フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月29日 (水)

京都のナラガレ防除

昨年も記事に書いたと思いますが、近畿とくに京都から滋賀、福井あたりにかけて、コナラ属樹木に対するカシノナガキクイムシのアタックがそれはそれはひどいものでした。

Naragare1

世界遺産にも指定されている下鴨神社の糺の森は樹木の高齢化が進んでおり、ナラガレの被害が甚大でご神木も枯れたりして大騒ぎになりました。

Naragare2

そこでペットボトルを使った防除が行われています。初夏までは成虫が他から飛んでくるのを受けて捕まえるため幹の周囲全体にペットボトルがつるしてありましたが、現在は幹に巻いたビニールだけ残されて、虫害で枯死した株を包んで、孵化した虫を捕らえるペットボトルが設置されていました。

Naragare3

下のペットボトルにはエタノールが入っているみたいです。

地道な作業、少しは効果があるといいのですが。

下鴨神社の垂れ幕は今年の干支、ウサギでした。リアルだけどなかなかかわいいです。

Naragare4

下鴨神社のなかにある河合神社(美人の神様だそうで)こんな特殊な絵馬が使われています。龍人さんのブログにも写真が載っていますよ。

Naragare5

Naragare6

塀の屋根に沢山のノキシノブが・・・歴史を感じます。

数年に一度のナラガレの大発生はけっして異常事態ではありません。こうして免疫力が落ちた木は虫との戦いに負け、丈夫な木が残り、連綿と森を無理なく再生、若返らせてきたのです。

いのちあるものはいつかは最後が来ます・・・

遅かれ早かれ・・・

2011年6月28日 (火)

紫陽花ライトアップ・三室戸寺

週末の京都でございます。目的は植物と美味しいものと安眠?!coldsweats01少し蒸し暑かったのですがとにかく地震を気にしなくていいので大変よく寝られました。

紫陽花が見たい~と言ったら、Dr.Tacchumi & うささん夫妻が「三室戸寺で週末だけライトアップしているから」と連れて行ってくれました。ありがとうheart04

導入路には灯りが・・・一つ一つ源氏物語の絵がついています。

Mimu1

なんでも最後の週末ライトアップということで、境内はエライ人だかりでした。

Mimu2

Mimu3

京都も比較的気温が低めだったようで、いつもだったらほぼ終わりかけらしいのですが、まだ開きかけの紫陽花も多く見られました。ブルーの開きかけも白が多くていいよねwink

Mimu4

このガクアジサイは終わり近いですが、ライティングの方向によっては美しいなぁ。沈んだ薄い紫にちょっと枯れ色が入っているのがやや侘び色で好きです。

Mimu5

バイオリン・デュオのお姉さん達が虫と戦いながら一生懸命演奏していました。お気の毒coldsweats02

2011年6月24日 (金)

柴田町「花の丘」

ちょっと時間ができたので、かねてから訪ねてみたかった柴田町の「花の丘」へ。場所は船岡城址公園の観音様のちょい下です。平日はトロッコが動いていないので駐車場から結構きつい坂をのぼらなければ行けません。

Hanaoka1

到着する頃には息がヒーハー(^_^;)でも坂には大きな桜やケヤキなど木陰が多いのでなんとか無事に到着。

ここは「花工房にこる」さんが柴田町の市民の方々と一緒に昨年から開墾して準備したガーデンです。準備の様子は「花工房にこる」さんのブログにアップされています。

Hanaoka2

南向きの平坦地で、西側は大きな木があり、西日や季節風を遮断してくれるのでとてもいい立地ですね。何カ所かにベンチが置いてあるので休憩できます。

Hanaoka3

可愛らしい色の組み合わせ。

ガーデンの端からは大河原の町(?たぶん・・・)が一望できます。

Hanaoka4

実はこの花々、にこるさんと市民の方々が一緒に植栽するはずだったのですが、ちょうど苗を運び終わったまさにその時にあの地震が!!

こんな山の上でさぞ怖かったのではないかと・・・

もちろん市民の方々は来られません。しかし苗をこのままおきっぱなしでは枯れてしまう、と、にこるさんご夫婦だけで全ての苗を植え込んだのだそうです。(@_@)

Hanaoka5

ニゲラやセージもちょうど花盛り。

Hanaoka6

パーゴラがたくさんたててありましたので、今後何が絡まって咲くのか、楽しみですネ。

お時間のあるときに(ちょっと登るのが大変ですが)どうぞいらしてみて下さい。さながら山上の別世界です。

数日出かけますので、亀レスになりますがご容赦下さい。

2011年6月19日 (日)

ウルシ・リベンジ?!・常陸大宮

あれから10日後の6月16日、行ってきました、ウルシの雌雄をたしかめに。

来年、花粉のトラップをしかけるため、花粉を飛ばす雄の木がどこにあるか把握しておかなければならないのです。ばっちり咲いていましたが、花期は比較的短いらしく、もう終わりかけの木も多かったです。

Urushitree

ここはもう掻き終わっている5本の木、樹高10m以上の立派な木です。でも下の枝にも花がついていたのでうまいこと花の写真を撮ることができました。

Os1

雄、少し花穂がふさふさしています。拡大はこちら

Os2

花の先端にしっかりした雄蕊が飛び出ているのがわかります。

雌はというと

Mes1

見た目ややまばら。拡大はこちら

Mes

すでに子房が大きく膨れています。見る時期が少し遅かったかな。花粉のない雄蕊がいちおうついているのですが、この花穂ではすでにほとんど目立ちませんでした。

Sakusei

道路では全ての木のさく葉標本を作っています。みんなウルシにかぶれるので手袋をしています。私はあんまりかぶれず、標高ダンナはまったくかぶれません。素手で手伝っていたら、左手の上で標本を作られてしまいました。左手は今も少し赤くなっていますが、腫れずにあまりかゆくもなりませんでした。

ウルシは幾度もさわっているうちに慣れると言う人もいますが、大子のウルシ職人さんは毎年かぶれるそうで、慣れて強くなるわけではなさそうです。

渓谷にあったヤマウルシです。見分けるポイントは葉に毛があることですが、ぱっと見ウルシに比べると葉が短いですね。ウルシよりきゃしゃなかんじです。

Yamaurushi

お昼はそば道場というところでした。私はヤマメの唐揚げつきそば。

Yamame

隣のスイス人留学生のそば三昧、美味しそう・・・

Sanmai

留学生のR君は、ウルシにかぶれるかどうか、自分の体にウルシを塗って試したことがあります。顔までものすごく腫れ上がったのですが、以前それを自分で写真に撮ってみんなに見せていました。今回も腕が腫れた様子の写真を持ってきてウルシ職人さんに見せていました。わざわざ漆液を塗って試すとはなかなかのつわものです。

今回お世話になった工房の職人さんのひとりがウルシを掻いていたときに、タカッポ(漆液を貯めた容器)をひっくり返して肩からかぶってしまったことがあったそうです。そういうときはウルシをこそげとってからラップを体に巻き付けて空気に触れないようにすると早く治るらしいです。かゆくても我慢して掻かないのが一番いいそうですが、そうは言っても寝ているときに無意識のうちにかきむしってしまうようですね。

標本を作っていたSさんは、手袋をしていたにもかかわらず、お昼にすでに手がかゆい気がするbearingと言っていました。

お大事に・・・

2011年6月18日 (土)

ハーブ祭り・ひらきゅう(蔵王ハーブ)

ウルシ調査の報告の前に、この土日、ハーブ苗販売のひらきゅう温室でハーブ祭りが開かれていますので、急遽ご案内。アクセスはひらきゅうさんのブログでご覧下さい、明日もやってますheart01

農場長(http://hirakyu.exblog.jp/)hiraqTさんにご挨拶することができました。

お忙しい中ありがとうございますm(_ _)m。

Dsc07448

こんな感じの温室がたっているところです。

温室前のディスプレイ、さまざまなハーブ。

Dsc07449

標高480mはスカビオサ・ムーンダンスや白い毛に覆われたアキレア・クリペオラータなど買わせて頂きました。最挑戦のエーデルワイスも。

丹念に探すとけっこう珍しい掘り出し物があったりします。たまーに名札がついてなかったりしますが(^_^;)

