フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 穏やかな日は | トップページ | 雪の日 »

2012年1月15日 (日)

刈田嶺神社どんと焼き

宮城のどんと焼きは14日が多いです。関西方面は11日、標高ダンナのふるさと高松も鏡開きと同日らしい。

遠刈田温泉では同じ日に「ちゃせご」という子供の行事があります(買い物の時に通過しただけなので写真はありませんが)。で、夕方の温泉街は子供だらけでした。なんかいつもより多いな??と思ったら、別荘地などに避難してきている子供達もお誘いを受けたようです。お菓子をいっぱいもらえるのでヨカッタネ。

かつては東北の様々な場所でおこなわれていた「ちゃせご」。徐々に行われなくなってきました。蔵王では「子供が物乞いのような行為をするのはいかがなものか」ということで2年くらい中止されたときがあったようです。まったく文化を理解していないおバカな大人達の言うことをそのまま鵜呑みにするほうがいかがなものか。

夕方、「あきの方からちゃせごにきした」と言いながら子供が厄年の家をまわって歩き、厄年の家ではお料理やお菓子を子供に差し出すことによって厄を回避する、ということらしいです。「あき」は福の神のいらっしゃる方角のこと、すなわち子供は福の神の化身なのです。

現在では厄の家だけではなく知り合いなどの家や店を回って歩きます。普段は閑散とした温泉街でも、沢山の子供が歩いているとなんだか活気があるようでいいですね。いつも買い物に行くキムラヤにも子供が群がってた沢山くれそうだものね。

刈田嶺神社は人が少ないので7時半くらいにならないとどんと焼きの火がつきません。今年は8時前に行きました。

Dont1

そうしたらもうスゴイ火が上がっています。

Dont0

おみくじ売り場の隣では甘酒を配っています。標高ダンナは甘すぎるからと言ってパス。

Dont2

狭いところで大きい火なので管理が大変。そばを通るとスゴイ熱さ。

Bdont_2

拝殿の周りは静かです。まぁ、人口が少ないからね

Dont6

カエル狛犬も元気?!

Dont3

近所のKさんが消防団で火の番をしていたのでご挨拶してすこしおしゃべりしました。

Dont4_3

Dont5_2

今年は平安でありますように。

« 穏やかな日は | トップページ | 雪の日 »

民俗」カテゴリの記事

コメント

日本版ハローウインですね。
このような行事をやめてしまうって!!
もうびっくりです!!
文化の継承は貴重なのに!!
お料理は特にその日のためのものではなくて日常の料理ですか?

随分と雪が積もりましたね。
宇都宮近辺は14、15のどんと焼き
昨夜は風が強くて消防団の方々がご苦労されたと思います。

近所の加茂神社も元旦から例年にない人出。昨日のどんと祭も朝からお飾りを持った人人人・・・・今年は穏やかな年であるようにとみ~~~~~んなが願っているのですね。

<あきぃ~のほうからちゃせんこぉにきぃやしたぁ~>

懐かしいですねぇ。。。
うちの旦那が臆面も無く<き~ぃ、、>ってお菓子もらっていたのを思い出しました

どんともこの雪と 消防団の半被と、どんとに照りかえる横顔が三点セットですね。

いいなぁちゃせんことどんとしに 来年は帰ろうかな。。。

祭り。おおいに続けて欲しいですね。活気が出ますからね。日本の良き伝統は守るべきですね。変な理解は行けないことですね。

shibataさん(^_^)/
「ちゃせご」他の地域ではほとんどすたれてしまったようです。遠刈田が長続きしているのは誰かが仕切っているわけではないから、とか。
今はお料理ではないのでわからないですが、お餅など配ったようです。
どんと焼きの日は山は少し風が強かったですが、神社は背後に山があって大丈夫でした。

パフクマさん(^_^)/
仙台もかなりの人出だったようですね。みんなが平安を期待していますね。

うささん(^_^)/
え~?大人もですかぁ??
キムラヤさんは「空きはどっちだぁ」って聞くんですって。小学生はちゃんと答えるらしいです。
そっか、そちらで左義長すませてこっちで・・・2回楽しめますね。

笠ぼんさん(^_^)/
大阪もお祭りが多いですね。活気があるのはいいことです。

ちゃせごは子どもたちが楽しみにしている行事ですよね。
この日は温泉街が子どもたちでにぎわいますね。
>まったく文化を理解していないおバカな大人達の言うことをそのまま鵜呑みにするほうがいかがなものか。
これは白石に行く途中の白鳥橋も同じ運命です。
5年くらい前までは子捨川橋という名前でした。
私はその橋のふもとで育ちました。
いち観光客の、虐待をイメージするという通報から、前の白石市長が鬼の首をとったかのように名前を変えたんですよ。
義経伝説がある子捨川橋ですよ。

今年もなんとか「どんと祭」が終わりましたね。
「どんと焼き」
こちらは「どんと祭」と呼んでいます。私の地区でも、小規模ながら行われましたよ。
今年は何事もなく平穏に暮らしたいものです。。。

aoikesiさん(^_^)/
子供達はすごく楽しそうでした。
そういえば児捨川は騒動がありましたね。せっかく伝承の不思議な由来がある名称が消されていくのは哀しいですね。東京もそれぞれ江戸時代から由来がある小さい街の名称がずいぶん消されてしまいました。最近では市町村合併で時々どこのことを言っているのかわからないことがしばしば

ムーミンママさん(^_^)/
遠刈田もすごく小規模ですよ(^_^;)夕方から火をつけるとあっという間に終わって間が持たないので火をつけるのが遅いんです。
みんなが平安を願っていますね。

昔からの伝統行事は50年前までは見れましたが、若者が少なくなり、今では影も形もなく寂しく思います。

お元気ですか。
ドンドヤキも行わないところが増えたとか。
火事などのことが気になるのでしょうね。
附属の校長をしているときに
学園祭のフィナーレで花火を打ち上げたことがありました。
企画した教員の熱心さに負けて、消防署にお許しをいただきにいった事を思い出します。
子供たちが喜んだことは言うまでもないのですが
何かを残していくのは大変でも、大事なことですよね。
よい伝えは残して生きたいものです。
今日もスマイル

ふくちゃん(^_^)/
そちらの方が少し住宅があるようだったので子供さんもいるのかと思いましたが、やはり若者は少なくなっているのですか。こちらも若い方々の仕事場所が少なく、流出しているようです。

kawazukiyoshiさん(^_^)/
火にはずいぶん気を遣っているようですね。それでも昔の家よりは燃えにくくなったとおもうのですが。気を回しすぎて慣習が廃れてしまうのはさびしいことです。
昔埼玉にいた頃は町内会でも花火をしていましたが、やはり最近は少なくなったのでしょう。

こんばんは、標高480mさん。
写真を見ていると、どんと焼きに行った気になってしまいましたo(^-^)o

おみつぼうさん(^_^)/
良かった、写真の臨場感ありました??
夜はほとんど出歩かないのですが、夜の温泉街もなかなかいいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 穏やかな日は | トップページ | 雪の日 »