フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月24日 (水)

弾丸ツアー

ちょいと飛行機に乗りまして。

Naga

あっ!! ふくちゃんのおうちの上空??

さらに南下、私はどこに行くのでしょう・・か?

Noibai

5時間半かかってついた場所はノイバイ空港、そう、ベトナムのハノイです。

出迎えてくれたのは息子、「定刻より早く着いたね。」

意外と涼しい。この日は25℃くらいでしょうか。

Noibai2

ほこりに煙るソンホイ川を渡ってハノイ市内へ。

Nhanoi1

ハノイ市内で息子達がおやつと飲み物を買ってくるまで通りを見物。

Ninbin1

車でえんえんと走って、日が落ちたところでニンビンという町のホテルに到着しました。フランス人観光客の団体さんが大勢いました。

翌朝、実はこういうことでした。息子の結婚式です。

Ninbin2

これから花で飾った車に乗ってお嫁ちゃんのおうちへ向かいます。

Ninbin3

車は日本製だcatface

Ninbin31

大型クラッカーがバンバンならされ、中ではガンガン音楽が鳴り響いています。ベトナムの結婚式です。

Ninbin32

お茶もお菓子も色紙だらけcoldsweats01 入れ替えてくれるのですが、またすぐひらひらと舞い降りてきます。話もできないくらい音楽や歌で賑やかです。

ご近所さんや親戚の方達、たくさんの人がお祝いしてくれました。披露宴は30分くらいで終わり、あとは親戚だけで宴会です。

Ninbin5

ご家族の手作りのごちそうです。山羊肉や小鳥のロースト、庭に生えているスターフルーツなど、すごいhappy02 

でも息子には「あまり沢山食べないように」と注意されました。

「おなか壊すからね。」

それに生ものは寄生虫の心配もあります。

でも興味の方が勝ってしまって、覚悟していろいろ食べてしまいました。

男性陣は「アルコールで消毒」だそうです。

Ninbin4

ライスペーパーにイチジクの葉とミント、山羊肉、スターフルーツを巻いて食べます。不思議な味catface

ばーちゃんは少し下したようですが、次男と私はとりあえずおなかは全然平気でした。(実は南米でもいろいろ食べたのですが平気だったのです。どんなおなかだ??)

新郎である息子や同僚の方、お嫁さんのお父さん、と次々酔いつぶれて大変でしたcoldsweats02

植物などは別の記事に・・・

2010年11月19日 (金)

小国クリ・今年も終了

11月13日は小国クリ林今年度最後の回収(といってももうほとんどゼロです)。

トラップの片付けでお昼過ぎまでかかりました。さすがにだいぶ葉が落ちて林の中は明るくなってきました。もうすぐ雪の季節です。

Kuri1

黄葉がきれいです。

Kuri2

Kuri3

黄色は林の中にぱっと明かりが灯ったようですね。

Kuri4

近寄ったらカエデではなくて、ウコギ科のタカノツメ  (Evodiopanax innovans )でした。コシアブラよりかなり濃い黄色です。

ヤマモミジ (Acer palmatum var. matsumurae) もきれいでした。

Kuri5

さて、現在ちょっと南の方に旅に出ています。

メールが送信できるようであれば、旅先からの更新を試みてみます。

レスが遅くなりますが、ご容赦ください。

2010年11月16日 (火)

八戸

11月11日、さるお方から電話があって、急遽八戸で仕事です。外仕事が多くて、なかなか原稿書きが進まないなーgawk

早朝の岩手山、ちょっと暗くてぼけましたな。

Iwatesan1

寒そうですが、北に行くほどお日様が出てきました。折爪パーキングの紅葉がとてもきれいです。

Ser1

Ser2

ところが、八戸の仕事場はまた曇り・・・

こんな場所でした。さむい・・・

Kore2

帰りになつかしの是川縄文館へ寄ってきました。

ここも紅葉がきれいでした。かやぶき屋根に モミジ、とっても懐かしい感じです(竪穴住居なのにねcoldsweats01)。

Kore1

帰りの岩手山・・・やっぱり寒そうです。

Iwatesan2

はあー、慌ただしい一日でした。標高ダンナもお疲れ気味です。

2010年11月13日 (土)

アサ見学、実の収穫

多忙にてアップが遅れていますが、11月5日の野州アサ見学です。

本当は実の収穫のための、アサ刈り取り作業を見学する予定だったのですが、遅い台風が接近したため急遽10月30日までに刈り取ってしまうことになり、刈り取りは見られませんでした。(30日は私の方もトラップが壊れると困るので、急遽小国クリの回収へ行っていました。)

アサ生産農家の方のところへ伺うと、大勢の人が!!

なんとパン屋さんが、夕方の関東のニュース番組で取り上げられたそうで開店前から行列ができていました。(春は残り物をごちそうしてくれるくらいだったのに、テレビの力は凄い!!)

Pan

お昼前に売り切れたようでした。

さて、アサは、畑に病気になった雌が少し残っていました。確認すると中身はほとんどスカです。

Sickmi2

雄と雌の茎の太さを比較してみました。↓左が雄、右のつやつやした方が雌です。雄は花が咲きおわって役割を終えるとほとんど太くならないそうで、大森さんは「いやぁ、雄は哀れだなぁ。」としきりにつぶやいていましたcoldsweats01

Osmes

刈り取ったアサの穂はハウスに干されていました。手前は繊維取り用の茎です。

Mi1

下のように実がついています。

Mi5

果皮がついた果実(上)と、果皮を剥いた種子(下)。

Mi3

種子たくさん。結構大きさの違いがあるようです。

Mi4

種子の大きさの変異を調べるため、少量だけ選別をしないでとっておいていただき、のちほど計測をさせてもらうことにしました。

アサひき作業も並行して行われていました。今年は縄用の強い繊維を作ると言うことで、灰汁で煮る方法も行っていました。

Hiki2

左は発酵して挽いた繊維で今は金色のちに白くなりますが、やや弱いです。右はナラなどの木の灰汁で煮たのち挽いたもので、やや灰色がかっていますが大変強い繊維です。

Hiki1

2010年11月 8日 (月)

蔵王の秋は深まりゆくノダ

なかなか本格的に寒くならないのだけれど、とにかく晩秋に突入した気配。

早起きして運が良ければ、東京にいた頃見たくてたまらなかった朝焼けに映える雪山も、寒い思いをしなくて見ることができる。(2階の窓から)ナントぜいたくな。

Yama1

青空とイタヤカエデ (Acer mono)↓、今年の我が家のイタヤカエデは元気がいい。カエルのてみたいな形が特徴。

Itaya

サトウカエデに似た日本在来種のカジカエデ (Acer diabolicum)↓ 宮城県南部が北限。これは林道で車に踏まれて瀕死だった実生を救ってきた。風に吹かれたのでボロボロ(^^;)

Kaji

イタヤカエデの仲間のエンコウカエデ (Acer mono var. dissectum)↓ イタヤの葉っぱの先端が長く伸びたような形、こちらは紅く紅葉する。

Yenkou

我が家から見える屏風岳の前にある紅葉しているカエデはウリハダカエデ。我が家に生えているウリハダカエデのアップはイマイチだったので、今度散歩がてら撮ってきましょう。

Yama2

自然に出てきたリンドウがまた咲き始めました。よく見たら葉が細くてどうやらホソバリンドウ (Gentiana scabra  var. buergeri  f. stenophylla )のようです。 ホソバリンドウは普通湿地に生えるのだけれど、ここはじめじめしていて湿地みたいなものなのか。ちなみにお隣にも咲いていました。

Rindou

昨日は風もなく暖かくてテントウムシ、カメムシ、ユキムシがスゴイ数でした。ユキムシは手を振るとくっついてくるくらいいました。

Yukimushi

今まであまりいなかったのは、単に暑かったからなのかも。

雪スコ、新しいのを買っておかないとまた壊れるかなぁgawk

2010年11月 4日 (木)

紅葉・涙雨

雨の紅葉もいいものです。

しっとりして落ち着きます。

晴れの日ならはしゃいだように明るい赤のドウダンツツジ (Enkianthus perulatus) も今日はおすまし。

Koyododan

カツラ (Cercidiphyllum japonicum) はちょっと沈んでいる。私の気持ちそっくり。

Koyokatsu

カナダの国旗にデザインされているサトウカエデ (Acer saccharum)、でも我が家ではあんな鮮やかな赤になったことがない(^^;)

Koyosugar

草本だって負けちゃいません。オカトラノオ (Lysimachia clethroides )、見て見て、素敵なオトナカラー(by aoikesiさん)

Koyookatora

2010年11月 3日 (水)

バロックコンサートin青葉荘教会

前日、強風で家が揺れ寝不足だったのですが、友人のYちゃんと一緒に仙台市のNHK近くにある青葉荘教会で催された、リコーダー、ビオラ・ダ・ガンバ、チェンバロの演奏会に行ってきました(11月2日)。(ナント!お招きですheart04Tちゃんありがとうhappy01)

とてもきれいな教会でした。

Member

「フランスバロックの愉しみ」

ルイ14世時代の、ジャック・オトテール「ル・ロマン」組曲、

ルイ15世時代の、ニコラ・シェドヴィル「忠実な羊飼い」よりソナタ4番など

(シェドヴィルはこの曲をヴィヴァルディとして発表したんだそうです。聞けばなるほどナットク。偽作を作っていたんですね。でも、とても楽しい曲です。)

ガンバの曲、マラン・マレのヴィオール曲集5巻より、もありました。ガンバの旋律が美しい。

Organ

教会の2階にはパイプオルガンもありました。音色を聞いてみたいですね。

演奏会が終わってからYちゃんのお友達に手作りのお菓子をいただきました。お店みたいにきれいに包装してあって、説明までついていました。Yちゃんが甘く煮たハックルベリーをあげたら、ハロウィンのカボチャも使ってパウンドケーキを焼いたとのこと。こんなに美味しくできるなんて、びっくりです。

Cake

今度我が家からも何かあげたら作ってくれないかなーcoldsweats01

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »