フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

花盛り・・でも寒い!!

久しぶりにご近所のYちゃんの家へ。我が家より標高が高いのでもっと寒い(オーバーだって?いいえ、本当に積雪量もかなり違うのですよ) でもさすがにYちゃんの庭も花盛りです。

Ytg1

手前のワインレッドはメギ、黄色はユーフォルビア(トウダイグサ属)、ピンクはレッドチャピオンかな。アイアンのオベリスクにはバラが絡んでいますが、春の寒さが続いたせいでつぼみが小さいこと。

Ytg2ハリナデシコ、 アガスタシェ・ゴールデン、フクロナデシコ、リシマキア・キリアタなどの寄せ植え、真ん中にはベロニカがそびえたっています。花ははるか上、黒い傘のあたりです。ベロニカは何年もかかってやっと咲いたそうで、淡いブルーで花びらが大きく華やか、私も初めて見る種類です。

この寒さでつるバラ類はつぼみもほとんど見えていない状態とか。あー、もうちょっと暖かくなって欲しいな。せめてストーブ焚かなくていいくらいに。

2010年5月30日 (日)

新居づくり

カッコウといい、モズといい、みんなざわざわしています。

結婚相手を探したり、縄張りを守ったり、新居作りのための材料集めをしたり、とにかく忙しい。

庭で話をしていたら、裏のススキ原になにやら忙しそうな鳥がやってきました。もちろんいいカメラを持っている標高ダンナに頼んで撮ってもらいました。

Mejiro1

Mejiro2

Mejiro3 メジロ君がせっせと巣の材料を運んでいます。

春だなぁ。どうやら近くに巣をかけているようです。

数年前はお向かいの家の玄関脇に植えてある笹藪の中に巣を作っていました。もしかしたらススキ原のはじにある笹藪に新居があるかもしれません。

2010年5月29日 (土)

オオルリ

七日原には結構いるらしいのですが、今まで目撃しなかったオオルリ、噂話をしながら歩いていたところやっとお会いすることが出来ました。目撃地点はハートランドのずーっと上の方、写真は標高ダンナです。

Ooruri1 ううっ、こうして見るとおもちゃを幹に貼り付けたような感じですが、本物なんですよーcoldsweats02 それにしてもえらく人工的な目の覚めるようなブルー!!

Ooruri2 ほら、違う枝にとまったでしょ!

Ooruri3 ね、ね、動いているでしょ。それにしても目立つブルー、激突死したカワセミくんより衝撃的でした。

2010年5月28日 (金)

根っこと豆と豆ごはん

このタイトルでなぜ考古学ネタ? ですね。

きっかけは後輩のSさんです。Sさんは古い時代から出土する有用植物に大変興味をもって研究しています。そのなかにユリ根などの根茎類や豆の仲間もあります。根茎や豆の種皮はやわらかいので生の状態で化石になることはまずありませんが、炭化した根茎や豆は過去の堆積物から比較的よく出土します。もちろん色はわからず、炭化しているために形も変わっています。そこで炭化させて形の変化を見たり、炭化しても形があまり変化しない部分を探して種類を特定しようとしています。

先日我が家に来たときは、Sさんが購入したり、我が家やご近所で掘らせてもらったいろいろな根茎を炭化させて形を観察しようと言うことになりました。

Tanka1 山菜バーベキューのようです。ノビル、アサツキ、それに根茎だけじゃなくてゼンマイ、ワラビ、コゴミまで!

上の写真の焼け具合で食べたら美味しいんですが・・・

Tanka2真っ黒、 もったいない気もしますねcoldsweats01 でもまだまだ、中まで炭化しなくてはかびたり腐ったりしてしまいます。

土器底部の焦げ付きや住居の炉跡からはこんな状態で出土するので。

次は豆です。今回は炭化実験は出来ませんでした。小豆の写真、左から三春町産アズキ、北海道産アズキ大納言、蔵王町産黒アズキ、Sさんからもらった群馬県嬬恋村産黒アズキ(ほんとうはヨゴレアズキというものらしい)大きさも色も結構違います。

Mame

Sさんが「黒小豆だと赤飯じゃなくなっちゃうんでしょうか?」という疑問を残して帰ったので、2日続けてアズキごはんにしてみました。

左が蔵王町黒アズキ、右は大納言、いずれも米の5分の1のアズキを使いました。方法はたぶん皆さんと同じだと思いますが、アズキを下ゆでした煮汁と、やや柔らかくなるまで煮たアズキ、塩を入れて電気炊飯器で炊きました。