土曜日は産直野菜などを販売するわいわいはうすのプレオープンでした。

Dsc07450

中でお料理を作っていらしたのは、以前ウォッチン宮城にご出演されていた「アトリエデリス」の佐々木シェフでした。いい匂いが温室中に・・・・

Dsc07447

ハーブティー、クッキー、野菜や卵、草木染め工房の製品も展示されていました。新鮮でぱりっとしたお野菜を買わせて頂きました。欠食児童のダンナが指をくわえて待っていたので、早めに帰ってきてしまいました(T_T)。

明日も行けたらもう少しまったりしてきたいです。

2011年6月14日 (火)

ウルシ調査・茨城県常陸大宮市

来年ウルシの花粉調査をする準備で茨城に行ってきました。本当は花が咲いていて木の雄と雌を区別する予定が、今年は開花がだいぶ遅いようです。今週もう一度確認することに(^_^;)・・・で、花の写真はそのときにでも。

Urushi1

掻きあとがすごい・・・

Urushi3 

こちらは田んぼの土どめに掻き痕があるウルシを使っています。結構太いです。

割材は中の黄色い部分がわかります。

Urushi2

こちらは切り株、1つの株から多数の新芽が伸びていました。

Urushi4

漆畑の奥にあった、墓地の脇の大きなハゼノキが何故かみんなの注目の的に・・・

Haze

秋は紅葉が見事でしょうね。

荻房奥久慈工房で漆塗の過程も見せて頂きました。あじのあるいい器もありました。

Urushinuri

器が黒くくすんでいるのは、強度を増すために焼いた珪藻土をまぶしてあるからです。この上にガラス板の上の漆液を混ぜて塗り、何度かこの行程を繰り返します。

今週はちゃんと花が咲いたかな??

鎮魂コンサートin天童

天童美術館のバロックコンサートすばらしかったです。バイオリンとソプラノの方のドレスが深い青と目の覚めるグリーンでしたが、デジカメの充電を忘れていて、撮れなかったweep

Tenmus

美術館の正面玄関です。当日は絵本の原画展も行われていて、こちらも懐かしかった! 「ぐりとぐら」の作家や「馬場のぼる」「長新太」の作品もありました。

最後の曲はバッハの「主よ 人の望みの喜びよ」でした。偶然にも地震の時に私の部屋でたまたま本棚から落ちて一番上に開いていた楽譜です。

ドレスの写真のかわりに、一緒に出かける前にささっと写した、Yちゃん家の庭写真です。

Yg1

ジャーマンアイリスもいい色ですね。さすが、配色がとてもきれいです。

Yg2

2011年6月 9日 (木)

コンサートのお知らせ

直前になってしまいましたが、山形県天童市で開催されるミュージアムコンサート(バロック音楽)のお知らせです。標高480mはもちろん行きます。

Dsc07373

6月12日 日曜日 午後3時から 

天童市美術館エントランス 

入館料のみ一般500円必要です。

構成はソプラノ、バイオリン、ビオラ・ダ・ガンバ、チェンバロ

曲目 クープラン ルソン・ド・デネブル1番

    JSバッハ カンタータ36番より

    コレルリ ラ・フォリア        ほか

当日は宮城県美術館所蔵 絵本原画展「絵のチカラ」が開催中です。

2011年6月 8日 (水)

花の季節(^.^)

5月中は多忙のためアップできなかった初夏(晩春?)の花々をすこし。約半月前の七日原です。

セイヨウキランソウ(アジュガ)のへら葉タイプ、花工房にこるさんで頂いてきた株がこんなに沢山、立派な集団になりました。

My1

ちょいとマニアックですが、我が家のミズナラの赤ちゃんどんぐり、今年も沢山なりました。ミズナラは毎年実をつけるのですが、そばのコナラは今年も無し、いっこうに実をつける気配が無く、何が気にいらんのか??

