フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 立山黒部アルペンルート4(真打ち登場!!) | トップページ | 緊急企画! 頑張れGAちゃん »

2010年9月25日 (土)

鹿沼市麻畑 9月6日

さて、あまりじっとしていませんが、歴博の調査ですぐに鹿沼市へ行きました。今回はアサの花が咲いているところとアサひき作業を見学します。

まずはアサひき作業、専用の桶に水をためて麻の茎をつけてからひきあげてビニールなどをかぶせておくと自然に発酵してきます。これを何度が繰り返して表面を柔らかくして麻の表面の皮を剥きます。(地域や用途によって皮むきの方法は違うそうです)

Asa1

座って茎の根本をちょっと折り、裏も折って皮をいっきに剥きます。大森さんの左にあるのが剥いていない茎、膝の前にあるのが剥いたばかりの皮、その外側は剥いた茎です。右手にあるのは折った茎で、30本くらい剥くとまとめて外側に置きます。

Asa2

隣では電動の皮ひき器で奥さんがどんどんひいていきます。昔は電動はなかったので大変だったようです。

Asa3

余分なものがとれてきれいになった麻の繊維。

Asa4

このあと納屋で充分乾燥させます。

野州麻の大森さんの畑ではほとんどが縄用として夏に刈り取ってしまいますが、今回見学させていただく畑は次年度の種蒔き用の種を取るために間隔をあけて育てられたアサです。

麻畑の種取用の麻は3メートル以上伸びていました。アサ萌え~の考古学者達が群がります。

Asa5

もちろん無毒化されているとはいえ、法律で禁止されているので標本作成はできません。みなさん一生懸命マクロで花を撮影します。アサの花は滅多に見られないので私も夢中で何枚も撮影しました。

伸びた種取用のアサ、繊維用の畑と比べると間隔が広いですね。

Asa6

先端に目立つのは雄花ばかり。大森さんもこの時期に雌花を見たことがないそうです。たしかに遠目では雌木は何もついていないように見えます。

Asa7

雄花の拡大です。葯の袋がぶら下がっています。

Asa8

大森さんが「一緒に咲かないんじゃないの?」と言うので、「いえ、そんなことはありません、受粉する以上絶対に同時に咲いています」と言って、わかりにくい雌花を懸命に探しました。 

いくつも先端をチェックすることしばし・・あった!

Asa9

わかるでしょうか? 先端にやや茶色の点々が見えるのがめしべの部分です。子房部分はほとんどわからず、花弁もないのでとてもわかりずらいですが、確かにめしべが出て咲いている状態でした。

次は茨城県大子町の漆工房と畑に向かいます。

« 立山黒部アルペンルート4(真打ち登場!!) | トップページ | 緊急企画! 頑張れGAちゃん »

植物」カテゴリの記事

コメント

麻の繊維は昔、引き出しに入っていました。
祖母が機織りをしていたそうで、麻も作っていたようです。
糸巻きなどもあったような・・・。
何回か引っ越しをしたので徐々になくなりましたが。
今思えば捨てることなかったなあと思いますね。

aoikesiさん、ありがとうございます。
戦前は普通に作って普通に利用していたそうです。宮城でも作っていますが、まるで悪いことをしているようにひっそりと息を潜めて作っているそうです。
日本のアサの毒性は、もともとほとんどないと言うことでした。敗戦して進駐軍が来てからおかしなことに・・・アメリカによって厳しい規制がかかりアサの民俗利用の文化が奪われてしまいました。

麻が出来るまでの作業は大変ですね。
私の実家にも、昔、麻の糸がありましたよ。
私のひいお婆ちゃんが何か作っていたのは
覚えていますが、その実態までは覚えていませんね。
鼻垂らしの頃だったので。。。(笑)

こんばんは
麻の記事、楽しみにしていました。
麻の花、初めて拝見します。貴重なものですね。
昔の人々は手間を惜しまず、面々と作り続けてくれたのですね。
必要とはいえ、大変な作業です。

ストーブのあるあのカフェに行きたいと思いつつ・・・・

こんばんは~
こんな風にして麻の繊維を取り出すのですね~
皮をむく作業が大変なようですが、昔の人は、
丁寧にやっていたのでしょうね。
すごいですね~~

ムーミンママさん、ありがとうございます。
昔は皆さん使っていたのですね。
アサの繊維は丈夫なのでいろいろ使えますね。

shibataさん、ありがとうございます。
花のタイミングは難しいようで、連絡を頂いたのでちょうどいい時期に撮ることが出来ました。
あのストーブがあう気候になってきましたね。

sidu-hahaさん、ありがとうございます。
私も生で初めて見ました。発酵も大変だけれど剥くのも大変。
昔のアサひきはへらのような器具を使って手でしごいていたので疲れたでしょうね。電動になってずいぶん作業が速くなったそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 立山黒部アルペンルート4(真打ち登場!!) | トップページ | 緊急企画! 頑張れGAちゃん »