フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 実験所 | トップページ | 小国8月1日 »

2010年8月 4日 (水)

八甲田 睡蓮沼

喉風邪がなかなか抜けず、まだ咳をしています。(観念して病院に行くべきか)

さて、自分の講義は終わり学生は花粉試料調整の準備に入ったので時間が空きました。今回は自分の車に乗ってきていないので、教授をそそのかして少し離れた睡蓮沼を見に行くことにしました。青森に来てはいても八甲田に寄らなかったので、睡蓮沼は4年ぶり、かな? 心なしか開水域が狭くなっているような気がします。

Takadaoodake 見えているのは高田大岳、手前が睡蓮沼です。睡蓮といっても温帯性のスイレンではなく、↓エゾヒツジグサ(Nymphaea tetragona var. tetragona)  が生えています。今は午前中なのでまだ花は開いていません。葉っぱを見ると左の方に楕円形のも見えます。たぶんフトヒルムシロ( Potamogeton fryeri ) も生えているのでしょう。

Hitsuji

少し風が吹くとさざ波が・・・

Hamon

さて、気になる↓ミツガシワ (Menyanthes trifoliata ) ですが、数年前に見たときと比べて果実が少ないです。教授は「倒れているんじゃないのか?」と言うのですが、数年前の果実序は葉っぱの上に倒れていたのです。今回はほとんど見えないので、果柄が短いまま咲いてしまったか、果実の数が少ない可能性があります。

Mitsuga

サワギキョウ (Lobelia sessilifolia ) はここではあとほんの少し、でした。カメラが届かない遠くには咲いているものもありました。

Loberia

睡蓮沼の手前の道沿いにいろいろな色が見えたので少し歩いて探すことに。

目立つ黄色は、礼文島でも見たトウゲブキ( Ligularia hodgsonii) ↓のようです。

Fuki

モミジカラマツ (Trautvetteria caroliniensis var. japonica) らしい。

Thalictrum

↓白く長い花穂があちこちはねているのはヤマブキショウマ (Aruncus dioicus var. tenuifolius
 )
、青紫のタチギボウシ、白でちょっと太い花穂のナガボノシロワレモコウも。

Yamabuki

アオモリトドマツ (Abies mariesii) は高いところに球果が着くのでなかなか撮れないねぇ、と話していたところ、低いところに見えるのがありましたwink

Aomoritodomatsu

睡蓮沼入り口の脇にはこんな鮮やかな花も咲いていました。多分カセンソウ (Inula salicina var. asiatica)

Kasenso

今日の七日原は昼前から3時過ぎにかけて断続的に土砂降り状態でした。急に大粒が降り出したのでパラソルや椅子が濡れてしまいました。ところが夕方白石におりていったら、白石はカラカラです。なかなか平均的に降らないものですね。

追加写真  ミツガシワの果実のところを拡大してみました。真っ直ぐ伸びた茎(果軸)の全方向ほぼ等間隔に枝が出て丸い果実がついています。神楽に使う(合っているかどうかわかりません(^^;))鈴のような形かな。

すでにかなりの果実がはじけた状態です。京都ではもう果軸が倒れてしまってわからないかも・・・

Meny

« 実験所 | トップページ | 小国8月1日 »

植物」カテゴリの記事

コメント

トドマツの球花。
初めて見ました。きっと大きいのでしょうね。
この花から、種が飛んで子孫を残して
行くのでしょうか。

夏風邪はこじらせたら大変よ。
病院に行くべき!
ミツガシワも年によって花が多いときと少ないときがあるのでしょう。水の中に生えているようだし、見た感じでは固体が衰えてきているようではないですね。
さざ波の写真がステキ。

ムーミンママさん、ありがとうございます。
あの青い塊は花ではなくていわゆるマツボックリなのです。この中に種があります。熟して乾燥した天気の時に、一枚ずつばらばらになってはがれ落ち、種が飛んでいきます。枝に着いているのは高さ7センチくらいでした。

aoikesiさん、ありがとうございます。
お薬もらってきて飲んだらだいぶ楽になってきました。(でも明日は新潟で仕事だぁ(~o~))
ミツガシワは葉っぱを見る限りではずいぶん元気そうでした。もしかして果実が沢山あると元気がなくなる!?生態のセンセイによると花や実をつけることでずいぶんパワーを使うそうですね。今年は休養の年だったのかも。

こんばんは
素敵な睡蓮沼、大岳がこのように見えるのですね。
また行ってみたいです。
暑さが厳しい中の風邪、お大事に!

まったくヒステリーのように降る最近の雨です。

お疲れ様です☆
マツボックリは見たことはあっても、一枚づつ剥がれて?飛んで?落ちているの見たことはありませんねー
そこらへんのマツボックリとはちがうのかな?
調子はいかがでしょう?
 このところ熱中症や夏風邪で 
病院は混んでいるようですねー。

どうか お大事に☆!

先日教えていただいた、深泥池のミツガシワ。
どんな果実がつくのですか?
色は?大きさは?形は?
明日また見てきます。(=^エ^=)

shibataさん、ありがとうございます。
晴れるともっと周囲の山が見渡せます。きれいですね。
最近は雨が降り出すとなかなかとまりませんね。今日も降りましたが、町の方はまたカラカラだったみたいです。

ぱせりさん、ありがとうございます。
マツの仲間でも、モミ属だけまつかさの鱗片が1枚ずつはがれ落ちてしまいます。このへんに生えている赤松などの松かさは開いてもはがれることはありません。

龍人庵さん、ありがとうございます。
追加でミツガシワの果実の拡大写真を載せてみました。今年のは葉っぱの高さとほぼ同じでした。前に見たときは葉っぱよりもずっと高い位置に果実がついていました。
深泥池は4月初旬に花が咲いていたので、果実はもうとっくに倒れているのではないかと・・・

もう右も左も夏風邪ひいてるんだから、、、なかなか抜けないんだよねえ。観念して病院行ってくださいな。夏らしい夏で私は満喫してますだ。

パフクマさん、ありがとうございます。(余分コメ了解です)
ほんとに、最終段階に来ているのですが、なかなか抜けません(^^;)
こんなんで暑い新潟の現場なぞ行ってしまいました。

こんばんは~
大丈夫ですか~
やはり~お医者さんにお出でになった方がよいような~^

たくさんの珍しい植物が生えているのですね。
初めて見たり聞くものばかりです。
ミツガシワの実のはじけたのも初めてです。
せいぜい花を見て喜んでいる程度でしたので~花が終わるとこんな風になるのを知ってうれしいですね~
(*^_^*)

sidu-hahaさん、ありがとうございます。
ミツガシワは果実がすぐ倒れてしまうので、それに湿原の水域は近づけるところが少ないのであんまり見ませんね。ヒメシャクナゲも実になりはじめだったのですがあまりにちっちゃくて写真ではわかりませんでした。

連日お疲れ様です。
夏風邪だそうですが、夏風邪は長引くので早めに病院へ・・・。
今日も珍しい花々、有難う御座います。長崎のにわか雨も同じで、トンネルの手前は土砂降りで、トンネルを出ると快晴です(笑)。
お大事に。

ふくちゃん、ありがとうございます。
長崎は暑さ一過、多少過ごしやすくなってきたようですね。
こちらでは例年だとこんな暑さは3日くらいのものなのですが。ただし山は雨が降ってくれるので、慣れたら結構いい気候です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 実験所 | トップページ | 小国8月1日 »