フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 黒部峡谷鉄道 | トップページ | 立山黒部アルペンルート2(お花♪) »

2010年9月15日 (水)

立山黒部アルペンルート1

帰宅してからやや多忙にてアップが遅れています。

さて、黒部峡谷の次は念願の立山へ。自家用車は乗り入れ禁止なのでケーブルカー、バス乗り継いで室堂平へ向かいます。ケーブルカーの立山駅まではNさんが自家用車で乗せてきてくれました。Nさんありがとう!!立山からは登山鉄道ケーブルカーに乗り、美女平から室堂平までは立山高原バスに乗ります。途中では、女人禁制の時に山に入ってスギに変えられてしまった美女(美女スギ)や遠くに見える称名滝などでバスは停止したりゆっくり走って説明があります。いっきに視界が開けるのは弥陀ヶ原。ここは良さそうなホテルもあります。ここに泊まってもいいなぁ。

Mida

そしてバスで到達できる最高地点、立山室堂平に到着。記念撮影なんて久しぶりです。(もちろん今回は3人でもちゃんと撮りましたヨ)

Muro1

標高480m が標高2450mにおります。

Shimizu

この岩場には清水が湧いています。冷たくておいしい。

Tama1

室堂山荘から少し下った岩のくぼみには虚空蔵さまが。「玉殿岩屋」と「虚空蔵窟」です。行ったときに富山県教委の方が調査していました。

Tama2

室堂平のみどりが池(多分(^^;)) あー、高山に来たなぁという景色ですね。

Midori_2

そしてみくりが池温泉というところからずいーっと下ると温泉や硫黄が噴出しているカジヤ地獄、いわゆる地獄谷があります。警報機が至る所についていて、いかにもキケン!! Nさんがびびっていました。Jigoku1

どれが霧やら噴気やら。

少し離れてみると、やっぱりスゴイ。Jigoku2

雷鳥沢ヒュッテの方をぐるっと一巡りして、みくりが池温泉まで戻ってきてお昼ご飯です。こんな立派な定食がありました。富山でとれるお魚と、ホタルイカ沖漬け、白エビなど、名産揃い。

Lunch

普段は少食なのですが、朝5時に起きていろいろ乗り継ぎ9時前から歩き回ったのでおなかはぺこぺこ、あっという間に平らげました。

室堂平の植物です。オヤマリンドウ Gentiana makinoi  花びらは先端だけこそっと開き、あまりぱーっと開きません。好きなブルーパープルです。

Rindo

こちらはタテヤマリンドウ Gentiana thunbergii var. minor 、ちょっとハレーション気味ですね。とってもちっちゃくて草の中からちょっとだけ顔を出して可愛いです。星みたいですね。

Trindo

その隣に咲いていたミヤマキンバイ Potentilla matsumurae

Potentila

そしてヨツバシオガマ Pedicularis chamissonis var. japonica 

Yshiogama

おっと!! あっしを忘れちゃいませんか。 室堂平じゅうを占拠しているふうの チングルマGeum pentapetalum  こう見えても低木です。

Chinguruma

果実の毛が逆光で光ってきれいです。

そしてトリカブトの仲間。これは本で分布を調べたらどうも ヤチトリカブトAconitum sennanense var. paludicola らしいです。もちろん毒アリ

Aconitum

秋なので花が少ないだろうとあきらめていたのですが、意外に沢山咲いています。

旅行日 9月3日

« 黒部峡谷鉄道 | トップページ | 立山黒部アルペンルート2(お花♪) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

すごいですね~~
こんな所に行ってみたいです。
標高さん発見!!(笑)さすが旅慣れてる
感じですね。早朝からの登山?さぞお昼が美味しかったでしょうね。それに
珍しい花が沢山。。。
リンドウがきれいです・・・

>標高480m が標高2450mにおります。
ハハハ、笑っちゃいました〜。

私が行ったときも同じような時期ですが、紅葉がはじまっていたから、今年は夏が長引いたのね。
みくりが池温泉は日本一標高が高い温泉なんだそうですね、入ってきましたよ。
郵便やさんが山小屋巡りをしていたのが印象的でした。
華奢なおじいさん郵便やさんでゼイゼイいいながら歩いていましたね。
一緒に記念写真撮ってきたはず。

