フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 蔵王初雪(^_^)/ | トップページ | バロックコンサートin青葉荘教会 »

2010年10月31日 (日)

小国クリ林10月30日

いろいろと予定が入っていたのですが、台風が来ると言うことで急遽クリ林へ。以前にも強風でトラップのネットがひっくり返って中身が出てしまったことがあったのです。

Kuritrap

例年になくまだまだ青いクリの葉、でもいがはほとんど落ちているようでした。クリ林縦断トラップ19個のうち、6個くらいの杭が倒れていました。地主の方によると、サルかクマの仕業であろうと言うことでした。クリの実が沢山落ちていたときはそれを食べるので大丈夫でしたが、クリが終わりかけてもミズナラやコナラの実が少ないので、またクリ林に来て少ないみでも食べているためらしいです。トラップにはもしかしたらもっとクリが入っていたかもしれないのですが、食べられてしまったようです。

Kurikuma

これはクマが登ったクリの木です。枯れたところは全てクマが折って行ったためです。

Kurikuma2

幹にはこのように爪のあとが。それほど大きくありません。目撃された2歳くらいのクマのようです。

Kurieda

折られた枝にも牙のあとがありました。

Kurikui

クリの木の下にはこのようなクマに食べられたクリの皮が沢山落ちています。クマはサルと違ってとてもきれいにクリの皮を剥きます。トラップの中にも入っていました。確かに木の上で食べているのです。

Kuma

地主の方が「たまたまクマがいたときにお客さんが撮った写真だよ」といって私にもくださいました。クリを沢山食べてコロコロしています。

「もっと近くによっても大丈夫だよ、と言ったのだけど、やはりコワイらしくて遠くからしか撮れなかったから、トリミングしたんだ。」

「そりゃあ、Iさんは慣れているでしょうけど、普通の人は怖いでしょう(笑)」

「爆竹でサルを追い払ったら、そのあとに来たんだよ、可笑しいねぇ。でも匂いがわかるくらいまで近づくとゆっくり離れるんだ。」

結局、トラップを倒されたほかに、ネットの底にまた穴を開けられていました。食べ物が少なくなってきたので向こうも必死です。これからは何を食べるんだろう。クリ林の周りのコナラ林は少し若いのでナラガレの被害は比較的少ないのです。地主の方も薬剤を打ったりして林を守ろうとしています。この森には少しはドングリがなるでしょう。

今年だけの問題ではありません。来年の森、10年後の森、100年後の森、エサを与えるだけでは野生動物は復活できません。森に力が必要なのです。

« 蔵王初雪(^_^)/ | トップページ | バロックコンサートin青葉荘教会 »

自然」カテゴリの記事

コメント

動物も必死なんですね。熊がこんなに綺麗に
皮をむいて食べるなんて、初めて知りました。
先日TVで熊のため?栗やどんぐりを蒔いてると
言う光景を見ました。こんな事以前にしなければならない事があるでしょうに・・
山は手を加えないと死んでしまうと聞きました。
ブナ枯れなども、その影響でしょうか。。。
紅葉の山はとっても綺麗でしたよ。

クマくんと共存しているようでほほえましいですね。
あ、標高さんはトラップを壊されるから被害者ですね。
クマくんも住宅地に出なければ平和に冬ごもりできるのに。

人間にしろ動物にしろ、生きる為には食べなければならないし、特に動物は自分で作物を作る事が出来ないですからね。
熊の爪痕は凄いですね、これで一撃されたらと思うと怖いです。

森を育てるには人間の力が必要なんですね。

久しぶりですね。
昨年拾ってきたどんぐりの芽が出たので
小さな盆栽を作ろうと思っています。
小さな小さな実をびっしり着ける予定ですが
熊のえさにはなりません。
ふふふ
今日もスマイル

ムーミンママさん、ありがとうございます。
私も小国に行くまでいろいろなことを知りませんでした。山は小さい頃からよく行っていたし、結構知っているつもりだったのですが、頭ではわからない様々なことがあります。

aoikesiさん、ありがとうございます。
いえ、林に変なものをたてられたので、やはりクマが被害者かも(^^;)
クマも「ただ冬に備えて沢山食べてゆっくり寝たいだけなのに・・・」と言っているでしょうね。

ふくちゃん、ありがとうございます。
足の力も凄いですが、咬む力も凄いですね。結局トラップの杭は足で倒されたのではなく、咬んでちぎられたということが判明しました。(^^;)

kawazukiyoshiさん、ありがとうございます。
少し落ち着かれましたか。
ドングリの盆栽、いいですね。いつ実がなるか楽しみです。
我が家のドングリ、ミズナラは沢山実がなっていますが、同い年のコナラはオクテのようで全く実がなる気配がありません。

今年は熊があちこちで、よく登場しますね。
ボクはよく近くの山を歩きに行くのですが、
今年は兎、鹿、猪までは会いましたが、熊は未だ会っていません。
今年は松茸が豊作だったとかで、ウチの山にも入りたかったのですが、誰も付き合ってくれず、熊も怖いので入れずでした。
大きな熊は怖そうです。

龍人さん、ありがとうございます。
私は一昨日ようやく猪に会いました(つながれていないやつね)。しかも20頭はいたかな。芋づる式にずるずると・・・多分先頭が歩き出すと車が来ようが止まれないんでしょうね。
ウチの山っていいなぁ、しかもマツタケ?!声かけてくれれば良かったのにぃ来年は是非!!クマさん追い払いまっせ。

おはようございます~
先日 自然管理(?)の オジサンに 見せてもらったので
 すごく身近に感じます…。

この辺には出ませんが、ちょと山に入るだけで 痕跡が・・・

出会わないように 人間が気をつけなくちゃdすねー

熊さんって うんと目が悪いんだって 先日知りました…

ぱせりさん、ありがとうございます。
目がうんと悪いって、私も最近知りました(^^;)。
ほとんど嗅覚だそうですね。それでトウガラシスプレーが効くのかぁ。オモチャピストルとスプレー、山に行くときは常備しています。クマさんには逃げて欲しいですから。

こんばんは~
こんなに近くまで熊さんが来るのですね~
今のうちに、腹いっぱい食べないとならないのでしょうね。
爪の跡とか、牙の跡~かなり怖いですね~

sidu-hahaさん、ありがとうございます。
クマも必死ですよね。来年の春目が覚めることが出来るかどうか、秋の食べ物にかかっていますからね。
こんな爪でやられたら大変!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蔵王初雪(^_^)/ | トップページ | バロックコンサートin青葉荘教会 »