Mamegohan 結果は、黒アズキはすごく色が濃い赤飯になりました。しかし、色の系統は両方ともアントシアニン系と思われるやや茶色がかった赤でした。つまり黒アズキは黒く見えているけれど、アントシアニンが多いために肉眼で黒に見えているらしい。これは古代米の黒米とおなじですね。

両方とも美味しかったです。happy01

2010年5月27日 (木)

きらきら 続編

またまた雨になってしまいましたね。昨日の七日原は日中でも12℃、ちょっと暖房が恋しい寒さです。霧は霧でしっとりした美しさがあるのですが、暖かいお日様が恋しいので、きらきら 続編。

Ajuga 塔のようにそびえ立つヨウシュキランソウ。

Sarasa サラサドウダンは飴細工のよう。

Montana クレマティス・モンタナも咲き始め、みんなお日様に手を伸ばしている。雨もいいけど、やっぱり青空が似合うね。

ネネ様にはモーニングティーが似合う??

Mtea

2010年5月26日 (水)

朝のキラキラ

Thyme

おはよう! 

まだ夢の中? 

寝ぼけて流れに落ちそうなクリーピングタイム

Oshibe

レンゲツツジの雄蕊の雫の中で眠っているのは誰?

Mfennel

ほら、早く起きなさいって

フェンネルの賑やかなこと

※朝まで雨が残ると思ったら、すっきりと青空になっていてびっくりしました。

雫が乾いてしまわないうちに沢山の写真を撮ることが出来て、

やはり早起きは三文の徳 ?  (徳と得、両方の説があるようですネ)

2010年5月25日 (火)

ひたすら霧と雨

よく降りますね。

雨がないと植物が育たない、

とはいえ、特に西日本はちょっと降りすぎではないですか??

珍しく2階の窓下に蜘蛛が巣をはりました。

なにもこんな雨の日に、こんなに雨が当たる場所に作らなくてもいいのに。

案の定昼にかけて強くなった雨に流されてしまいました。

H2O(エイチツーオー)の飾りもあわれ蜘蛛の家   (あっ、季語がない)

Suiteki 遠くに見える色はレンゲツツジです。写真を撮る前に雨で落ちないといいのですが。

霧の向こうは知らない世界??

気づいたらヤマツツジが満開になっていました。

Kiritsutsuji

2010年5月24日 (月)

本とお店の宣伝(+ネコ)

病気ネタで恐縮ですが、まずは本の宣伝。

がんブログ友が一部執筆された本が発売になりました。「がん患者が職を失うことは労働力の大きな損失」

Ganbook いまや日本の成人2人に1人ががんになると言われる時代、がんになっても76%の方が継続して働きたいと考えています。ですが継続に対しての不安はつきもの。この本は、就労という面からがん患者が社会で生き続けていくということを考えた本です。

もうひとつ、遠刈田温泉七日原の鞄工房「テルズコレクション」が宮城のローカル番組「オーバンデス!」にご出演されます。時間は夕方5時25分から、宮城の歌手が町を散策するコーナーで遠刈田温泉特集の中で取り上げられるとのことでした。現在のテルズコレクションの様子、花がいっぱい。

Tels05

Tels06いやー、きれいになりましたね。

お時間のある宮城県の方は「オーバンデス」をご覧になってみてください。

宣伝と一切関係ありませんが、我が家のネネ様です。

Nekoq  がん友ブログに「猫文字」というコーナーがあって、いろいろなお姿の猫写真から文字を想像する例が載っていました。

本日のネネ様のお姿、英語の大文字「Q」です!! ね、見えませんか??

2010年5月22日 (土)

ラジウム湯治13回目

めずらしく画像なしです。ブログ開始以来初めてかもしれません。

慌ただしく三春へ湯治に行ってきました。

先月もお会いしたKさんやブログ友など、おなじみさんも多かったです。

みな治療中であったり、治療後でも私のように再発転移の可能性が高く不安を抱えている方々ばかり。治療方法がなく、病院を渡り歩く人を「がん難民」と呼びますが、こうした不安を抱えて民間治療を渡り歩く私たちもある意味「難民」かもしれません。

三春のラジウム岩盤浴は効果が高いと評判ですが、お風呂も岩盤もとにかく暑い!! 秋から春はまだいいとして、夏は倒れそうですcoldsweats02 ブログ友曰く、こんなに根性入れて暑くしなくてもいいんじゃないか、と。はい、私もそう思います。どうやら夏の暑さ対策に新天地を探索しているようで、いい温泉があったら私も便乗しようかと思います。bleah

