フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 新潟県新発田市・市島邸 | トップページ | またまたお釜に♪ »

2010年6月24日 (木)

八甲田山、火山性ガスによる事故

Oodake

八甲田大岳を望む。(画像は2001年)

また八甲田山で火山性ガスによる事故が起きてしまいました。八甲田山は比較的安全と思われがちですが、酸ヶ湯の周辺には結構噴気が出ている場所が沢山あります。

Manju 東北大実験所近くの噴気孔群。ただしほとんどが水蒸気。

酸ヶ湯からの登山道はすべて閉鎖となりました。しかし、距離的には酸ヶ湯からわずか1キロ、私もふだんお散歩コースにしていた場所でした。

Funki 酸ヶ湯近くの登山道入り口。微量に出ている亜硫酸ガスや硫黄のため植物がほとんどはえていない場所がある。

私のいる蔵王だってヒトゴトではありません。現に昔通い詰めていた群馬県草津温泉では、今まで見られなかった場所(メイン道路のすぐ脇)にあらたに大きな噴気孔が出現した例もあります。地球は生きて常に変動しています。

ところで、1ヶ月後に大学の実習指導で八甲田実験所に宿泊することになっています。はたしてどうなるのか???

« 新潟県新発田市・市島邸 | トップページ | またまたお釜に♪ »

自然」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
お気の毒でしたね~あんな若い子が~

八甲田は東北の人たちにとって、身近な所ですが~
やはりそういう点では、自然は常に侮れないですね。

sidu-hahaさん、ありがとうございます。
八甲田を始め、東北の山々は雪が消えると山菜採りの方がたくさん入っていますね。私も歩き回っているとそこが窪地かどうかわからなくなるので、危ないなと思いました。
今回は亡くなられたのがお子さんだったのでなお可哀想でした。

おはようございます。
「地球は生きている」・・・・いい言葉です。
そして、私たち人間はほんのひとときそこに生かされている。
おごらず、なかよく暮らしていかなくては・・・

酸ケ湯からみた大岳でしょうか?
友人の案内で大岳に登りました。ガスのため全体像が見られませんでした。
群馬草津では昔、高崎女子高校のハイキングで事故がおこり、数名亡くなりました。
安達太良でも事故がありましたね。
常に心して自然と対話して山へ入らないとなりません。

火山性の山は、いつ怒り出すか
分からないので怖いですね。
今回の事故、本当に残念です。
もっと早く手を打っていれば
もしかしたら防げたかもしれませんね。
蔵王だって休火山ですよね?

お気の毒な事故でしたね。
火山性の毒ガス発生は時々ありますね。
蔵王ではカモシカ温泉に噴気孔がありますが、ロバの耳コースは閉鎖されているので心配ないと思うけど、油断は出来ませんね。

shibataさん、ありがとうございます。
酸ヶ湯からはすこし見えずらかったので、これは城ヶ倉渓谷付近から撮りました。
私も霧の中、谷地温泉から毛無岱方面にのぼり、迷いそうになったことがあります。ほかにも迷いそうだったことが何度か・・・侮ってはいけませんね。

ムーミンママさん、ありがとうございます。
道からはずれてはいけない場所は沢山あるかと思いますが、噴気孔があるような山はそれなりの対策をしないといけないかもしれませんね。でも山菜採りだと、キケンだとわかっていても道からそれているようです。
道からはずれて歩き回る場合は、やはり自己責任だと私は考えています。一時期ヤブコギ登山なるものも流行りましたが、火山性ガスという意味でも危険が多いかもしれないですね。GPSのほかにガス検知器なども常備しないとだめかも。

aoikesiさん、ありがとうございます。
お子さんはとてもお気の毒でした。すくなくとも登山道については安全と思い込んでいる方が多いようですが、管理や整備されていない道も多いですからね。今回通行禁止になった八甲田山の登山道については一応管理されているようですが、通行禁止になっていない登山道は安全というわけではなく、登山者が勝手に歩いてできあがった道だそうで県も対応しかねているとのこと、私も今回初めて知りました。
カモシカ温泉の斜面の噴気は時々コマクサ平からも見えますね。風向の関係か、今日は刈田峰神社のところでも時々硫黄の匂いがしていました。

自然に囲まれていながらも・・・

火山ガスの出る山と 言われたら・・・
≪登山道は大丈夫だろ≫と ワタシも思います。
最近は 山のぼり? ハイキングが流行してるし、

何か “コレだけは!”って 対策とか知ってるといいんですが…

火山性ガスと言っても此方では縁が無いので分かりませんが、臭いが無いのでしょうか、怖いですね。

ぱせりさん、ありがとうございます。
今回の八甲田山は登山道からそれたために起きた事故ですが、安達太良と草津白根は、火山ガスの警告標識がありますがいずれも整備された登山道でした。風がないときには通行しない、あるいは別ルートをとるしかないでしょう。

ふくちゃん、ありがとうございます。
九州は激しく噴火する山が多いのでもともとあまりそういった地域に立ち入らないようになっているかもしれませんね。大分などは多そうですが。
匂いのするものもありますが、全く匂いがない場合も多いので(二酸化炭素など)・・・それに窪地にたまっているので、ふらっと倒れてしまうと地面近くでは濃度が濃く、よけいに被害が出るようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新潟県新発田市・市島邸 | トップページ | またまたお釜に♪ »