フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 調査始動 in 小国 | トップページ | アサ畑の見学in鹿沼 »

2010年5月 9日 (日)

小国5月3日

5月1日の下見で斜面に雪がなかったので、3日に花粉用のトラップなどの設置に行きました。3日は1日とうってかわって朝から暑くなりそうな気配です。道の駅いいでにはすでに半袖の人もいました。昨年の3日は道の駅の駐車場が満車だったのですが、今年は結構空いていました。クリ林にあった残雪はすっかりなくなり、厚さ20センチくらいあった雪の塊もすっかり溶けています。カタクリの花は満開をむかえていました。

Katakuri0 雪崩あとはまだ雪の塊です。

Katakuri1 調査対象区より一段川に降りた場所のカタクリ集団には白花が多く見られました。昨年よりかなり増えて10株以上ありました。

Katakuri3 Katakuri2中途半端な薄紫の花はほとんど無く、花弁は真っ白で葯が黄色で葉の斑も色が抜けています。やや低いレベルの対岸にも白花があり、上のレベルのクリ林には全く見られないので、ここで出た白子が散布されたのでしょうか。

杉林の縁にはミチノクエンゴサクが華奢な花をつけていました。Engosaku

川の中のヤナギの大木の枝折れです。今年は春遅く大雪があり、すでに芽が吹き出した木が折れている場面にしばしば出会いました。地主の方によると雪の重みもさることながら、風の通り道の大木や太い枝が折れているので、雪のあとの大風の影響が強いのであろう、とのことでした。Edaore これから緑が濃くなると昨年のナラガレや雪で倒された枯れ木が目立ち、痛々しい森を見なければなりません。

残雪を見ながら大汗をかいての作業でかなりへたばりました。

« 調査始動 in 小国 | トップページ | アサ畑の見学in鹿沼 »

植物」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
かたくり~~素晴らしい群生ですねえ~
こんなに見事だと、歩くのも大変そう~~

白いカタクリ~とっても優雅に見えますね。
毎年増えていくとよいですね~

小国~また、行ってみたいものです。

一面のカタクリですねえ。シロバナもあって。
標高フィールドにも春到来ですね。
忙しくなるでしょう。

sidu-hahaさん、ありがとうございます。
本当に歩くのが大変でした。地主さんは慣れているのでがしがし踏んで行くのですが、私は迷い迷い・・・でもだいぶつぶしちゃいました。
白カタクリは咲くのが遅かったみたいで、1日にまったく見つからず、「盗られたかと思った」そうです。でもこの時期は入る人はほとんどいないのでね。増えていくのでしょうが、花が確認できるのは7年かかるのでcoldsweats01

aoikesiさん、ありがとうございます。
春は植物が大忙しですね。標高ダンナは忙しそうですが、私はタリラリラーン♪です。

カタクリの花が夢のようで凄いですね。
色は白色もあるようですが、気温の差で高い場所で白は咲かないのですね。
どうもご苦労様です。

素晴らしいカタクリの群生ですね。
一度見てみたいですね。
今日もスマイル

こんばんは
自然の群生地だと思います。これだけあるのは素晴らしいですね~
白花も・・・
やはり山の中で見る野草は輝きが違いますね。
こちらが汗をかいて見に行くからかもしれませんが・・・
雪崩で木がやられて、またそこに陽が射すことで新しく発芽して・・・
森の世代交代ですね。
しばらく山から離れていますが、歩きたくなりました。

ふくちゃん、ありがとうございます。
ほんとうに、最初にみたときは夢ではないかしらと思いました。歩き回るのに、体重が羽のように軽ければ良かったのにと思いました。
白花は気温というよりは白子(アルビノ)がこの集団に発生したためと思われます。

kawazukiyoshiさん、ありがとうございます。
毎年すばらしいのでびっくりしてしまいます。
やや遠いですが素敵な場所です、機会があれば見にお出かけください。

shibataさん、ありがとうございます。
ここは小国の中でも山が深いところです。でもそれほど苦労しなくても、私のような足弱者でも見ることができます。
ナラガレにやられたのも、枝折れが多かったのも、老木や弱った木がほとんどだそうです。時間はかかりますが森がより強くなっていくようです。自然はすごいな、と思いました。

こんなカタクリの群生を、石川さんのところで
みたかったですね。
足の踏み場もないくらいの花たち・・・
白いのも綺麗ですね。これも
たくさん咲いているのでしょうか。
なら枯れ。
いつだったか、NHKで放送していましたが
深刻な問題だとか。
人間の力では、どうにもならない事なのでしょうかね。

新緑の季節は 素敵なんだろうな~
って 読み進めていたら・・・

※これから緑が濃くなると昨年のナラガレや雪で倒された枯れ木が目立ち、痛々しい森を見なければなりません

そうなんですか~  T~T> ・・・
余計目立つ…ってことなんでしょうね~・・・

それにしても 私なら・・・ヘトヘトで、置いていかれそうな感じ
標高480mさん がんばるな~ ^^/♪

ムーミンママさん、ありがとうございます。
今年は春になっても寒い日が続いたので花も咲いていいのか迷ったのではないでしょうか。花期が長い分、すべて一斉にというわけにいかなかったようです。
ナラガレは自然の力に任せるしかないでしょう。でもそれで森が再生されます。人間にとっては長いかもしれませんが森にとっては一瞬なのかも。

ぱせりさん、ありがとうございます。
森ではパッチ状にひろがったナラガレですが、自然の回復力に任せた方がいいでしょう。
あ、たいそう暑かったですが私は重いもの持ったりしませんのでそれほど疲れませんよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 調査始動 in 小国 | トップページ | アサ畑の見学in鹿沼 »