来週月曜日からは、「友の入院応援企画、とにかく毎日更新するぞ、退屈しのぎに毎日見てねheart04」を実施しますwink (2週間の予定)

宣言しておかないと、なかなか実行できないですからね。

2010年5月17日 (月)

雪、そして蔵王ヒルクライム

金曜日の朝に見えた蔵王屏風岳が新雪の色だったため、標高480mダンナも興味津々のようでした。15日土曜日に、郵便局に行くついでに上を見てくるか、ということに・・・

さすがにほとんどの雪は溶けていましたが、刈田峠に近づくにつれ道路脇には除雪された真っ白の雪がありました。ヒルクライムの練習をしている方や車でコースの下見をしている方も多かったです。峠に着くと昼なのに気温は4℃、寒い!!

まだ木の上にも雪が積もっているなぁ・・・

Kattayuki ん??なにか様子がちがう??

そうです、単に積もっているのではなく、5月中旬にして「えびのしっぽ」すなわち「樹氷のもと」が出来ているのでした!!coldsweats02

Ebishippo 「えびのしっぽ」は水分を含んだ過冷却水が固形物に衝突して瞬時に結晶化し貼り付いていきます。そのため風がくる方向に向かって一方向に伸びていきます。水曜日の積雪は群馬で20センチくらい、ところが蔵王は2センチで、ずいぶん少ないなぁと思っていたのですが、峠付近の風が強かったために積雪ではなく「樹氷のタマゴ」が出来ていたんですね、びっくり。

さすがにもう気温が高いので、見ているそばからざざっと音を立てて落ちている最中でした。

翌16日、好天に恵まれ、7時半に予定通り蔵王ヒルクライムがスタートしました。

Hc1 息子は試験準備のため参加できませんでしたが、息子の自転車仲間がビギナークラスに出るので懸命に探しました。自分の前を通過してからやっとウェアの模様で確認、もちろん写真は間に合わずcoldsweats01 昨年の裏磐梯ヒルクライムでも自分の息子ですら通り過ぎてからやっとわかったのでしょうがないですね。スタートに並んだときに手を振ってもらえばよかった。

仙台でも見かけなかった宮城県のキャラクター「むすび丸」発見! 

Musubi 

2010年5月15日 (土)

蔵王山は雪

連休から1週間、5月の中旬だというのに寒い日が続いていますね。さすがに山麓には飛んできませんが、蔵王の上は積雪し、エコーラインは2日続けて通行止め、我が家からみえる屏風岳も白さが増してしまいました。

Zao100514 左下のピンクは植えられている八重桜(普賢象かな)。

この写真を宮城県のTBC「ウォッチン宮城」という朝の情報番組に投稿しましたら、局の尾崎気象予報士からお礼のメールが届きました。おそらく30~40人は投稿されているのではないかと思いますが、一人一人に返信されるとはcoldsweats02ご苦労様です。

さて、寒いとはいえ連休過ぎには我が家の庭も次々と開花宣言です。

うれしかったのは、カナダケシのサンギナリア・カナデンシス、昨年までは1つしか花が咲いていなかったのですが、今年は株が増えて花を5つつけました。

Capa1 冬の間はサクラの木の下にほったらかしにしておいただけなのです。

花びらが真っ白なので、トビましたね(^_^; 。

Capa2 なんだかタケニグサみたいな葉っぱです。

お向かいのおじいちゃまに分けていただいたシラネアオイも増えてきました。

Shaom

白花のシラネアオイも。

Shaoiw

こちらはヒメイチゲの八重。昨年株分けしたのでまだ花は少ないです。

Hichige

鉢のなかに見事に牧草が育っていますcoldsweats01

でも「テルズコレクション」の奥様やご近所のYちゃんご協力の下、雑草取っては分けてもらった苗を植えているおかげで、だんだん牧草が減って庭らしくなってきました。

2010年5月11日 (火)

アサ畑の見学in鹿沼

5月10日は歴博の研究会メンバーとともに、鹿沼でアサ栽培をされている大森さんの畑を見学させていただきました。栃木で栽培されているアサは野州麻と呼ばれています。品種改良によって無毒化した「とちぎしろ」というアサを栽培しているので鍵付きの柵などで囲ったり隠したりする必要が無く、敷地内のパン工房には地元の小学生が栽培や刈り取り体験している写真が飾られています。

