フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月18日 (木)

初クマ&お知らせ

Kumachan

オレのこと?

違いますcatface ホンモノのことです。

すぐ上の別荘に来ている方がご自分の敷地でクマさんを目撃。私が見たのとほぼ同じ位置で同時刻、朝の6時前です。

しょっちゅう遭遇していそうなネネ様。立ち方もばーさんっぽくなってきた・・・

Nenesama

ところで、やや多忙にて皆さんの所になかなかうかがえません<(_ _)>。もうちよっとだぁー!!

お知らせその壱:今度の土曜日(20日)、岩手県一戸町のちょうど真ん中あたり、4号線沿いの朴舘家という古民家でウルシを絞って蝋をとる実験をします。主催は一戸町教育委員会、作業は首都大東京の考古の皆さん。詳細は御所野遺跡のHP http://www.town.ichinohe.iwate.jp/goshono/で。標高480mは前日からはいります。

お知らせその弐:明日金曜日、東奥日報の夕刊に標高480mの書いたコラムが掲載されます。

「あおもり縄文紀行」(種子は語る)

監修は岡田康博氏で毎週金曜日に連載されているそうです。

とはいえ、こっちでは見られませんねぇ。PDFでもらえるようなので、時間が経ったらひとにあげてもいいかどうか聞いてみます。

オマケ:我が家で増殖中のイブキトラノオ、我が家のは真っ白ですが、今年は花の写真を撮っていませんでした。

Ibuki1これは発芽1年目、葉っぱが1枚。ガーデンピックの根元にあるやつです。我ながら良く見つけたと思う。これの上方に親株があります。

発芽2年目、葉が2枚、ずいぶん大きくなっていますが、生きているウチに花が咲くのを見られるのか?!

Ibuki2_3

携帯電話を新しくしました。これも扱うのに一苦労。でもやっとエリアメール(緊急地震速報とか)を受信できる機種になったのでテレビラジオに頼らなくてもよくなりました。






2011年8月11日 (木)

刈田岳・チョウと花

息子とヨメをだしにして、お釜に行ってきました。

わーい、チョウチョだ!!とはしゃぎ廻る落ち着かない親で、おヨメちゃんはびっくりしたでしょうね。そのチョウチョです。沢山いますが、近くに来ないかなぁ。

Asagi1

なかなか止まってくれないなぁ。

Asagi2

やっと近くで止まってくれました。このチョウは渡りで有名なアサギマダラ。ブロ友ふくちゃんによると長崎では10月頃ボロボロの姿をみかけるそうです。なぜそんなにしてまで??

Asagi3

ところで止まっている植物がオンタデなのかイタドリなのかわかりません。図鑑によると茎と根っこが太いかどうか・・・って比較できないからわからんじゃん!

ほかにもヨツバヒヨドリや

Ayotsuba

ヤマハハコや

Ayamahaha

シロバナトウウチソウの雄蕊にまみれた虫

Atouuchi

ミヤマコウゾリナ、これはウチにあるコウリンタンポポの仲間です。

Amkouzorina

シロニガナ (あ、普通か・・・)

Ashironigana

可愛いコマクサもまだ咲いてました。

Akomakusa

この「階状土」という地形にまたまた夫婦で見とれてしまうのは地質出身の証??

Akaijo
白っぽい砂礫のラインと植物の緑のラインが交互状に配列しているのがわかりますか? 周氷河地形である蔵王の階状土はなかなか美しいです。


2011年8月10日 (水)

長男夫婦帰国(^。^)

ちょうど七夕に帰ってきたので、どうせならと仙台で待ち合わせて一緒に七夕見物をしました。カノジョは結婚して娘になってからはじめての帰国です。でもまだ実感無い(^_^;)・・精神的にコドモなので。

今年はいろいろな意味で特別な七夕ですね・・・

これは子供達が折った白い折り鶴でできた吹き流し。

Tana1

折り鶴の下には○○中学校などの札がついていました。

Tana2

紫も鎮魂のイメージですね。

こちらは帯にいろいろな折り紙を貼り付けた凝った吹き流しです。

Tana

眺めていたら、隣でこんな会話が。

「すごいねー、ねっぱすの大変だったろうね」

「えーっ? ねっぱすってナニ?!」

「しらないのー? ほら、糊つけてねっぱすの・・・ヤダー、宮城だけ??」

どうやら大学の同級生かな。3人連れ立っているウチの1人だけが宮城県人のようです。

おヨメちゃんがお茶やさんの前の行列を見つけました。抹茶ソフト、食べようか。

Tana3

この日の夕飯はベトナムの揚げ春巻きを作ってくれました。疲れているだろうに、一生懸命作ってくれました。ニョクマム(魚醤)をつけて食べます。

Ryori

緑色のほうは、ナガコショウの葉で巻いたもので、とってもスパイシーhappy02

ハノイでは生春巻きは食べないそうです。

翌日は蔵王のお釜へ。昨年来たときは霧と雨で見えなかったのでもう一度。

Kama

この日はきれいに見えましたeye

私は「ほらほら、シロバナトウウチソウがきれいに咲いてるよ」とか「コマクサがまだ咲いてる!」など叫びながらうろうろ。また、この日は駐車場の周りにアサギマダラが沢山ふわふわ飛んでいたので、カメラ持ってわーいわーいと夢中で追いかけていましたので、ヨメは「まあなんと子供だこと」とあきれたかもcoldsweats01

