フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« クマさん | トップページ | 裏磐梯 »

2010年8月27日 (金)

くまさんつながり

実はさきほどテレビを見ていて仰天したことがあります。

ある芸能人のおいたちを振り返る番組を放映していたのですが、(そこでまず同じ出身校でびっくり) 彼女が「女子高生のときに創作した詩を掲載しました」と、見覚えのある雑誌を取り出したのでした。

その同人雑誌の名前は「くまさん私を食べないで」という手刷りのB5版のものでした。まぎれもなく私たちが母校の廊下でなんとなく集結し、「我、雑誌を作らんと欲す」ということで発刊した雑誌だったのです。そのときは自分たちが創作した詩と文章、そして周囲の施設などを取材して文化祭で販売したのです。創刊号のときは「くまさんあたしをたべないで」という表題だったものを受け継いだ後輩が「くまさん私を食べないで」に変更して少なくとも12年間は続いていたのです。それに彼女も大事にとってあり、すぐに出せる場所に置いてあることにちょっぴり感動。

Dsc04901 左が創刊号、右が2号。私はイラストも担当。

そのときのグループ「ほろほろどり」のメンバーはわたしのほか、現在は本の編集者(有名出版社)、林業試験場の技術者、学校の先生、薬剤師などさまざま。3号ではアンケートによる海外取材(もちろん手紙で)も強攻し、なんと小説家アガサクリスティーやムーミンの原作者トーベヤンソン、フランスのイラストレーター・レイモンペイネなど著名人からお返事を頂きました。(その手紙は今でも編集に携わっているメンバーが大事に保管しています)

そして、この雑誌のテーマは「非日常と言う名の熊」。-私たちは日常から飛び出すととても弱い存在なので、あの熊に出会わないように怯えながら歩いている。でも日常から飛び出すのを恐れてはいけない。- 生意気にもそのような主旨で創ったのです。

別にそのときに決心して、非日常と対峙して暮らそうとしたわけではないのですが、いつの間にか変化のとんだ生活を送るようになってしまい、果ては自分たちで「非日常の化身」としたクマさんのいる世界までやってきてしまいました。もしかしたら、あの頃から「自然との微妙な距離感」を常に学習しようとしていたのかもしれません。

クマさん・・・・近づきがたい恐ろしい存在であるけれども、若い頃からずっと縁があり何か親近感を覚えるのです。

« クマさん | トップページ | 裏磐梯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

わぁ~、なんだかホントに繋がりを感じますね~!
その女優さんのことも、これからはずっと繋がり感じて応援しちゃうでしょうね。

テレビで猿が街中で、人に怪我させたニュースしてましたが、
熊はもっとびっくりですね。足あと見ただけで・・(>▽<;; アセアセ

テレビは見ていなかったけど、そんな生い立ちがあったのですか。
高校生のときにステキな仕事を残したのね。
やっぱり能ある鷹は後々まで能がある・・・ですね。
私は何もやってなかったなあ。

凜さん、ありがとうございます。
あの雑誌を編集した友人グループは学校内でもやや浮いたかんじだったので・・・(ちなみに彼女は我が校でも初??であろう芸人となったのですが) でも現状にあまんずることなくより上へ進む、という考え方をもっているという後輩が後に続いているのはうれしいし、見ていて相当の努力家であるので心から応援したいです。
両親への反発がなかったら今の道には進んでいなかったんでしょうね。ちなみに私も「文系の大学に行っていい方と結婚して・・」と言われ、反発したクチだったのでよくわかります。

aoikesiさん、ありがとうございます。
あの頃は周囲のみんなの方がかなり優秀だったのでcoldsweats01
そんなに立派な仕事ではないんですよ。4,5人で寄り集まって本当に遊び半分だったのです。あのあとそんなに受け継がれていたなんて思いも寄りませんでした。
きっとaoikesiさんもいろいろと残しているんですよ。

楽しい思い出ですね。
私は高校時代新聞部に属していて、
いろんな記事を書きました。
編集長をやっていて、
まだ正義感というものが漲っていましたから、
踏み出しすぎて、時の校長から発刊停止を食らったことを思い出します。
数学者になると決める前の若さがありました。
懐かしい時代です。
今日もスマイル

えぇ~~??!!!
驚きです!!eye
標高さんって、そんなすごい学校の出身だったんですんね!
みちこ様も通っていた学校ですよね?
やっぱり育ちが違うと思っていましたよ。
私、そんなすごい方とお知り合い?なんですね。
すごぉ~~い!!
感激で言葉が見つかりません・・・

こんばんは
栴檀は双葉より・・・・ですね。
高校時代からしっかりされて、ご自分の活動をなさっていたのですね。
アガサからお返事・・・なんとも心がわくわくしたことでしょうね。
異国の若者たちへきちんと返事を下さったのですね。

kawazukiyoshiさん、ありがとうございます。
純粋で、希望の光がみなぎっていたのでしょうね。
へこたれない強さがありましたよね。
きっと瞳が輝いた少年だったことでしょう。
私たちも先生にくってかかったことも何度かありました。今はお会いすると笑い話になっています。

ムーミンママさん、ありがとうございます。
いや~(^^;)育ちは別ですって。
我が家は普通のサラリーマンの家庭だったので、入って仰天!間違った世界に来てしまったと思いました。でもみなさんいい人だったのでほっとしました。

くじけない、挑戦する、あきらめない、そういう方が多いです。(私がそうだとは言い切れませんが・・ほら、同じ学校内でもいろいろいるでしょcoldsweats01)

shibataさん、ありがとうございます。
あの~、そんなにしっかりはしていませんて。青臭くて、先生につっかかるような普通の高校生でした。

クリスティさんやペイネさんからお返事が来たときは、そりゃあ大騒ぎでした。私たちのつたない英語やフランス語が通じたということと、こんな高校生に丁寧な返事を書いていただけたことで感激しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クマさん | トップページ | 裏磐梯 »