フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月23日 (月)

蔵王のことりはうす

いろいろと遅れ遅れでアップしていきます。季節の移ろいが早くてついていけない・・・

5月5日こどもの日は比較的天気が良かったので近くの「ことりはうす」へ行きました。入り口では「ツリーイング」といって、木に2本のロープをかけて上る遊びの準備をしていました。

春なので鳴き声は沢山聞こえるのですが、とにかく木が高いので遠くて姿がなかなか見えません。今日は祭日でお客さんが多いらしく、フクロウの気配もありませんでした。

もっぱら植物観察。こちらは♪並んだ、並んだ♪ヒトリシズカ。

Hitori

毎年楽しみなスミレサイシン。

Saisin

淡すぎず濃すぎずいい青です。

やっと撮れた鳥はおなじみカケス。

Kakesu

初心者にもわかりやすいですね。4,5羽飛んでいました。

あっ、木々の間に黄色いものが! キビタキです。

Kibi2

色合いがスモウトリカメムシに似ているかなぁcoldsweats01

こちらを向いてくれました。

Kibi1

最後に野営場の近くの大好きな花、リュウキンカを見てきました。暗い谷に黄色く輝いていました。

Ryukin

ことりはうすでは鳴き声だけがやけに目立つ鳥がそこここで啼いていました。聞いているとよく通る美声で数種類のさえずりをしています。ネットで調べたらガビチョウ(画眉鳥)という中国原産の鳥のようで、いろいろなさえずりの真似をしているのだそうです。あとで気づいたのですが、我が家の周辺でも啼いていました。クレオパトラみたいに目の周りに白い縁取りがあるよう(!?)なので撮影してみたいなぁ。

ところで寒暖の差が激しく体調を崩す方も多いようですね。

東京でセカンドオピニオンに関するテレビ番組を見ていたら、私と同じ症状が!!

意を決して今日病院に行きました。いろいろな場合が考えられるようで、水を飲んでおさまるなら食道炎、薬を飲んでおさまるのなら狭心症、2通り試してもなかなかおさまらないなら肋間神経痛かもしくは他の病気が考えられるようです。

とりあえずまた症状が現れたときのためにニトロを処方され、しばらく水と薬は常に持ち歩くように言われました。

症状はいつも出張で早朝に家を出たあとだいたい1時間以内に現れることが多いのです。ストレス、過労、運動不足が考えられるようで、とりあえず運動しないとダメですね。大きな災害があったけれどせっかく無事でいたのだから、大事にしないといけませんね。

2011年5月20日 (金)

八国山

先日は歴博の研究会で東村山市の八国山たいけん館というところに行きました。ここはかつて縄文時代の遺跡発掘をしていたときに訪ねたことがあります。「八国山」というと聞いたことがあるなぁ、と思う方もいるかも。隣の所沢市とともに「隣のトトロ」のモデルになったところです。私は仲の良い同級生がいて30年以上前にはよく遊びに来ていたのですが、うーーん、その頃は雑木林なんかがもっと多くて「おおー、環境の良いところだぁ」なんて思っていたのですが、さすがに住宅地が増えましたね。でもたいけん館の周辺は当時の面影が残っています。

Hachi

ここは線路沿いで公園として残っている雑木林です。

下は八国山たいけん館、子供や親子連れが沢山で賑わっていました。

Tankenmori

今回のテーマは縄文時代中期から後期の「下宅部遺跡」、標高480mは遺跡から出土したウルシ果実の同定について、標高ダンナは遺跡堆積物の花粉分析結果について話題提供しました。遺跡出土の豊富な漆塗製品や編そ製品(よーするに籠とか筌)などの見学もしました。最後に下宅部遺跡の復元画についてあーだこーだ意見を述べて解散しました。

宮城メンバーは被災地からきたのでみんなにいろいろ状況を聞かれました。東北大のKくんは自宅が落ち着いたら若林区や東松島市にボランティアに行ったそうです。自分の家も若林区なので結構ものが散乱していたと思うのですが、えらいなぁ。

研究会の帰りは東村山駅まで歩いて行きました。周辺は新しい住宅が多くなりましたが、途中には畑や昔の農家もまだまだ多く、写真の家はひいらぎの長い生け垣が文化財指定されていました。

Ikegaki

なつかしいconfident昔は杉並もこんな感じだったなぁ。

都心は震災の影響で店や駅も節約して暗くしている(らしい)。確かに昼間の中央線は室内の電灯を消して走っていたし、よく見ればデパートの照明も半分しかついていないところも多かったです。

でも山の中から出てきた私にとっては十分すぎるくらい夜が明るい!!

えー、まだまだ節約できるんじゃないの??

2011年5月10日 (火)

春のネコマンガ

春だからか?? なんだかネコがみな同じ姿勢を取る。だるいのか??

Nomiya1

クマネコ、なんだか一杯飲み屋に入ってきたオヤジのよう。

Nomiya2

「焼酎のお湯割りくれ!、つまみはあぶった丸干しね」

「あ、この突き出し食えないよ、オレ野菜嫌いだから。」

家の中ではネネ様までが!!

もしかして腰がだるい??

Baa1

こっちはなんだか、疲れて休んでいるばーさん。

Baa2

はー、寝ていたら疲れちゃったよ。

ん? なに写真何枚も撮ってるのよ!!

Baa3

アタシが可愛いがられてるからって!! イヤガラセ?!

はー、こっちが疲れた・・・(-_-;)

後の本は度重なる余震で崩れるので、頭に来て縛っておいてあります。学会誌ってなんで崩れやすいんだろう・・・(^^;)

2011年5月 5日 (木)

花の季節

桜は散り始めましたが、ここにも花の季節が到来。シラネアオイは今が盛りです。マクロレンズをようやく手に入れたので試し撮りしました。まだ具合がつかめずピントは要練習です。

Shirane1

標準レンズとして使えるので50mmのマクロにしました。

Shirane2

2.8と明るいので、暗い早朝でも手ぶれしなくていいです。特に年寄りにはcoldsweats01

Shirane3

白いシラネアオイはもう少しで開花します。

これらのシラネアオイはすべて近所の方にいただいたもの。昔は山の中に沢山群生していたそうです。開拓するときに庭に持ってきたとのこと。我が家の庭も10年経ってようやくこうした植物がストレス無く生育できるような林になってきました。

Suisen

えぼしスキー場はスイセン祭り、これは我が家のスイセン祭り。道側に植えてあるのがなんとかサマになってきました。

今朝は露がおりました。逆光の写真も比較的きれいに撮れるようです。

Tsuyu

被災地では避難所ではなく、破壊を免れた自宅の2階などに戻って生活する方も少なくないそうです。こうした方々は物資が行き届かず、自分の車も失って買い物にも不自由し大変な思いをして生活なさっているとか。河北新報にこうした在宅被災者を支援する団体の活動が載っていました。

「ふんばろう東日本支援プロジェクト」 事務局070-5535-5447

物資提供情報が載っているHPもあります。http://fumbaro.org/

義援金も沢山集まっているのに、被災者にはなかなか給付されないで、当座の生活に困っている方が多いようです。避難所のような大量の支援はできないけれど、こうした個人の細かい要望だったら応援できそうです。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »