フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 松島で美味 | トップページ | 今日の蔵王 »

2009年11月18日 (水)

松島の美

松島の続きは景色と芸術です。宿の窓外にひろがる絶景は実におもしろいものでした。(夜の鳥さんも面白かったですが。)Rise1

入り江の向こうから日が昇りはじめました。やや満ちてきた手前の浜には空が映し出されています。静かな朝でした。

Rise2 ところが日が昇ってくると入り江の向こうがざわつきはじめました。風が出てきたのです。まだ入り江の中は静かなので水鳥がたくさん避難してきました。ときおり林の上の方を吹き渡ってくる風が木の葉を飛ばすようになってきました。

Rise3 1枚前の入り江の写真で右側に見えている半島は宿泊者専用の遊歩道になっています。朝食後の散歩で訪れてみると、沢山の島があるにもかかわらず外海側は強風で荒れていました。

Rise4 建物のそばまで戻ってみると、美しく紅葉したモミジにたくさんの松の葉が突き刺さっていました。なかなか面白いです。

朝は沢山のお料理が出たのでまだオナカがいっぱい、ということでまたまた藤田喬平ガラス美術館(なんでも撮影可)へ。

Glas1 こんな明かりが家に一つあったらいいですね。

Glas2 ベニス風の銘々皿、吸い込まれるような美しい青です。

Glas3 花吹雪という名前の付いた飾り筺です。ガラスでこんな風合いが出せるなんて。何回見ても飽きません。結局母はここで自分用のおみやげ(7000円くらいのお皿)を買っていました。

お昼をだいぶ過ぎてしまったので炭火焼きで食べられる「かきの里」はすでに多くの人でいっぱい、「今日の受付は終了しました」ですと。そこで松島海岸駅に向かうと徐々に車が多くなり、母は「もう観光船には乗ったし、いいよー。」 結局メンドクサイという理由でライトアップも昼間の円通院も行くことができませんでした。 

新幹線の時間に間に合わなくなると困るのでそばにあった小さい食堂で焼きガキだけ食べ、そそくさと仙台へ戻りました。

土日にあんなに混んでいると思わなかった、見通し甘かったですね。でもゆっくりできたから良かったです。

« 松島で美味 | トップページ | 今日の蔵王 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

海は 刻々と表情を変えますね~!!

海は好きですが、ちょっと怖いんです (畏怖と言った方がいいかも)

それにしても 藤田恭平ガラスの美術館がいいです☆
いつか☆!と 思っていても行けてけないところの一つです。
《撮影可》てのが イイデスネ♪

今度 是非行ってみよう☆!!

ぱせりさん、ありがとうございます。
私も海を眺めているのはいいんですが、あんまり上には行きたくないナー。 こわいです、あまり泳げないし。

松島。よかったですね~~
綺麗な風景と美味しい食べものと・・・
入り江の風景画素敵です。
波立つ海がきらめいてみえますね。
ガラス舘。
何度か行っていますが、作品の
素晴らしさにため息ばかりで帰っています。
お茶所、今もありましたか?

ムーミンママさん、ありがとうございます。
おかげさまで海の風景は堪能させていただきました。ガラス館では途中できれいなガラスの器でお茶をいただき、売店横で陶器風のガラスカップで紅茶を飲みました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 松島で美味 | トップページ | 今日の蔵王 »