こんにちは~(*^_^*)
素晴らしいですねえ~
記念撮影もばっちりで~かっこいいですね。
リンドウやトリカブト~きれいですね~

素晴らしいところですね。
台湾の人に人気なのが北海道と立山。
私も一度訪れて見たい気がします。
今日もスマイル

今回も素晴らしい景色や珍しい花々、行きたい場所です。
4枚目の写真は写真雑誌によく出てくる風景のようですが、春は花で綺麗でしょうね。
お料理も美味しそう、お疲れ様でした。

こんばんは
憧れの立山です。
チングルマがキラキラときれいな風景ですね。
この季節もいいですね。

タテヤマリンドウは私もいつもうまく撮れません。
お日さまが沈むと閉じてしまうお利口さんでもありますね。

ムーミンママさん、ありがとうございます。
前日までの荷物は送っちゃったので、気軽な笑顔なんです。
いいところでしょ、この場所だけでしたら乗り物さえ乗り継げば誰でも行くことが出来ますので、是非

aoikesiさん、ありがとうございます。
このときは頂上付近もまだまだといった感じでしたね。
郵便屋さんですか、私の時は若いボッカさんが各山小屋に荷分けしていました。頭よりずっと高い荷をしょって、液体担当はつらそうでしたね。

sidu-hahaさん、ありがとうございます。
このときは他の記念写真と違ってすっきりした笑顔です。山だからかなー
秋もブルー系中心に花を愛でることが出来て、いい感じでした。

kawazukiyoshiさん、ありがとうございます。
立山は台湾の方々にも人気でしたか。
山やお花畑がきれいですものね。
あ、黒部のトロッコつながりで親しみがあるのかなぁ?

ふくちゃん、ありがとうございます。
ちょっと乗り物に沢山乗りますが、それも楽しみです。是非どうぞ。
4枚目の斜面も近くに行くと結構花がありました。初夏はきっと沢山咲いているのでしょうね。

shibataさん、ありがとうございます。
室堂平はチングルマの果実だらけでした。
タテヤマリンドウは小さいせいかいつもハレーション気味になるのですが、このときはさらにカメラの具合が悪くて・・・ミヤマキンバイなどもちょっと色がヘンでしょ?

やっぱり標高480mさんが撮られたお花の写真が可愛いですね!
タテヤマリンドウ とても可憐です☆
チングルマもあれだけ一杯群れているととっても絵になりますね!!
今回新たなタテヤマの顔を見られて満足でした!
(できれば霧雨や雨だけはカンベンですけど
それにしてもこのところの急な気温差!
腰のケア お気をつけて~
ワタシは来週温まりに行ってきま~す(笑)。

お山の佳い景色ですね。
昔はこういうところ好きだったですが、足腰弱くなって(太ってとも言う)近づかなくなりました。

青いお花綺麗ですね。今朝も広沢の池をウロウロして、撮ってきました。
京都の山の方の峠にある日曜日に開いているお蕎麦屋さんに綺麗なトリカブトの鉢植えがいくつかあったのを思い出しました。あれは、綺麗な色ですね。

すごいわー♪  山登りをする方って体力も気力もうんとあるんだろうなーって思います♪

私なんかーもー 絶対ダメー (爆☆)

景色も…食事も 美味しそう♪
苦労して登った人への ご褒美なんでしょうねー♪

お疲れ様でしたー♪

今日届きました。これから持って帰ります。
楽しみです。
有難うございました。
この前のが美味しかったら、「老」って言うのもなかなかですよ。(=^エ^=)

姉さん、ありがとうございます。
すごかったですねぇ。一面のチングルマは写真撮るにも迷ってしまいますね。(というか、前半カメラの露出がおかしくなっていて、とほほ・・)
気温差スゴイですね。ここのところ明け方は13℃くらい、昼は27~28℃、おかしくなりますねぇ。私も温泉で体を調整したいです。

龍人さん、ありがとうございます。
あっ、大丈夫ですよ山に登らなければ過酷ではありません。乗り物に沢山乗るだけですから。
じーさんばーさん修学旅行の学生などセンター周辺だけは観光地でした。
京都からもそんなに遠くないし、是非一度楽しんでみてください
ヒネ鮒寿司は今度京都に行ったときに、usaさんちで食べようと約束しました

ぱせりさん、ありがとうございます。
立山の売りはお年寄りでも楽しめる観光地なので、乗り物さえ乗れば大丈夫ですよ。普通の靴やスカートの人も居ましたから。登山しなくても高山の醍醐味が味わえます。(天気が悪いと一歩も外に出られないので悲惨ですが)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黒部峡谷鉄道 | トップページ | 立山黒部アルペンルート2(お花♪) »