フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 礼文島高山植物培養センター | トップページ | 利尻島!! »

2010年7月23日 (金)

礼文島つづき

さて、高山植物園の次は礼文島の北部でちょびっと散策です。

Sukaiスカイ(澄海)岬は海の色が明るく、周囲の岩も面白い形(東尋坊などと同じ、溶岩が地中の深いところでゆっくり固まってできた岩、柱状節理)でした。手前の黄色い花は↑トウゲブキ(Ligularia hodgsonii) 、本州のマルバダケブキに似ています。

南部では固いつぼみだった↓ツリガネニンジン (Adenophora triphylla var. japonica )

Ninjin

↓チシマワレモコウ(Sanguisoraba tenuifolia var. grandiflora) は蔵王の標高が高い場所にあるナガボノシロワレモコウのように白い花です。

Sangui

江戸屋林道では豪快なエゾニュウ花畑?!

Redoya

最北部のスコトン岬では美しいシロヨモギ (Artemisia stelleriana) があちらこちらにありました。

Shiroyomogi

ゴマフアザラシもお出迎え。

Azarashi

充実した礼文島の旅でした。相変わらずベタ凪ぎの海、午後は利尻島へ渡ります。

« 礼文島高山植物培養センター | トップページ | 利尻島!! »

植物」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
ここ数日、礼文のお花を見せていただいてますが、
北の大地には派手な色?の花はないようですね。
どちらかといえば、ひっそりと一目を忍んで
咲くようなhappy01
そんな可憐な花だから、人々は逢いに行きたがる
のでしょうか。

ムーミンママさん、ありがとうございます。
たまーに派手な色のもあるのですが(ショッキングピンクのタカネナデシコや、咲き終わってしまったハクサンチドリなど)花畑が広大なので、派手さを感じさせないようです。
あ、それとも私の好みで写真を載せているからかなーcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 礼文島高山植物培養センター | トップページ | 利尻島!! »