Asa1 私は種まきのときはこられなかったのですが、苗が20センチくらいに伸びたところでおこなう「中耕作業」を体験させてもらいました。畑を後ずさりしながら最初に細い溝、そのあとに太い溝をつくっていきます。

上から見た苗です。中心が柔らかい緑でやさしげです。

Asa2

Asa3 これは昨年刈り取って、煮たあと乾燥させてあるアサの茎です。

Asa4 こちらは挽き終わったアサの繊維です。販売用に束ねてあります。

アサの繊維で柔道用の畳をつくっていらっしゃる方が、玉を使って古代風のアクセサリーをつくってきていました。見せていただくと、身につけてもいいということでしたが、年齢からすると「ムラの年長祈祷師」といったところでしょうか? 前身頃の飾りだけでなく、出土品風に後ろにも飾りがぶら下がっています。後ろにあることによって前後の重さのバランスがとれて思ったよりつけやすい首飾りでした。

Asa5 ちょうどアサ製の上着を着ていましたので、ずいぶんしっくりきます。

午後は場所をおかりして、歴博の方が持っていらした土器によるアサの調理実験でした。(無毒ではありますが、アサの栽培は許可農家制で、しかも葉、花、タネは移動禁止です)

Asa6

アサのタネは煮込むと意外にとても美味しかったです。

大森さんの野州麻紙工房の同じ敷地内にはパン工房とカフェがあり、カフェには麻縄、麻紐や麻でつくった紙とそれを使った工芸品が売られていました。

今年度は刈り取り、タネの採取など、何度か見学にくる予定です。

2010年5月 9日 (日)

小国5月3日

5月1日の下見で斜面に雪がなかったので、3日に花粉用のトラップなどの設置に行きました。3日は1日とうってかわって朝から暑くなりそうな気配です。道の駅いいでにはすでに半袖の人もいました。昨年の3日は道の駅の駐車場が満車だったのですが、今年は結構空いていました。クリ林にあった残雪はすっかりなくなり、厚さ20センチくらいあった雪の塊もすっかり溶けています。カタクリの花は満開をむかえていました。

Katakuri0 雪崩あとはまだ雪の塊です。

Katakuri1 調査対象区より一段川に降りた場所のカタクリ集団には白花が多く見られました。昨年よりかなり増えて10株以上ありました。

Katakuri3 Katakuri2中途半端な薄紫の花はほとんど無く、花弁は真っ白で葯が黄色で葉の斑も色が抜けています。やや低いレベルの対岸にも白花があり、上のレベルのクリ林には全く見られないので、ここで出た白子が散布されたのでしょうか。

杉林の縁にはミチノクエンゴサクが華奢な花をつけていました。Engosaku

川の中のヤナギの大木の枝折れです。今年は春遅く大雪があり、すでに芽が吹き出した木が折れている場面にしばしば出会いました。地主の方によると雪の重みもさることながら、風の通り道の大木や太い枝が折れているので、雪のあとの大風の影響が強いのであろう、とのことでした。Edaore これから緑が濃くなると昨年のナラガレや雪で倒された枯れ木が目立ち、痛々しい森を見なければなりません。

残雪を見ながら大汗をかいての作業でかなりへたばりました。

2010年5月 5日 (水)

調査始動 in 小国

山形県小国町のクリ林調査始動! といっても私のはまだです。今回はダンナの手伝い。(というより早春の花を見たくてしょうがないのでしたcoldsweats01)

今年は春になってからの降雪回数が多く、なかなか設置の時期が決定できませんでした。地元の方も山にどれくらい雪が残っているかわからないようでした。5月1日、そろそろ大丈夫だろうということで、とりあえず花粉用のトラップなどの機材を持って行きました。

クリ林の林床にはまだ雪が部分的に残っていました。さすが豪雪地帯です。Og5011 川の反対側の斜面には雪崩でできた雪の塊がいくつもあります。

Og5012去年カタクリの群生を見た川岸はまだ雪に覆われています。

Og5013 でも雪の手前にはイワウチワの群生が。

Og5014 可愛い~、また会えたね。happy01

Og5015 キクザキイチゲ。これは葉っぱがやけに紫色。

Og5016 すごい! 絵の具のようなブルー。

Og5017 大きい花です。スミレサイシンかな。新潟ではトロロスミレと呼んで、これの根っこをとろろ芋のように擦って食べます。

この日は杭だけ打って、設置はおわらなかったため、2日目に続きます。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »