フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

奥松島縄文村再開のお知らせ

仕事の多忙にくわえて、鼻炎(風邪ではなかったらしい)と目もショボショボ痛くて、そしてこの双方が原因の肩こりと腰痛でグダグダでした。

今日は雪の予報が出ていたのでビクビクでしたが、仕事で行った山形は半分くらい青空がひろがり始めていました。我が家付近もほとんど降らなかったようですが、東京は大変だったみたいですね。

さて、津波で浸水したものの無事であった奥松島宮戸島の縄文村再開のお知らせが来ました。3月18日からだそうです。3月20日には講演会などのイベントもあるそうです。私は仕事で行くことができませんが、お近くの方など是非お出かけ下さい。

Ganbare

Tsushi1

Tsushi2





2012年2月22日 (水)

寒っ!! & 太陽柱!

昼間はプラスになることもあるが、毎日最低気温がバカにならないくらい低いのです。朝日が上る直前が一番寒いのだろうと思ったら、そうでもないらしく、夕方から夜中にかけての方が寒くて、20時くらいに外気温時計をふっと見るとたいていマイナス10℃くらいのことが多いですwobbly

ここは山から来る雪雲が伸びてくる境目あたりにあるので、朝は日が照っていても雪が降っていることがあり、こんな感じの朝日。

Suny
それでもこの日は「ん?ちょっと怪しいぞ?」と思ったのですが、次の日は比較的よく晴れてこんな感じ。

Sun
太陽から六方に伸びているのはレンズの関係ですが、太陽から真上に伸びている少しぼーっとした光の柱が見えませんか?

風が無く晴れた日に現れる気象現象の「太陽柱」です。空気中の水蒸気が六角形の板状結晶に凍って、空気抵抗により地面と平行に並んで落ち、その際に太陽光が板状の結晶面で反射して虚像が光って見えるのです。

うんと寒い日にしか氷の結晶ができないかと思ったらそんなことはないようで、夏でも高い雲の中にはたいてい氷の結晶ができるので条件が合えば観測されるとのことでした。ただ、寒ければ低いところにもダイアモンドダストができるので、コレに反射して観測されるらしいです。(ダイアモンドダストはえぼしスキー場で見たことアリ)

我が家付近では晴れて風のない冬は比較的よく見られます。最近は寝坊しているのであまり確認できませんが、昔標高ダンナが息子をバス停まで送っていく時間は見えることが多く、もっとはっきり柱が確認できることもありました。

この日の朝のTBCウォッチン宮城という番組には大崎市で撮影された太陽柱の写真がでていて、これよりももっとはっきりしていました。

朝だけでなく夕日でも現れるのですが、ここはなにせ山に邪魔されてみえません。早起きすればまた朝日で見られる機会もあるでしょう。

みんな早起きして太陽を見よう!!

2012年2月19日 (日)

雪の松島

仕事で松島へ。この日は朝からかなり雪が降るとの予報だったので約束は昼過ぎにして、早めに家を出ました。ところが仙台東部道路に利府あたりの渋滞表示が出ていたが、車は多かったものの渋滞無しで1時間くらい早く着いてしまいました。昼食には早いし、お日様がでていい天気、しばし松島散策です。と言っても五大堂くらいで。

M1

観光客はすごく少なくてほとんど歩いている人がいません。

M2

風が吹くと樹上の雪が落ちてきます。

M3

波はほとんどなくて暖かそうに見えますが、やっぱり寒い。

M4

昼食に入ったレストラン、牡蠣フライ定食を注文したダンナ曰く「牡蠣は締まっていて美味しいが衣が厚すぎ、我が家のフライの方が美味い」私のどんぶりもご飯の炊き方が固くぱさついて不味かったです。景色がきれいなだけにとっても残念です。

五大堂には干支の木彫り飾りがありますが、飾りの猿がクリをとろうとしている場面であることを今回はじめて発見。猿は標高ダンナの干支であります。

M5

なんか運命的ですね。だからどうってことはないんですが。












2012年2月15日 (水)

科研報告会があります

来る3月10日、奈良県橿原市の橿原考古学研究所で科研報告会「縄文集落と森林利用」があります。(代表者 福島大学 木村勝彦)

お近くでご興味がおありの方は是非どうぞ。

Kashikoken

2012年2月14日 (火)

小鳥たち

寒い日が続いています。それでも日が出ると結構暖かかったりして、小鳥たちがやってきます。ほとんど毎日やってくるのはジョウビタキ。今日は女の子が来ました。

Joko1
背中はマークがあってきれい。

Jo2
おすましさん??

Shiju
ソメイヨシノにはシジュウカラもやってきました。

2月くらいになると例年やってくるシメやウソがまだ来ません。ことりはうすのブログではシメがやってきたようなのですが・・・サミシイナァdespair

やはり寒さで木の芽の成長具合が悪いせいかもしれません。

土日はネタが沢山あったので予約投稿してみましたhappy01亀レスになりましたらご容赦。

2012年2月13日 (月)

オジロワシだ!!