My2

藤の花、毎年コレを見るとなんでか美味しそう(^。^)と思う。

My3

美味しそうだからアリンコも多いのかな。

そして、昨年歴博でサクラソウの展示を見て「いいなぁheart04」と思って三春で買ってきた「美女の舞」へたくそな私ですが、今のところ立派に育っております。

My4

斑入りのポレモニウム(ハナシノブ)画像は15日前のものですが、今日でもまだぽつぽつ咲いています。この淡いブルーがお気に入りです。

My5

木陰にひっそりと咲くスズムシソウ。心なしか毎年小さくなっている気が・・・coldsweats02 花が終わったら腐葉土たっぷり足してやらねば。

My6

おまけ。テルズコレクションの素敵なベンチと利休梅です。今は違う花が咲き乱れています。

Tel1

2011年6月 5日 (日)

クラネタリウム

山形の仕事はすぐ終わりましたので、かねてより行きたかった鶴岡市の加茂水族館へ。

Kamo1

そして遅い昼食を館内の食堂で。

Kamo2

ちょっと変わってるでしょ? 実はコレ、ここの名物「エチゼンクラゲ定食」左上はクラゲの生春巻き、右上はクラゲ刺し、クラゲの酢の物と味噌汁の具にクラゲ入りガンモ。デザートはクラゲ入りコーヒーゼリーでした。完食してもカロリーかなり低めですcoldsweats01

実はここ、日本で二番目に古いとか?! かなり古いらしいです。少ない来館者をなんとか増やす目玉商品はないものかと、現在の館長さんが目をつけたのがクラゲ。

Kurage

キタユウレイクラゲ

(coldsweats02エクトプラズムぢゃないですよ)

14年前からはじめたクラゲ展示、最初はすぐ死んじゃって大変だったらしい。

Kuraandon

アンドンクラゲ

徐々に繁殖もできるようになり、こんなクラゲも 

ちょっと写真あまり上手く撮れませんでしたが、「オワンクラゲ」

Owank

「聞いたことあるなー」と言う方、化学通?? 

そう、ついこの間下村博士がノーベル賞を受賞した研究のきっかけになったのがコレ。加茂水族館にも訪れて、館長がアカクラゲ模様のネクタイを贈り、下村博士がそれをしめて一緒に撮った写真も飾ってありました。

Kurage2

クラゲの円舞

Kurage1

なんか、きれいな日傘のよう。

Kurage3

宇宙船??

そして、オワンクラゲは緑色に光っていましたが、ウリクラゲの仲間は虹色の光をくるくる回しながら泳いでとてもきれいです。

Kurage4

いっぱいいるので名前がわからなくなっちゃったcoldsweats01

40種類くらいのクラゲが展示されていて、見ていて飽きません。結構リピーターがいるというのも頷けます。入館料800円也。

クラゲの写真集を買って帰りました。

2011年6月 2日 (木)

切り絵展

震災により遅れていた、年度末で終えるはずの仕事がようやくおわりほっと一息。(実は内心、もうないよね?忘れていないよね?と自問自答の繰り返し(^^;))

心にも少し余裕が出てきました。

今日は朝から早速ブロ友aoikesiさんの切り絵展へGo!!

場所は白石駅から徒歩2分の寿丸屋敷です。

Dsc07350

古い民家、アヤメが花盛りでした。

花の切り絵が沢山、ヒマラヤの青いケシ・メコノプシスの写真も。ホームページでも見られるのですが、やはり本物は質感があってとてもきれいです。和紙を使っているので微妙な色合いと柔らかい感じがなんともいえずいいです。

Dsc07351

aoikesiさんとしばしお話をして、絵はがきを買わせていただきました。売り上げの一部はあしなが育英会へ寄付されるそうです。

6月5日の日曜日(日曜日は午後3時まで)まで開催されていますので、お近くの方は是非どうぞ。

2011年6月 1日 (水)

庄内でした

仕事で山形に行っていました。久々に山形自動車道を通りましたが、川崎町内は結構ガタガタでしたね(@_@)

月山近くは道路脇にまだまだ残雪が・・・

Yamako2

それでも新緑がもうかなり濃く、トチノキも咲き始めていました(あ、写真はブナね(^^;))。

Yamako1

月山は少しもやーっとしていましたが、鳥海山はきれいに見えていました。ちょっと田んぼの道に入って撮影。イネももうこんなに伸びているんですね。

Yusacho

ネムイので続きは明日。

最近昼間連絡してもなかなか応答がないな、と思っていた次男くん、仙台市のボランティアにいっていたようです。今日は驚いたことがあって連絡してきた。ボランティアで一緒になったグループに、大学時代のクラスメートがいたそうです。東京の一流商事会社に就職していて、会社のグループで4日くらいのボランティアツアーにきたとか。本当にありがたいことですね。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »