フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« バロックコンサート | トップページ | 小国7月1日 »

2010年6月30日 (水)

八戸

火曜日は仕事で八戸でした。

Iwatesan

早朝出発し岩手に入ると雲が切れて日が覗くこともしばしば。岩手山は少しぼーっとしていましたが、残雪も見えました。2000mあるのですが雪は蔵王より少ないですね。日照時間の関係か、地質の関係で(黒い溶岩が多く露出しているから?)?

八戸は「是川縄文館」の建物ができあがっていました。来年オープンだそうです。立派な漆器や面白い土器が沢山あるので展示には事欠かないでしょう。重文だけでも633点もあるのです。開館したら是非見に来ます。

Jomonkan

運動不足なので帰りに折爪パーキングに寄って散歩をしました。Shirakaba

シラカバにベンチ、おしゃれで「軽井沢です」と言ってもわかりませんね。私は作業着だったので記念写真などは撮れたものではありませんでしたが。

Pp

こちらはコロラドトウヒの「プンゲンス」

我が家のは枝がスカスカなのに、ここはすごくきれいにまとまっています。うちのはどこが悪いんだろう?? ・・・けれど、中には枝がスカスカの木が2本ありました。別に風当たりも強くなさそうなので個体差なのかな?

« バロックコンサート | トップページ | 小国7月1日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~(*^_^*)
建物~できたのですね~
昨年行った時は、建築中だったと思います。
思い出多き是川です。

sidu-hahaさん、ありがとうございます。
昨年行かれたのですね。私は一昨年、標高ダンナが講演するのにくっついていったきりでした。

こんばんは
八戸も岩手山もなつかしい所です。
古い火山の西岩手山に新しく東岩手山がのっかってまさに地球は生きている・・・ですね。
雪解けも早いのでしょう。
もう一月もしないでコマクサやシラネアオイがいっぱい咲きますね。
火山性砂礫の中を登りました。
好きな山なのです。
ずいぶんと走りましたね。

岩手山は風当たりが強いので雪渓が少ないのでは?
だから早く解けるのだと。
「是川縄文館」ですか。
標高さんのテリトリーが広がりますね。

shibataさん、ありがとうございます。
じつにいろいろな山を登っておられるのですね。
岩手山も時々火山活動があって登山規制がある、いわば生きている山ですね。私はまだ登ったことがないのです。上の方は砂礫で登りにくいでしょうか?
見ている分にはとてもきれいな山ですね。 

aoikesiさん、ありがとうございます。
なるほど、気象データを見てみたら岩手山麓の方が若干風が強いのですね。さらにみると、雪が溶け始める5月頃から岩手の方が蔵王よりも日照時間が多くなっていました。このダブルパンチ、効くかもしれませんね。
是川は今までも建物はあったのですが、重要かつふんだんな遺物に対してずいぶん小さすぎる感がありました。(もちろん市の中心部に博物館はあるのですが)
やっと重文に見合った建物になりました。

コロラドトウヒ。
まるでクリスマスツリーみたいですね。
またひとつ、標高さんの心を掴みそうな
建物が出来ましたね。
どんなところか、行ったらUPしてくださいね。

 こんばんは☆

縄文館ですかー 青森といったら 縄文の遺跡ってイメージありますもんねー♪
ワタシも行きたいけれど ちょっと遠いなー。

レポ 待ってます☆!

ムーミンママさん、ありがとうございます。
コロラドトウヒは新葉が白緑色なので明るい感じがしてとてもきれいです。大きいのでクリスマスの飾り付けをしたら大変そうです。
縄文館のオープンは来年なので是非行きたいです。

ぱせりさん、ありがとうございます。
青森は遺跡の名所が沢山あるのですが、普通の方にはちょっと遠いですよね。訪ねたらレポートをアップしますね。

この一番下の樹の元にあるベンチみたいのは、背中をグィ~ンと伸ばすような椅子ですか?

賀茂川にもあって散歩に行く度に、僕もやってみたいのですが、いつも誰かが独占していて・・・
隙あらばとねらっているのですが。
気が弱くて。。

龍人日記さん、ありがとうございます。
おおっ、そういう活用椅子だったのですね!!
そういえば後ろにぐいーんと曲がっています。長時間運転に疲れた人が背中伸ばしに使えますね。ただし東北自動車道は、特に平日は大変空いていて、このベンチに座っている人をまだ見たことがありません

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バロックコンサート | トップページ | 小国7月1日 »