フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 礼文林道の花(2) | トップページ | 礼文島高山植物培養センター »

2010年7月21日 (水)

桃岩散策

朝5時半から、桃岩というところまで散策ツアーがありました。希望者のみですが、もちろん全員参加です。こちらは林がなく最初から見晴らしのいい草原が続きます。向こうに見えるのが桃岩、おしりが尖った中国の桃にみえるでしょう?

Momoiwa礼文島は利尻島と比較するとこのような草原が多く森林が少ないのですが、これは明治時代に2度の大きな山火事があったためです。もっと暖かい地域であればすぐに森林が回復してくるのですが、寒く風も強いためなかなか森林が回復しないのです。(と、説明はここまででしたが、寒い地域のため暖房に利用する薪も半端じゃなかったことを考えると、伐採量も多かったのではないでしょうか。わずか十数キロしか離れていないのに礼文島は利尻島に比べて気温が3,4度低いのです。普段は風も強いそうですし、キビシイなぁ。)

現在は風の弱い場所にエゾマツ、トドマツの植林をすすめているとのことでした。

足をすすめていくと、エゾイブキトラノオエゾノヨロイグサ花畑

Bistorta や、レブンシオガマエゾノヨロイグサ花畑

Shio 早朝は雲と霧でやや色が暗いですが、晴れていたらきれいでしょうね。

道ばたにはミヤマキンポウゲ (Ranunculus acris var. nipponicus)

Kinpo

すぐ脇にオオダイコンソウ (Geum aleppicum )

Daikon

エゾムカシヨモギ( Erigeron acer)タカネナデシコ(Dianthus superbus var. speciosus) も咲いています。

Erigeron

ブルーの花はミソガワソウ (Nepeta subsessilis )

Miso

花期が終わってしまったと思っていたレブンソウ (Oxytropis megalantha) が咲いていました。2度目の開花だそうです。ラッキーでした。

Rebunsou

ほかにも終わったと思ったミヤマオダマキを1輪だけ見つけました。

朝ご飯を食べたら高山植物園に出発です。レブンアツモリソウは見られるでしょうか?

« 礼文林道の花(2) | トップページ | 礼文島高山植物培養センター »

植物」カテゴリの記事

コメント

木の無い山なんて素晴らしいな~
そんなのを見てみたいです。
たくさんの野草が咲いて、このまま
植物図鑑としてとっておけそうです。
写真だと、大きさが分かりませんが
きっと、踏まれてしまいそうな花も
あるのでしょうね。

涼しげな写真が続きます。
こちらは、朝、7時にもう30℃を越えています。
暑くて、出勤拒否オッさんになりそうです。
こういう植物は学者様の権限で、少し持って帰ったりするんですか?写真だけですか?(=^エ^=)
桃岩は、中国の桃と言うよりは・・・

ムーミンママさん、ありがとうございます。
観光資源としては別名「花の浮島」になったので良かったのでしょう。けれど沢山の木がいまだ失われたままなのは可哀想です。
歩く歩道も生育適地なので、花が終わった植物は踏まれていそうですね。

龍人日記さん、ありがとうございます。
涼しいと言うよりは寒いかな、早朝は長袖にレインウエアで歩いても暑くありませんでした。
あわわ、天然記念物ですよ、手を出しただけで人が飛んできますcoldsweats02。今回は観光なのでね。
そのかわり次回紹介する高山植物培養センターで増殖させていて、ほかでも育つ植物は苗や種を販売しています。私も少し買ってきました。
桃岩は、別名ありますよwinkたぶんご想像の名前だと思います。

おはようございます。
素晴らしいですねえ~~
見たことのない花ばかり~~です。

下のエゾニュウ~^
よく理解できました。
こちらのは、また違うのですね。
エゾニュウに似た花が山へ行くと咲いていますが~
どんな風に違うのかな~とずっと思っていました。
すごくよく理解できました。(*^_^*)

それにしても、ほとんどの花が、エゾと付きますね。
礼文島~~魅力満載ですね。

今日の桃岩も~~イメージ通りの山ですね。

やっぱり、住むにはかなり厳しい所なのでしょうねえ~
昔、釧路の山奥で住んだことがありますが、
真冬はマイナス25度にまでなって~~とっても寒かったですが、
それ以上の気温なのでしょうね~~
自然は厳しいですね。ほんとに!!

秋田(でしたっけ? )の   寒風山みたい!

涼しそうでいいなー♪
山火事のせいで こーゆー景観になったですかー
自然って面白いですねー

出来ればいますぐ 行ってみたい☆ 
   『どこでもドアー!!』

礼文島は聞きしに勝る御花畑ですね。
行きたい行きたいとおもいながら、毎年青いけしに出かけていってるので・・・。
気持ちの中で夫に頭を下げています。
足がおとろえる前に利尻島に登りたい!

厳しく長い冬の北海道。
わずかな期間の夏を謳歌している花たち
そんな感じがよく分かります。
北の海のものすごく青く美しかったことを思い出しています。
今日もスマイル

sidu-hahaさん、ありがとうございます。
我が家付近にもエゾニュウに似たのがいますが、ここまで太くなりませんね。シシウドかミヤマシシウドなんですが、区別が難しいです。
釧路ですか!! それは寒そうですcoldsweats02。礼文はそれほど寒くはならないのですが、とにかく風が強いらしいです。4,5日船が止まることもよくあるとか。

ぱせりさん、ありがとうございます。
寒風山は行ったことがないのですが、このように見晴らしがよいのですね。
どこでもドア、あったらいいですね。毎週どこかに出かけてしまうでしょう。

aoikesiさん、ありがとうございます。
花見ニストだったら一度は訪れたい場所ですね。一度訪れると二度、三度と行きたくなるのがわかります。
利尻富士は上り6時間下り4時間かかるそうです。上は避難小屋しかなし。私は無理かなーweep

kawazukiyoshiさん、ありがとうございます。
本当に、北国は一気に花が咲き競うのできれいなのですね。
海は深い深い色でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 礼文林道の花(2) | トップページ | 礼文島高山植物培養センター »