらにいるのはやけにリアルなお人形ですcoldsweats01Bora1

能登町の真脇に到着、真脇縄文館展示室の入り口です。ここは巨大木柱列(晩期)とイルカの大量の骨(前期~中期)が出土したことで有名な遺跡です。

Mawaki1  

展示室からかなり登ったところに温泉つき宿泊・研修施設があります。講演会はここで行われました。  写真の発表者は首都大学東京の山田氏、事前に話題を知らされずに、話す直前に話題がやや違うのに気づき急遽直し(サスガ!!)、でも少し不機嫌です。Yamada

 さて、宿泊もここだったのですが、ちょっとハプニングがありました。私たちの部屋が確保されていなかったらしいのです。あいているのは貴賓室のみ、おかげで私たち夫婦はもう泊まることはないであろう貴賓室に泊まれることになりました。部屋はこんな感じ。Hotel1

Hotel2_2

窓からの見晴らしも最高です。Chobo1

翌日は遅くなるといけないので、会議が終わると即帰宅、能登有料道路に乗る前にスーパーで買った弁当を車の中でぼそぼそ食べました。ああ、このギャップ!!catface

気に入った場所で何枚か写真を撮ったので、それはまた後日・・・

2009年10月21日 (水)

小国町紅葉とキノコ

日程が前後してしまいましたが、19日に急遽小国へ。今秋中に範囲外のクリの所在を確認するためです。国道113号線小国町に入ってすぐの谷の紅葉。Ogukoyo

まだ雨が降っています。

調査地外のコナラ林内、カシノナガキクイムシにやられたコナラに試験的に薬剤を打ち込んであります(幹の右側上と下に開いている小さい穴がそれです)。ナラガレ菌が死んだため、そのあとにムキタケの菌がつきました。上から下まで沢山ついています。上の方は取れないので木を倒そうかという話をしていました。「コナラはいくらでも生えてくるし、この木は細いから。」・・・そういう取り方もありなのか・・・「倒しておけば今度は違うキノコが生えてくる。」

Mukitake

Kanemekoyo 集落近くまで戻ると、急激に晴れてきました。岩盤の急斜面は紅葉が盛りです。地元の方はこの斜面をロープも何もなしで登るそうです。小さいきれいなランの仲間が生えているとのこと。私はちょっと見に行けませんね。

Hokora 道ばたのナシの下には小さな祠がありました。今まで何度も通っていたのに気がつきませんでした。草に隠れていたのかも?!

2009年10月20日 (火)

身近な紅葉と・・

ご近所のチェンバロ装飾のYちゃん宅の壁の紅葉は見事です。(フィレンツェでもこんな紅葉なのか、聞くの忘れた・・・)Ychandoor

芸術家のおうち、という感じでサスガlovely

我が家のイタヤカエデとゲンノショウコのコラボレーションもなかなかいいでしょうsmileItagen

久しぶりに庭をよ~く見ながら歩いていたら、植えた覚えのないリンドウが1本咲いていました。どこからかタネが飛んできたのでしょうか?? ラッキーheart04Rindou        Yちゃんちでも自然に生えてきたというので、タネをもらおうかと思っていましたが、その手間が省けました。でもちょっと我が家の方が葉っぱが細い気がする・・・○○リンドウ、とか、名前の頭に何かつくのかな??

山形の帰り、長老湖付近からの不忘山遠景です。秋深まる、といった感じでしょうか。Fubou

真脇遺跡講演会のお知らせ

今週末の10月24日午後1時より、能登半島の真脇遺跡公園内、真脇ポーレポーレ研修室にて、環状木柱列に関する講演会が開かれます。お近くの方は是非どうぞ。

演者は首都大学東京 山田昌久氏、福島大学 木村勝彦氏、ほか。

詳細は真脇遺跡HP

http://mawakiisekijoumonkan.soycms.net/

2009年10月17日 (土)

紅葉展望

蔵王の紅葉も中腹が見頃となりました。ブログ友からのリクエストも・・・が、すぐそばにあるのに、見物になかなか行くことができません。金曜の朝早く起きたので、NikonD70に210mmの望遠をつけてまずは「標高480mの窓」からwinkAsakoyo

お日様がのぼりたてなので前烏帽子岳全体がオレンジ色に見えます。しかし、実際は頂上付近はすでに葉が落ちているのです。

Manokami 15分くらい時間が経った馬の神岳

ハートランドまで歩いて行くことにしました。

Askoyo2 ハートランドから見た前烏帽子岳です。先ほどの写真からは30分くらい経っています。頂上は落葉した幹がめだって白く、中腹が色づき、下部はまだ緑の木があるのがわかります。

Shiro 帰り道、枯れ草の中の白いネコさんに会いました。じーーっと見られています。「ナニヨ、アンタpout」と言われています。coldsweats01 怪しいものではありません。

さらに、昔ここに住んでいたというオジサンに会いました。やはり今年の紅葉はイマイチだね、とのこと。夏は雨ばかりだったので無理もないですね。

我が家のカツラの黄葉です。葉っぱがずいぶんまばらだとお思いでしょう。毎年こうなのです。黄葉するかしないかといううちに、風で次々落葉してしまいます。そんなに急いで散らなくてもいいのに・・・

Katsura

2009年10月11日 (日)

みんな大好きタンドーリチキン

突然ですが、インドに行ったこともないのにタンドーリチキンが大好き。私の作品を、昔インド料理屋をやっていた友が「旨い!!」と言い、我が家族も「某店のより数段旨い!!」と絶賛するので作り方を・・・

用意するもの

鶏肉、我が家ではひらいたもも肉だが、骨付きがあれば骨付きの方が旨い。専門書では1羽と書いてある。

A:レモン 半個 サフランかターメリック 塩

B:無糖のヨーグルト 200gくらい、 タマネギ 半個、 ニンニク 生姜 少々、

クミン、カイエンペッパー、ガラムマサラ、コリアンダー、 塩

 まずAの調味料。ボールにレモン半個分の絞り汁を入れ、塩、少量のお湯に溶かしたサフラン(おしべ5本くらい)またはターメリック小さじ1を混ぜる。このAを鶏もも肉丸のままによくすり込んでおいておく。 Dsc01625 好みで紅花をいれてもいい。

しみている間に、Bのつけ込みたれを作る。ヨーグルトにすり下ろしたニンニク、生姜ひとかけ、タマネギ半個をいれる。私はタマネギをおろすのに、強にした換気扇の下にボールをおいて、頭をボールの高さまで下げて、おろす。これだとゴーグルいらずhappy01

Dsc01626 これにカイエンペッパー(あるいはタカノツメをみじんぎり)ひとつまみ1(辛さは好みで)、粉のクミン、コリアンダー、ガラムマサラを小さじ1程度入れ、よく混ぜる。Dsc01627

混ぜたら先ほど置いておいた鶏もも肉に塗りつける。というより私の場合はつけ込む。このまま冷蔵庫に入れて半日以上おく。Dsc01628

焼きはオーブンを使う、我が家の場合は電気オーブンを200℃に温めておき、200℃40分でこのような焦げ目が付く。

温度、時間は器具によって違うので調整すること。最初は30分過ぎたら焼き色を見ながら。皮はぱりっと焼いた方が美味lovely

Dsc01629 あとは適当な大きさに切って召し上がれ!!

2009年10月 9日 (金)

ターシャ展に行きました

友人達と8日に行く予定だったターシャテューダー展、牧場のヨメサンのご子息が新型インフルエンザで行けなくなったことと、8日に台風君が来るというので急遽7日の午後から出かけました。牧場のヨメサンごめんね、二人で楽しんできてしまいました。

Dsc01617 ぼーっとしていますが・・・

一緒に行った友は、「てっきりイギリス在住かと思ったら、アメリカだったのかぁ」  こういうクラシックな生活様式でお家も古いイングランドの農家風なので無理もありません。

びっくりしたのは、彼女が56歳になったときにこのバーモント州にある約30万坪の土地を買って、最初からこの楽園作りをしたと言うこと。若い頃から農業をしていたとはいえ、離婚して子供を育てながら、このほとんど自給自足の生活!! あー、私はまだ未熟者wobbly なんというパワー、なんという精神力!!Dsc01620

いえ、多分彼女自身がずっと自然体で生きていたからこそ??

いいなぁ、息子さんが手伝っていたとはいえ、ぼけることなく92歳でご自宅で息を引き取られ、シアワセ感いっぱい、素晴らしいです。

絵本の原画は絵本より小さく、子供達と遊んだいろいろなカードなどもちっちゃく可愛く作られています。

ちっちゃいバレンタインカード、これで遊んでみたい!! 

2009年10月 8日 (木)

台風??

今たぶんすぐそこにいると思う台風君です、雨は確かにたくさん降っていますが、無風状態です。もしかして目の付近なのかな??それにしても朝からほとんど無風。埼玉の友達が電話してきてびっくりしていました。埼玉は文房具店の看板が飛んだとのこと。Dsc01623

七日原は風どころか、霧が出ています。

台風が過ぎた後から強風になるのでしょうか、今のうちに買い物行った方がいいのかなぁ??

2009年10月 6日 (火)

秋の実り

秋、ときにはこんな蔵王もlovelyAsahi いわゆるモルゲンロート(朝焼け)が山に映っています。

先日近所のYちゃんから電話「忙しくなかったら、収穫を堪能しない??」 何かと思ったらオリミキ(ナラタケ)でした。Orimiki1 建築廃材を積んであるところに沢山出たそうで、いってみると廃材の場所だけでなく周囲にかなりの面積で広がっています。上をカナムグラが覆っているので手袋してがさがさ引っ張って避けると一面にあるわあるわ。二人で夢中でかき集め(そんなに一網打尽にしなくてもいいんじゃないかと思うのですが、Yちゃん以外誰も入らないしもったいない、と言うので)採りまくり!! まー、これで3分の1くらいかな。Orimiki2

みそ汁に入れたり中華風の炒め煮に使ったり。煮物は自分でもびっくりするくらい味が良くなりました。余った分は小分けにして冷凍。

我が家の庭でもいろいろ実りが・・Akebi

なかなか見事なミツバアケビです。中身はそのままデザート、皮は山形風に味噌炒め、少し苦みがあって息子にも受けました。

Kokemomo ツルコケモモも豊作です(かくれていますがかき分けるとたんまり実っています)。去年はジャムを作りましたが、今年は多忙にてまだ・・・

Ichii1 これはイチイの実。赤いところは甘いが、中の黒っぽいのは種で毒があります。このイチイの毒は抗ガン剤に使われています。 今年は大豊作で、イチイの木がはやくもクリスマスツリーのようです。Ichii2

裏のムクゲを覆ってしまった、ノブドウの実、ムーミンママさんのブログにもありましたね。白い実は虫が入っていませんが、青や紫の色が付いている実は虫が入っている、いわゆる虫こぶです。Nobudou

話は変わりますが、テルズコレクションにもアキチョウジがありました。Chojib

 もらってきた年は青紫しか咲かなかったのに、翌年から白いアキチョウジが咲き始めたそうです。Chojiw

2009年10月 4日 (日)

ネネさまじゃっ!!

とにかくいろんな恰好してついてくる。Nene2

つぅきがぁ、でたで~た~、あらよっと。

Nene1 寝ながらにして、はしる!

Nene3 はぁ~、飽きた。

Nene4あっ、いつの間に入ったんだよ、入れて頂戴よ。

さっき入らないって言ったじゃん・・・

Nene5 入れてくんないと、じーっと見ちゃうからね。

じーーーーーーーーっ。

こわっ!!

2009年10月 3日 (土)

夜の遠刈田温泉

お祭りでもないと、夜はあまり温泉街に行かないのですが。静かな夜の温泉街。

Photo 遠刈田の時計塔。夜の方が雰囲気がいいですね。

Photo_2 足湯に入ろうと思ったら、9時ちょっと前でオバチャンに「もう終わりよ、デンキ消えますよ」と言われてしまった。ま、お湯とめてもしばらく温かいし、少し暗くても入れますが。

Photo_3 観光案内所の脇のナナカマド、少し色づいているのできれいです。静かな夜の温泉街の散歩、たまにはいいかも。

2009年10月 2日 (金)

コスモス畑・・しかし事件が!!

話は前後してしまいますが、9月のシルバーウィーク前半の日曜日、コスモスが見頃と言うことで標高480m一家+母で川崎町の杜の湖畔公園へ行きました。抜けるような青空に蔵王連峰もきれいに見えます。Photo

コスモス畑にはこの先の斜面を下りていくのですが、ここでアスファルトの境目に足を取られて、「転ぶ!」と思った瞬間体制を整えようとした私は、足をねじってしまいました。でも転ばなかったので大丈夫、と思ったのです。少し足が痛いかな・・・と言う程度。

Photo_2 レモンイエローのコスモス、こんなにきれい。でもだんだん足が痛くなってきたような・・・

Photo_3 青空に映えるキバナコスモス。あーでもこの体制がちょっと足にこたえるかも・・・

結果、この日の夜は床に足をつけられないほど悪化。せっかく秋保温泉に宿を取ったのに温泉にも入れません。御年78の母に「大丈夫??」と支えられる始末でしたbearing

おとなしく転んだ方が良かったのか、転ばなかったのでこれくらいで済んだのか・・・でも不思議なことに足は全く腫れませんでした。どうなっているのか、私の足??

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »