フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 礼文島つづき | トップページ | 八甲田山に来ています »

2010年7月24日 (土)

利尻島!!

午後は連絡フェリーで利尻島へ渡りました。進むにつれて利尻富士の山頂も姿を現してくれて、みんなの気分も絶好調です。港付近を散策すると、そこには園芸屋が!! 早速種を見に行くと、結構すでに持っている種がありましたが、唯一持っていなかったリシリヒナゲシの種を購入しました。ここにもリシリヒナゲシが植えてありましたが、もちろん自生地は遙か山の上、とうてい到達できそうにないのでここで写真を・・・

リシリヒナゲシ(Papaver fauriei ) 淡いクリーム色でナント清楚なことでしょう。

Rishipoppy

利尻岳にはまだ雪が残っています。寒いでしょうねぇbearing

Rfuji2

島の南東部にある沼浦湿原のオタトマリ沼散策では、我が家付近にも沢山あるオオウバユリ (Cardiocrinum cordatum var. glehnii ) が見事。

Uba

そしてオタトマリ沼にはネムロコウホネ(Nuphar pumilum) のつぼみが・・・惜しいですね、もう少しで咲きます。 写真は標高ダンナ。

Nuphar

翌朝は5時半から島の北東部にある姫沼の散策です。

礼文と同様ガイドの方がお話をしながら案内してくれました。

Gera

このあたりはクマゲラが多く、木の幹に縦に長い大きな穴をあける、と言う説明です。ぬいぐるみのクマゲラが皆さんに受けていました。

Geraana 空けられた木です。もうぼろぼろで枯れています。なぜか同じ木に沢山。

散策路にはクルマユリ (Lilium medeoloides) が自生してちょうど花盛りできれいです。

Kurumayuri

ところが、この頃からカメラの露出がおかしくなり、植物の写真がしらっちゃけてしまいました。あーーん、エゾスズランやエゾイチヤクソウなど沢山あったのに weep 保険でコンデジでも撮りましたが、やはり植物写真はコンデシではいまいちでした。

礼文島できれいな花をおなかいっぱい味わってきたので、利尻では皆さんの感動も今ひとつ。ゴメンネ、ガイドさん、決して利尻がつまらないわけではないのよ。

最後に、姫沼に映る利尻岳です。

Rfuji4

ガイドさんいわく、利尻岳が奇跡的に晴れて山頂までみえるのもスゴイし、風が無くて湖面が鏡のようになっているのも珍しいそうです。ちなみに、もう少し朝の遅い時間だと、えさを食べ終わったカモメたちが体を洗いに大挙してやってきて水浴びするので、水面はぐちゃぐちゃとのことでした。早起きは三文の得ですね。

最終日は植物観察は早朝のみ、今回の旅は天候に恵まれ満足満足happy01

利尻は利尻岳に登ってこそ醍醐味があるでしょう。やはり今後の目標は、トレーニングして登山ですか。

« 礼文島つづき | トップページ | 八甲田山に来ています »

植物」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
早起きは三文の得!・・・いつもそう思っています。特に山では・・・
姫沼に写った利尻、最高です!
山頂が見えない日に登りました、こんな風景だったのですね。
(見えたら気持ちがなえてしまって山頂へは行けなかったかも・・・八合目からザラザラの登山道で「三歩登って二歩下がる」状態なのです。)
「晴れたら登る」と余裕のお姉様隊がいらっしゃいました。
そんな余裕を持って登られたらよろしいかと・・・

綺麗に利尻岳が湖面に写っていますねー。
静かなんでしょうねー。
今我が家は蛙の合唱ばかりで、騒々しくて仕方がありません。
月が出ているのですが
ちょっとうるさすぎます。
ふっふふ
今日もスマイル

shibataさん、ありがとうございます。
あー、わかります。山頂が見えているのに、のぼれどのぼれど到達せずcoldsweats02
ガレ場はパスして8合目を目標に行きましょうか。
晴れたら・・・蔵王であれば家で待っていればいいのですが、利尻ではね・・・
ガイドのお兄さんの話では天候が荒れて4,5日船が止まることも珍しくないとか。

kawazukiyoshiさん、ありがとうございます。
そういえばすごく静かでした。カエルはいないんでしょうね、きっと。まだ寒すぎるのかも。
夜のカエルの合唱はパスしたいですね。
数年前、池がある宿に泊まったときに、合唱がすごくて標高ダンナが寝られなかったとブツブツ言ってました。

リシリヒナゲシ ?
なんでしょう? あの透明感。
妖精の羽のよーです ♪ ステキ♪

33~35度のコチラとは 別世界ですねー☆


利尻ヒナゲシの種を売っているのですか!
びっくり!!!
雲がかかった利尻岳がすてき、湖面にうつった利尻岳も。
花の写真は残念でしたね。

こんにちは~(*^_^*)
最後の写真~~素晴らしいですねえ~
そして~初めのヒナゲシ~なんて、優しいのでしょうね。
礼文~利尻~~素晴らしいですね~

今回の旅はきっと
神様のご褒美ですね。
何もかもが、滅多に見られない姿だったり
お天気も良かったりと・・・
今まで、たくさん頑張った「おだちん」かも。(笑)
どうして、カメラの調子が悪くなったのか
不思議ですが、私には
珍しいものばかりを見せていただきました。
同じ日本なのに
こんな素晴らしいところもあるのですね。

こんにちは~(*^_^*)
また~^来ちゃいました~~
コウホネ~~これって~各地の名前がついているのでしょうかね~^
利尻のが一番貴重なコウホネかもしれませんね。
見ることができて~よかったですよね。(*^_^*)

クルマユリも~可愛いですね。
自然のクルマユリをしばらく見ていないですね~
最後に見たのは、たぶん岩手の五輪峠~だったと思います。
あの頃~今より時間があったんですね~
懐かしいです。

ぱせりさん、ありがとうございます。
亀レスすみませんcoldsweats01
涼しいけれど好天に恵まれ、本来は登山しなければ見ることができないリシリヒナゲシにも会えて最高でしたhappy01

aoikesiさん、ありがとうございます。
亀レスすみませんcoldsweats02
利尻島では行く先々の土産物屋でリシリヒナゲシの種を見かけました。結構育てやすいようです。他の種類も見かけました。いろいろなところで増やしているようです。
不具合ではなかったようで、ふだん使っていないレバーが回っていましたcatfaceあーあ。
ちゃんと直したので八甲田の写真は大丈夫でした。

sidu-hahaさん、二度もおたずねいただきありがとうございます。
亀レスすみません(^^;)
リシリヒナゲシは薄くてちっちゃくて優しい黄色でとても気に入りました。
ネムロコウホネは北海道に分布、ですが、詳細に調べると結構形態が変異しているようですね。水域の植物はなくなりやすいので大事にして欲しいですね。

ムーミンママさん、ありがとうございます。
亀レスすみません(^^;)
本当に、今年は不思議なくらい天候に恵まれています。
カメラは、いろいろあるレバーを知らないうちにいじっていたようです。
いいところでしたよ。また行きたいです。
標高ダンナもめずらしく、「1年くらい住んでみたい」と言っていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 礼文島つづき | トップページ | 八甲田山に来ています »