土曜日はおだやかでした。白鳥さん見たさに買い物の帰りに白石川の白鳥飛来地へ。一応エサやり禁止になっているらしく白鳥と鴨は例年より少なめですが、ちゃんとエサをあげているオバチャンがいました。

オナガガモ、カルガモが多く、バンも少しいますが遠い・・

Kinkuro
↑おなじみさんのキンクロハジロ

Hoshihajiro
↑ホシハジロ

Oohaku1
オオハクチョウがゆったり飛んで、近所の子らしい男の子が走り回っていますがカモは全然平気です。

Oohaku2
とその時、カモたちが一斉に飛び上がりました。スズメも逃げ回っています。エサやりのオバチャンと男の子は固まったまま、ポカーン??「ナニナニ?」

Ojiro1
「あっ、オジロワシだ!!」すごーい、aoikesiさんのブログで紹介されていて見てみたいなぁと思っていたのですが、白石川で見られるとは思いませんでした。こんなオバチャンが鳥名を叫んだので男の子はこっちを見てまたびっくりしています。

Ojiro2
水面のカモを狙っていたのか?それとも摂っている魚を横取りしようとしたのか?

Ojiro3
嘴がすごいです。でも何もくわえていませんのでどうやら失敗したらしい。案外へたくそなんですね。だから絶滅危惧種になっちゃうのか・・・

Ojiro4
対岸の森の方へ飛んで行ってしまいました。

スズメやカモたちも戻ってきてまたオバチャンにエサをねだり始めました。面白いことにオオハクチョウはずーっと何事もなかったように平然としていました。やっぱり大きさなんですかね。

Edaisagi
ダイサギ、かな、3羽がゆったり飛んできました。

ほんの10分いた間にあった出来事でした。標高ダンナはカメラを持ってこなかったのでがっかりcoldsweats01

土日はネタが沢山あったので予約投稿してみました。亀レスになりましたらご容赦。

2012年2月12日 (日)

東京でした

ちょっと東京まで(みんなは寒いと言ってましたが、わたしらは結構暖かいなぁと・・・)。

渋谷の某大学から久々に富士山、しかもきれいな夕日です。

Afuji1

Afuji2_4

3年間の縄文早期遺跡の科研報告会にはじめてお訪ねしたのですが、

「もっと早くから来て頂いたら良かったのに」

「はぁ・・・すみません、なかなか都合が合わなくて・・」としどろもどろの返事。なにせ誘われてはいなかったし、私が解析するわけでもないし先生でもナンデもないので(^_^;)

ありゃー、考古ってやっぱこういうパターンなのかなぁ、としみじみ。

でも都合が合わなかったのは事実です。とにかく私の論文を某誌に紹介して下さり、優秀な先生なので、直接お会いして御礼とともになんで私なんかの論文を評価してくれたのかお伺いしたかったのですが、今回懇親会でお話しして納得しました。

翌日、帰りに神田駅前の山とスキーのお店「タマキスポーツ」であたらしいクロカンスキー用の靴を買いました。もう20年くらい使っていた靴が壊れてしまったのです。お茶までいただいて会話に花が咲き、楽しかったです。

そのあとは母と待ち合わせて食事と買い物でした。私の妹も次男も仕事で忙しく、あまりかまってくれないので最近寂しがっているようです。食事が終わると必ず「一緒に何か買っていこうよ」「こんどはいつ来るの?」なんて母の口から聞くようになるとは・・・catface

帰りの新幹線の車窓からは富士山は見えませんでしたが、栃木の山々が懐かしい。

Anantai
↑上は日光連山、曇っていてあんまりよく見えません。

Akeichou
↑鶏頂山・・だと思うんですが(^_^;)ちがってたらごめん。

Aizu
↑これは雪が白くてキレイなんですが、会津あたりの山でしょうか。

Anasu
↑那須岳かな。

福島は雪が降っていて山は全く見えませんでした。

Ski2

帰ってから靴を装着! お、色も意外と合っています。これでまたお散歩に行けますhappy01。物置の雪下ろしもできる。

(すみません、文章が抜けているところがあり、付け足しいたしました。早くに読んで頂いた方々、意味不明だったかもしれません。<(_ _)>)

2012年2月 2日 (木)

仕事どころでは(@_@)

山形小国のAさんから電話があり、「今ねぇ、2mは超えてるなぁ。もう雪囲いした庭木は頭まで隠れちゃって見えないよ。まだまだ、あと1mはいくねぇ。もっと降るから3月に見に来る??」・・・見てみたいけど、到達できるかしら??

そして、埼玉の友から突如暖かい衣類と「鬼は外」送っていただきました。散々ニュースで寒い寒い寒い寒い・・と放送していたからですね。

お面をかぶっても全く動じないネネ様。

Onimen

ひゃっ、ひゃっ、ひゃっhappy02 うささんちのケロちゃんと同じだぁ~!

・・・で、バチが当たってしまったのでしょうか、今日は大雪、朝から吹雪です。

しかもこんな日に限って標高ダンナは痛風で歩けず・・・

常習犯なんです。前にも青森のシンポジウム欠席したことがある(-_-;)最近は大丈夫だったのに、油断は禁物ですね。

Yuki1
窓も壁も雪まみれ

Yuki2
昼過ぎ頃やっとおさまってきました。

車があるの、わかります??

午後から独りでもくもくと雪かきです。

Yuki3

途中経過、公道との境目にある雪の壁、小さく見えるけどあれで高さ30センチあるんですよ!!しかも半分氷の塊、重いのなんのって!

休憩を挟みつつ、4時頃までかかってしまいましたが、物置には着手できず。明日かな。

午後は仕事になりませんでした。あちこち体が痛くなってきたし。もうお風呂入って寝たいです。

大雪で腰を抜かしたばーさんネコ

Nene

・・・まだ降るんだって・・・

日本海側のみなさま、大雪お見舞い申し上げます。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »