フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« またまたそくほー! | トップページ | 積雪! »

2011年11月21日 (月)

下北半島埋没林

青森の続きです。下北半島を訪ねる巡検に参加しました。学会終了後、弘前から野辺地まで移動し、すでに真っ暗です。ついたところは野辺地町馬門のデラックスな温泉ホテルでした。さぞや高いと思いきや今お得なパックがあるそうです。夕食はこんな豪華なお膳で、結構美味しかった。野辺地は学生実習で毎年のようにいってましたが、いつも公民館を借りて寝袋自炊だったので、こんな豪華なホテルがあるとは知りませんでした。

Onsen

温泉もひろびろしていてゆったり入れました。

翌日、まずは冷水峠の現生ヒバ林へ。この辺にあるヒバは天然分布域と見なされているそうですが・・植林か天然林かは??

Hibarin1

下にはヒバの葉や球果が沢山落ちていて、みんな夢中で拾いました。

林床では沢山の実生苗が発生していました。

Hibarin2

ヒバの赤ちゃん。

今度は太平洋側の東通村へ下りました。ここには鳥取砂丘を上回る日本最大の「猿が森砂丘」があり、そこにヒバの埋没林が存在していますが全貌はまだわかっていません。

Maibotsu1

埋没林とは昔生育していた木が何らかの要因で死滅し立木の集団のまま堆積物に覆われて残った林のことです。

倒れた根っこもありました。すみっこに人を入れてみましたので大きさがわかると思います。

Maibotsu2

この木は砂に一度に覆われたのではなく、何回にもわけて砂が覆っていったようです。木の側面を見ると、幹から突出したいぼいぼが何層にも見えるでしょう。砂が覆うごとにその都度高いところに根を出して生き延びようとしていた記録が刻まれています。幾度も幾度も根を出して生き延びようとしていました。

Maibotsu

小さな沢の底からもニョキニョキと沢山の埋没木が出ています。どれも立派なものです。

Maibotsu4

ヤブコギしてずいぶん奥まで行きました。

Maibotsu3

みんな100年超えの立派な木です。年輪数トップは327年だそうです。

Maibotsu5

猿が森ヒバ埋没林を研究テーマにしている大学院生のH君の案内で大変貴重な化石林を見学することができました。H君ありがとうございました。























« またまたそくほー! | トップページ | 積雪! »

植物」カテゴリの記事

コメント

埋没林って興味があります。
自然はいろいろな姿を見せてくれるものです。
豪華なホテル・・・よかったですね。

こんにちは。
相変わらず、忙しく飛び回っているのですね。
ベリーちゃんたちが美味しいジャムに変身したり、
山々はもう雪帽子になってりと・・・
時間は止まってはくれませんね。私もなんとか無事にコンサートを
終える事ができました。またカメラと戦う?日々になりそうです(笑)

不思議な風景ですね。
何がこの埋没林を作ったのでしょう。
埋もれたのは、随分前のことでしょうね。
自然は不思議ばかりをくれます。
今日もスマイル

aoikesiさん(^_^)/
森だったらなんでも興味アリ、ですね(o^^o)私も結構いろいろな場所の埋没林を見て来ました。公開されているのは富山県の魚津埋没林かな。
仙台市の氷河期埋没林が保存されている「地底の森ミュージアム」は行かれましたか? データから再現した庭園の氷河期の森も成長してだいぶさまになってきました。

ムーミンママさん(^_^)/
無事コンサートが終わられましたね。いよいよ復活ですね(o^^o)。
七日原は朝から降っていた雪が夕方とうとう積もり始めました。今2センチくらいです。

kawazukiyoshiさん(^_^)/
不思議な光景の埋没林は全国各地にあり、成因はいろいろですが、ここの埋没林のほとんどは砂丘の砂が動くことによって林が埋まって枯死したそうです。堆積過程や年代測定などの調査によると、これらは一時期に埋まったものではなさそう、5000年くらい前から現在までおよそ5回の埋没期があるらしい、ということでした。

なぜ砂丘化して埋没していったん??
なぜそんなとこが沢山点在してるん??
これからもそれは起こるん??
クッキー美味しかったheart01
ジャムはこれから夜食でヨーグルトといただきます。
ありがとー

うささん(^_^)/
日本の海岸砂丘は川から流れてきた砂を海岸付近に運ぶ海流とそれを陸側に運ぶ強風が一致すると形成されます。鳥取砂丘もそう。あまり知られてないけど仙台も砂丘列が少なくとも3列あります。
砂丘は常に風で砂が移動するので植物がなかなか定着しません。そこで人間が飛砂を防止するために昔から植林が行われてきました。海岸の松林はぜんぶそれ。マツ林が発達するとそこに腐植層ができて落葉樹が定着していきます。
今回の津波で海岸林がぶっ飛んでしまったので、急いで植林しないと砂丘面積がどんどんひろがる可能性はあります。仙台井戸浜のナラガシワもなくなってしまった-、哀しいよう。
クッキーはジャムのお口直しってことで、勘弁して下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« またまたそくほー! | トップページ | 積雪! »