フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 桃岩散策 | トップページ | 礼文島つづき »

2010年7月22日 (木)

礼文島高山植物培養センター

礼文島の名物のひとつは「レブンアツモリソウ」というラン科の花なのですが、自生地では6月中下旬しか咲いていません。数年前からこの植物はほかのアツモリソウやクマガイソウなどと同じく細胞培養が出来るようになりました。さらに培養されたレブンアツモリソウの鉢植えは温度を管理することによって開花期をずらすのに成功し、培養センターで時季外れのレブンアツモリソウを鑑賞することが出来るようになりました。自生地は盗掘で株数が激減していたのですが、柵をもうけ24時間監視体制をつくり、培養のおかげで株数も増加しているそうです。

高山植物培養センターの観覧用入り口

Kosan1

レブンアツモリソウ (Cypripedium marcanthum var. rebunense) はアツモリソウの仲間では珍しい淡いクリーム色の清楚な花です。温度管理された各段階の鉢を見せていただきました。

Atsu2

Atsu3お餅が膨らんでいるみたいwink

Atsu 開花期になった株は見本園に植え付けられて皆さんが鑑賞します。

最近の研究では、自生地に存在する菌と共生して生育していることがわかり、他の土地にはこの菌が存在しないので、持ち帰っても増えずにいずれ消滅してしまう場合がほとんどとのことでした。

高山植物培養センターにはほかにも礼文島に生育している様々な種類が保存されています。

↓シラゲキクバクワガタ (Veronica schmidtiana subsp. schmidtiana f. candida) ゴマノハグサ科でオオイヌノフグリなどの仲間、果実はオオイヌノフグリそっくりです。

Kuwagata

↓チシママンテマ (Silene repens var. latifolia) 日本では礼文島だけに生育しています。

Mantema

↓チョウノスケソウ (Dryas octopetala var. asiatica) ツンドラ地帯に生育するバラ科の低木です。日本では南アルプス以北の高山や利尻礼文に生育しています。ただし礼文島では2度の山火事により、自生株はほとんど残っていないとのことでした。

もう果実、それも綿毛がだいぶ痩せていました。地質学では有名な植物で、その時期のヨーロッパでこの植物の花粉が沢山出てきたため時代区分の名に使われました(ヤンガードリアス)。

Chonosuke

↓ハイキンポウゲ(Ranunculus repens) これも可愛い。

Haikin 

このあとは礼文島の北部へ。

« 桃岩散策 | トップページ | 礼文島つづき »

植物」カテゴリの記事

コメント

 えええっつ???

高山植物の 盗掘???
 そーゆーのもあるんですねー・・・
山を好きで 来るんでしょうに・・・
悲しいなー。

それとも 商用にするために わざわざ・・・?

それにしても 高山植物って 面白い名前がつけられているんですねー♪ 

おはようございます。
毎日、暑いですが標高さんのところに
来ると、しばし暑さもわすれます。
アツモリソウ、以前我が家にもありましたよ。
義父がとっても大事に育てていました。
主がいなくなったら、どこに行ったのか
見えなくなりました。クマガイソウは今
絶滅危惧といわれているようですね。
義父はいったい、どこから持ってきたのか
私には謎ですが、クマガイソウと言う言葉も
盛んに聞いたような。。。

レブンアツモリソウはこうして監視しないと絶滅してしまうのですねえ。中国の四川省で6年前に見てきたけど(厳密にはちがうのかもしれないけど)、いまでも咲いているのかしら。心配です。
他の花もこういう場所でしか見られなくなりつつあるのですね。
寂しいですねえ。

ぱせりさん、ありがとうございます。
持って帰っても育たないのにね。
沢山撮っていくのは商売もあるでしょう。蔵王にも時々不届きな奴らがいます。
名前は面白いですね。
マンテマとか、エゾニュウとか。
ニュウの意味は不明だそうです。

ムーミンママさん、ありがとうございます。
昔は園芸屋が山から捕ってきたようです。
法規制もほとんどありませんでしたから。
盗掘もさることながら、生育できる環境がどんどん減っていることは確かですね。
今売っているのは細胞培養が多いです。

aoikesiさん、ありがとうございます。
中国にも似たような種類が沢山ありますね。群落が隔離されている植物はおのおののグループで独自に進化していることが多いですね。礼文島は島嶼隔離の例ですね。ギアナ高地も山ごとに少しずつ植物の形態に違いがありました。

礼文島は山火事で群落が露出したことによって、より目立って採集の対象にされてしまったようです。増えてきているらしいのでちょっと安心しました。

何処の県でも貴重な植物の盗掘は跡を絶ちませんねweep
個人でも駄目なのに、それを商売で高価に売買してる奴がいるそうで許せないですね。
珍しい植物を今日も見せて頂き有難う御座いますhappy01

礼文アツモリソウは、とても気品がありますものねえ~
盗掘には困ったものですね。
それにしても24時間体制で監視は大変なことですね。
どうしてこう我が国民はどこへ行っても同じことをしているのでしょうね。

それにしても~~すてきな花がたくさんありますねえ~
こうして拝見できて~うれしいですね。
御報告~~ありがとうございます。

ふくちゃん、ありがとうございます。
私も業者と思われる、物色している人物を千葉の清澄山と蔵王で目撃したことがあります。だいたいそういう人は目をそらしたり、ヤブにすっと入ってしまったりしてミエミエですね。

sidu-hahaさん、ありがとうございます。
本当に困りものですね。
でもつい最近までは保護されていなかったので、希少植物に対する対策も問題ですね。
また、保護だけしても環境が変わって消滅してしまうので、積極的に増やすなどの対策は必要かもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桃岩散策 | トップページ | 礼文島つづき »