フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 鎮魂コンサートin天童 | トップページ | ハーブ祭り・ひらきゅう(蔵王ハーブ) »

2011年6月14日 (火)

ウルシ調査・茨城県常陸大宮市

来年ウルシの花粉調査をする準備で茨城に行ってきました。本当は花が咲いていて木の雄と雌を区別する予定が、今年は開花がだいぶ遅いようです。今週もう一度確認することに(^_^;)・・・で、花の写真はそのときにでも。

Urushi1

掻きあとがすごい・・・

Urushi3 

こちらは田んぼの土どめに掻き痕があるウルシを使っています。結構太いです。

割材は中の黄色い部分がわかります。

Urushi2

こちらは切り株、1つの株から多数の新芽が伸びていました。

Urushi4

漆畑の奥にあった、墓地の脇の大きなハゼノキが何故かみんなの注目の的に・・・

Haze

秋は紅葉が見事でしょうね。

荻房奥久慈工房で漆塗の過程も見せて頂きました。あじのあるいい器もありました。

Urushinuri

器が黒くくすんでいるのは、強度を増すために焼いた珪藻土をまぶしてあるからです。この上にガラス板の上の漆液を混ぜて塗り、何度かこの行程を繰り返します。

今週はちゃんと花が咲いたかな??

« 鎮魂コンサートin天童 | トップページ | ハーブ祭り・ひらきゅう(蔵王ハーブ) »

植物」カテゴリの記事

コメント

やはり全体的に開花や成長遅れてるんですね。
蛍の飛ぶのも遅かったしなぁ。。

ウチの朝顔 一ヶ月ほとんど成長してません。
ここ2,3日やっとツルが伸びてきた感じ。
寒いんやろかtyphoon

おはようございます。
ウルシの木、興味深いです。なかなか強そうな木ですね。
こうしたものを生活に取り入れてきた文化はすごいです。
山でよく見かけるヤマウルシとウルシはどう違うのでしょう。
花も実も見たことがありません。
次報が楽しみです。

樹形のよいハゼノキ、紅葉が見たいですね。たしかハゼノキもウルシの仲間?

ウルシも遅れ気味ですか。
標高さんはウルシが平気なんですね。
その場所にいるだけでかぶれそう。
ハゼノキ、こちらにあるのはヌルデですね。

うささん(^_^)/
そちらも涼しいですか。ウチも窓からまだ雪がみえますからね。
あっ、そういえばソライロアサガオやヒマワリが出てこない(*_*)

shibataさん(^_^)/
ウルシもまた日常生活で使ってきた木なので、昔はいたるところにあったようです。
ヤマウルシは葉に毛があり、ウルシはつるつる。葉柄もヤマウルシは赤っぽいものが多いです。果実はもっと違って、ヤマウルシはガサガサして毛だらけですが、ウルシの果実はつるつるです。
ハゼノキもウルシの仲間です。果実も似ています。

aoikesiさん(^_^)/
あ、そういえばこの前もさんざ触りましたが、大丈夫でしたね(^_^;)。
ハゼノキはこのあたりでは盆栽くらいしかお目にかかれませんね。
ヌルデは荒れ地に沢山ありますねぇ。

今年もウルシの調査が始まったのですね。
地震の影響が、こんな所にも出ているのでしょうか。
植物は全体的に、昨年より成長が遅れているように感じます。
畑をしていると、つくづくそう思いますね。

ムーミンママさん(^_^)/
地殻変動と関連があるかどうかはわかりませんが、まだ寒気が居座っているのでどこも花が遅いようですね。この時期で晴れが続くのもなんとなく変ですね。
今日は山形に行った方にサクランボのお土産を頂きましたが、山形も寒く、サクランボが少ないと言ってました。

おはようございます。
調査~^御苦労さまでした。

やはり季節が移るのが遅いのでしょうねえ~^
二度出かけるって、楽しいですが、調査が二度は大変ですね。

大きなハゼの木ですねえ~
ほんと、秋が楽しみになりますね。

ウルシと聞けば痒くなりそうですが、大丈夫なんですか、触る時には特別にゴムの手袋などで・・・。

毎日があめです、シトシトです、部屋の中までジメジメです。

sidu-hahaさん(^_^)/
調査は大変なときもありますが(私は最近運転しないので乗っているだけですが)、楽しいですね。
ハゼノキは秋に木全体が真っ赤になるので、スゴイ光景でしょうね。

ふくちゃん(^_^)/
体調に寄りますが、あまりかぶれないんです。今回も素手でいましたがなんともありませんでした。
昨日今日はこちらも梅雨みたいな振り方でしたが、まだ梅雨入りしないらしいです(^_^;)。山形はいい天気のようです。

二度目の調査は終えられましたか?
お仕事とは言えあちらこちらと出向いての調査、ご苦労様です。
職人さんの素手での漆塗りの行程はテレビで見ますが
標高さんも素手ですか?かぶれないとは恐れ入りました。

zeroさん(^_^)/
まあ、多少は赤くなるのですが、それほどひどくはありません。
花に間に合うように2回目行きました(^.^) 誰かさんが私の左手の上で標本を作っていたので左手だけやや赤くなっています(^_^;)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鎮魂コンサートin天童 | トップページ | ハーブ祭り・ひらきゅう(蔵王ハーブ) »