温泉に一緒にお泊まりしたり

Yuto

ゆと森のコンサート

なんだかあっという間でした。このあとは東京へ。

次男も東京に就職が決まったので準備がてら一緒に東京へ。母がぼーっとしている間に次々とことは運んでいきますねぇ。


2011年8月 6日 (土)

天の川見えた

4日は息子とともにまたまた仙台フィルの演奏会です。食いだめならぬ、聴き貯め、8月後半からはかなり多忙、秋もしかり。これは今年最後の楽しみかも。

聴衆にはお子さんも多く、耳覚えのある曲ばかりで楽しかったです。最後はシベリウスの「フィンランディア」実はこれ大学オケ時代に1stViolinで弾いたので懐かしかったぁ!! 息子も自分の吹いていたコルネットを見つけて喜んでいました。

夕方、パフクマさんと待ち合わせてイタリアンレストランで食事しました。こじんまりして他にお客さんがいなかったので、ずいぶん落ち着いて長居してしまいました。

帰りは霧雨と霧の中の運転、夜のドライブで楽しみな夜行性の動物も全く見かけず、さびしいなぁと遠刈田温泉街をぬけて高度を上げると、我が家付近は雲がない!!運転していても星が見えます!

家について車のライトを消したら、

満天の星!! 天の川もはっきり見えました。それで三脚持ち出して何枚も失敗してやっと撮れた写真がこれ。うーーん、天の川見えるかしら。

Sky1


左下の方でちょっと暗い部分があるのは木が写ってしまったためです。真ん中へんの下から上にかけて少し白っぽく見えるのが天の川です。

Sky2

これは左3分の1くらいの広い幅が天の川。

このときは流れ星もかなり見えていました。(何か流星群がきていたのかと思うくらい、10分見ていたら4個くらい流れました。)でも写真には撮れなかった(T_T)

で、見え過ぎちゃって星座がわかりませんでした。

2011年8月 4日 (木)

もうすぐ七夕

もうすぐ七夕、そしてお盆というのに、雨が多く寒い日が続いています。昨日は日中少し日が覗いてまだましでした。

でもこの涼しさのおかげかどうか、ネネ様の食欲が回復しました。

夏ばてだったの?

Dsc07864

朝じゃありません、昼寝です。

めくっただけでにらまれた・・・ええいっ、そんなに寒いかっ!!

仙台の七夕(7日と8日)には飛行船が再びお目見えするらしいです。今は秋田の竿灯見物とか。
またこのフワフワが見られるかもしれませんよ。

Ltsp608


ただ、うちは6日~息子とヨメサンが帰ってくるのです。6日は七夕見に行くけど、7,8は蔵王なので・・・見られないか・・・

最後のウツボグサがまだ咲いています。今年は案外花期が長かった。

Utsubo

今、標高夫婦の話題は、あぶないんだか安心なんだかよくわからん放射能よりも、もっぱら富士山です。

富士山は過去に、延暦(800年)・貞観(864年)・宝永(1707年)と大きな噴火をしていますが、その前には広域震源のプレート型の巨大地震があって大津波も伴っています。

大変なのは噴火のときに噴出する火山灰とスコリア(簡単に言うと軽石の黒いの)です。宝永の噴火の祭には江戸には厚さ4センチもスコリアが降り注ぎました。水ではありません、固くざらついた火山の石です。もちろん流れてなんかいかないし、集めてどこかに捨てない限りずっと残ります。

うーむ、今の東京にこれだけのスコリアが降り注いだら、首都機能は完全に麻痺してしまうでしょうな。

2011年8月 2日 (火)

原発被害

福島県に続き、宮城県の牛肉が全面出荷停止になりました。宮城県南の白石・蔵王の知り合いの畜産農家は、早期から放射能による牧草汚染を想定しており、自前で牧草を育てている農家の多くは刈り取って包んだあと畑にそのまま保管してあります。もちろん場所と採草年月日をきちんと記入して。

だからこのあたりの酪農家は早期の全頭検査を望んでいます。自分たちのエサの管理には自信を持っているから、早く検査して安全宣言して食べてもらいたいのです。

Grass

近所の畑の牧草、右は5月、左は7月に刈り取ったもの。何事もなければこのまま美味しい牧草ロール(ロールベールサイレージ)になっていたのにweep

近くにはひっそりとヒマワリ畑も。ヒマワリは放射性物質を沢山吸収するそうです。畑の除染対策??

Himawari

県北は放射性物質の拡散予測図でもほとんど飛散していないと想定されていましたので、まさか牧草から放射性セシウムが出るなんて思いも寄らなかったでしょう。今日はついに酪農王国の岩手県も出荷停止に!!岩手県では青天の霹靂でしょう。もっと早期から先手を打って対策し、周知徹底すれば防げた被害なのに、なぜ日本政府はあらゆる対策が後手後手なのでしょう。

ところで南西の方角の茨城や千葉、お茶から放射性物質が検出された静岡などは大丈夫なのかなぁ?? 静岡は安全宣言をするために測定をしたのに、高い放射性物質が検出されてしまって慌てたそうです。初期には測定した企業に公表を控えて欲しいと頼んだとか。こういう事実がのちに明るみに出るので、またまた不信感をあおってしまうのですね。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »