フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 蔵王の秋は深まりゆくノダ | トップページ | 八戸 »

2010年11月13日 (土)

アサ見学、実の収穫

多忙にてアップが遅れていますが、11月5日の野州アサ見学です。

本当は実の収穫のための、アサ刈り取り作業を見学する予定だったのですが、遅い台風が接近したため急遽10月30日までに刈り取ってしまうことになり、刈り取りは見られませんでした。(30日は私の方もトラップが壊れると困るので、急遽小国クリの回収へ行っていました。)

アサ生産農家の方のところへ伺うと、大勢の人が!!

なんとパン屋さんが、夕方の関東のニュース番組で取り上げられたそうで開店前から行列ができていました。(春は残り物をごちそうしてくれるくらいだったのに、テレビの力は凄い!!)

Pan

お昼前に売り切れたようでした。

さて、アサは、畑に病気になった雌が少し残っていました。確認すると中身はほとんどスカです。

Sickmi2

雄と雌の茎の太さを比較してみました。↓左が雄、右のつやつやした方が雌です。雄は花が咲きおわって役割を終えるとほとんど太くならないそうで、大森さんは「いやぁ、雄は哀れだなぁ。」としきりにつぶやいていましたcoldsweats01

Osmes

刈り取ったアサの穂はハウスに干されていました。手前は繊維取り用の茎です。

Mi1

下のように実がついています。

Mi5

果皮がついた果実(上)と、果皮を剥いた種子(下)。

Mi3

種子たくさん。結構大きさの違いがあるようです。

Mi4

種子の大きさの変異を調べるため、少量だけ選別をしないでとっておいていただき、のちほど計測をさせてもらうことにしました。

アサひき作業も並行して行われていました。今年は縄用の強い繊維を作ると言うことで、灰汁で煮る方法も行っていました。

Hiki2

左は発酵して挽いた繊維で今は金色のちに白くなりますが、やや弱いです。右はナラなどの木の灰汁で煮たのち挽いたもので、やや灰色がかっていますが大変強い繊維です。

Hiki1

« 蔵王の秋は深まりゆくノダ | トップページ | 八戸 »

植物」カテゴリの記事

コメント

お仕事忙しそうですね。
何よりのこと、がんばって。
麻の栽培なんて見たことないのでうれしい。
麻の実は七味トウガラシに入っているのを。
皮が固いけど油っこくて好きでした。

アサの収穫も大変なんですね。
勉強になりました。
それにしてもテレビの影響の大きいこと。
昔私の娘婿が京都の料理人をしているとき
テレビに出て、大変なお客が来たとか言っていました。
何か、良いことに、もっと使えそうな気もしますが
大衆というのは難しい相手です。
それでも
今日もスマイル

こんばんは
麻の調査、楽しみにお待ちしておりました。
まったく知識がなくて、発酵をさせるものもあるのですね。
実や干すところは見ていたのですが・・・・

まあ、相当な混雑・・・みなさん熱心ですね。美味しいパンです。
ランチも混んでしまうかもしれませんね。
営業としてはよろしいのでしょうが、私的隠れ家ではなくなってしまったのですね。

麻を強くする為に茹でるなんて・・・
初めて工程を知りました。手間がかかるんですね~~
麻を使ってどんなパンが出来たのでしょうか・・

麻がどのようになっていて、どのようにな行程で麻布になるのか知りません。今度じっくり見たいものです。

aoikesiさん、ありがとうございます。
多くのアサ栽培農家は人知れずひっそりと生産しています。無毒化されたアサを育てているのは栃木県のこの地域と九州の一部だけとのことでした。
アサの実は美味しいですね。このときも頂きましたが、コクがあって木の実のようでおいしいです。

kawazukiyoshiさん、ありがとうございます。
ここのご主人も以前来てくれていたなじみのお客さんのことを心配していました。テレビを見て来た人たちは一過性では、と冷静に受け止めているようでした。
マスコミを使って大きな良きことができるといいのですが、なかなかそういう方向には動いてくれないものですよね。

shibataさん、ありがとうございます。
繊維もいろいろな方法で作るものなのですね。美しい繊維をとるのには発酵させて薄く挽くようです。灰汁で煮ると色は美しくないのですが、大凧の太い糸や太鼓の皮を張るための強い縄になるそうです。
テレビではパンのことしか放送しなかったようで、皆さんパンを買われては、そそくさと帰って行きますcoldsweats01。カフェはまだ隠れ家として健在かも。

ムーミンママさん、ありがとうございます。
目的に応じた繊維を作るためにはいろいろな行程が必要なのだそうで、今回私もすごく勉強になりました。
アサの実パンというのもあるのですが、皆さんのお目当てはクロワッサン生地を型に入れて焼いたパンでした。

パフクマさん、ありがとうございます。
ここでは糸用ではなく、縄や紙用のアサを作っています。糸用は栽培方法から違うのですって、私も今回初めて知りました。

こんばんは~
ああ~~こんな風にして収穫するのですねえ~
できた麻~真っ白ですね。

種子も初めて見ました。
この季節~大忙しなんですね~

アサ栽培は日本では殆ど聞かないし、アサ栽培農家なんて知りませんでした。
アサが完成するまでには、大変な苦労があるようですね、勉強になりました。

sidu-hahaさん、ありがとうございます。
最初は少し黄色がかっているのですが、1年くらい立つと真っ白でした。右は茶色がかってくるようです。
大忙しの上にパン屋が大繁盛でうれしい悲鳴のようです。パン屋が閉まると、またアサ挽き作業とのこと、ほんとうに働き者です。

ふくちゃん、ありがとうございます。
アサもほとんど外国に頼っているようですが、神社のお祓いの時に使う大串につかいます。実用では大凧の糸、太鼓の皮をしめるなど、外国産では弱くて切れてしまうので国産でないとだめなんだそうです。
九州も無毒化したアサを栽培している地域があるそうです。

こんばんは☆ ご無沙汰してしまいましたー
元気になりつつあるぱせりですー♪
標高さん お仕事忙しいようで 元気そうでなによりです♪

麻の繊維やナラの繊維って… とってもきれいなんですねあの部分だけ見たら、プラチナブロンド?? =ω=*
ってなくらい ツヤツヤ☆!
木の皮なのにー 羨ましいよーなー♪

ぱせりさん、ありがとうございます。
具合悪いときは無理しないでね。
アサの繊維、きれいでしょう。私もサラサラはうらやましいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蔵王の秋は深まりゆくノダ | トップページ | 八戸 »