フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 検査でした | トップページ | 一目千本桜 »

2012年4月22日 (日)

久々の仙台

直接の恩師ではないのですが、お世話になった先生の定年退官講義(漫談?!)とパーティーがあったので久しぶりに仙台に行きました。先生とはもう25年以上のつきあいになります。

大町の交差点付近の糸垂れ桜は咲き始めです。

Sendai01

仙台高等裁判所のソメイヨシノは満開でした。

Sendai03_2

片平の講義棟から出るともう日が落ちかけていました。片平のソメイヨシノもほぼ満開です。まだ遊んでいるのは近所の子供でしょうか。

Sendai04_2
銅像と桜、いかにも大学らしいですね。

Sendai05
土曜日なのですが風もあり、5時半でコートを着ないと震えが来るほどです、さすがに花見の学生もいません。

懐かしい方々やもと学生さんたちと久々に楽しいお酒をいただきました。もちろん帰れないので仙台泊。日曜は寒い曇りです。

Sendai11

ヤナギの芽が春を感じさせますが、まだ寒々として車もまばらでした。火曜日には暖かくなるそうで西公園の桜も一斉に満開になるでしょう。


« 検査でした | トップページ | 一目千本桜 »

植物」カテゴリの記事

コメント

仙台も春の装いですね。
懐かしい片平キャンパス。
東北大のとあるサークルに出入りしていた遠い昔をおもいだすなあぁ。。。
花冷えの様相がまた懐かしい。
こちらはすでに汗ばむ初夏の訪れです。
お風邪召されませんよう。。。

仙台の桜、なつかしいです。
片平キャンパスは一度だけお邪魔しました。
息子は川内でした。アパートもすぐそばで、キャンパスでお花見させてもらいました。
そこを足場に東北の山々へ登りました。(笑)

まあ、仙台のサクラも満開状態ですねえ。
今日は久しぶりに仙台に行くので、サクラに会えるかも。
それにしても寒いですねえ。

仙台は咲き始めですか!こちらは八重桜が見何処ろです。満開ですよ。

仙台の街も、ゆっくりと滞在したいものです。
大学院を設置するときに、審査員が東北大学の人だったため、あたふたと訪れたのはわずか数時間。
もう仕事なしで、お訪ねして、被災地に心だけでも奉げたい気持ちです。
ただ、少し体力の衰えが出始めているみたいで、かなわぬ夢かもしれません。
お元気で。

仙台に行かれたんですね。せっかく桜が咲いたと言うのに、なんだか寒くて・・・
初孫さんに出会えるなんて良かったですね。
生まれるまで楽しみですね。

うささん(^_^)/
とある・・音楽関連ですか? 私も古い建物の時にずいぶんお世話になりましたが、息子も卒業し、もうあまり来ることはないかもしれないなぁ。

shibataさん(^_^)/
便利な場所にお子さんがいるとやはり足場に??(^_^;)

aoikesiさん(^_^)/
今日は少しは暖かいかな。徐々に咲き進んで行きますね。仙台は山があるので桜の花期が長くしばらく楽しめますね。

笠ぼんさん(^_^)/
もう八重桜ですか。仙台はソメイヨシノが咲いていますが我が家はまだまだです。

kawazukiyoshiさん(^_^)/
数時間とは慌ただしいご訪問でしたね。私も北京は仕事でしか行かず、観光もしないで帰ってきてしまいました。せめて万里の長城くらい見て来たかった。今となっては(^_^;)
調子が悪いと歩かなくても乗り物に長時間乗るだけでも消耗しますね。体のリズムもあると思いますのでそんなにがっかりしないで下さい。

ムーミンママさん(^_^)/
ちょうど日曜でしたね。どうしても用件があり午前中で帰ってきてしまいました。
孫ってどうなのかな、可愛いと言うけれど実感がわきません。

いえ・・・
そちらは東北学院のほうのサークルで。。
東北大はツーリングのほうで。。。

うささん(^_^)/
まあ、手広くいろいろと・・・
えっ!?うささん自転車乗れたの。今ちょっと想像つきませんがcoldsweats01

今度山を下りるときは私のためにも時間作ってくだされ。

パフクマさん(^_^)/
了解~、ってそういえば土曜日も美術館に行きます。
その次は植物園の桜が咲いたら見に行こうかな。

じゃなくてバイクのほーで。。。

残念・・・土曜日はアマチュアオケの練習です。植物園の桜が咲いたらおしえてね。

うささん(^_^)/
なおさら、え~~っ(@_@)sweat01

パフクマさん(^_^)/
またまた了解wink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 検査でした | トップページ | 一目千本桜 »