フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 香川 弐 | トップページ | 香川 四 »

2012年5月20日 (日)

香川 参(とはいえ半分岡山(^_^;))

強行スケジュールの2日目は本四連絡橋から。まぁ、80過ぎているのに両親もパワフルです(@_@) 与島でちょっと休憩

Yoshima

行き先は岡山県倉敷市、ここは超有名ですね。

Kura1_2
なまこ壁が美しい。

Kura2
水路に映るしだれ柳の新緑。

Kura5

珍しい色合いの陶器で葺かれた屋根。

Kura4
塀には規則正しく和釘が打たれ黒いさびが独特の模様を描き出しています。

Kura6
本日の目的の大原美術館、充実のコレクションでした。(標高夫婦のお目当ては棟方志功)

Kura7
蔵造りの内庭も斬新なデザインです。

高松に戻って弟がよく行くセルフの「たも屋うどん」へ。

Tamoya
ここが一番美味しかった。

このあと鶏のモモ焼きの「一鶴」という店にも行きました。どこまで食べ続けるんだ?!

そして次男のフライト時間までささっと「栗林公園」見学です。

花崗岩ってこういう丸っとした風化岩が多いみたいです。

Ritu2


Ritu1

牡丹岩と獅子岩

落ち着いたたたずまいの掬月亭

Ritu4

の前の池にいるスッポンとカメ

Ritu5

コレにナゼカ標高家族がはまりました(^_^;)

鯉もいるけど鯰もお出まししたりして、エサのおねだり異種格闘??

次男君はここで帰宅です。

つづく・・・

« 香川 弐 | トップページ | 香川 四 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

すごい大旅行ですね。
四国から本州岡山まで。
倉敷は好いところですね。
あの美術館も町並みも。
今日もスマイル

橋を渡ると岡山でしたね。
私もだいぶ前に嫁の実家の徳島に行きました。
そのときは岡山空港まで行って、JRで四国に渡ったはずです。
岡山便の最後のフライトでした。
ただし、岡山市内は全然観光していません。

昨日、標高さんがアップしていたコーヒー店に行ってきましたよ。
七日原奥のIさんを誘って。
パンがおいしかったので、帰りにまた買おうと思ったら先客さんに買い占められてしまいました。


kawazukiyoshiさん(^_^)/
ちょっとお近くまで行きました(いや、まだ遠いかな?)。
倉敷は20年くらい前にも訪れたのですが、その時は子供連れでいっぱいいっぱいでした。今回は息子も美術を落ち着いて鑑賞できる大人になり美しさをゆっくり堪能しました。

aoikesiさん(^_^)/
徳島も面白いところですね。四国や中国地方は東北のお客さんが少ないのかな、今度は車でゆっくり回りたいのですが、いつになることやら。
パン売り切れでしたか、凄い人気ですね。そういえば昨日通ったときに車が沢山停まっているのでびっくりしました。aoikesiさんが美味しいときくといっそう食べてみたくなりました。この土日は息子のヒルクライム送迎や応援でうかがえませんでした。走ってないのに疲れちゃいました(^_^;)

倉敷美観地区ですね。綺麗なところですよね。散策には持ってこいの場所。昔、嫁の兄貴が一時、住んでました。

観光客多かったです。
おしゃれな場所に住んでらしたんですね。美観地区って住みづらくないですか?

綺麗な庭園~って思ったら
栗林公園でしたか!
大昔修学旅行で行ったのに
中学生にはまったくよさが解らなかったなぁぁ。
(今なら堪能できるのに~しみじみ~
そして亀とすっぽん。
こうやって比べるとアメリカ人と日本人くらい違うんだね~(笑)

姉さん(^_^)/
えーー、修学旅行で香川に行くって珍しくないですか?
でも栗林公園は私も昔行ったときにあまり良さがわからなかったです。今回は駆け足で残念だったのでもう一度ゆっくり回ってみたいと思いました。
あ、カメは食べないけどスッポンは美味しいから~~??
違うって!!

日食とりあえず観れて良かったですよね~~♪
(仕事より世紀イベントよ!笑)
修学旅行、わが県は高校は普通無しなので中学で気張るのかなぁぁ?!
姉妹都市があったから四国も入っていたのだと思います。でも、うどんは食べんかったわ~(^_^;)

姉さん(^_^)/
お金使って外国まで・・という感覚はないのですが、せっかく住んでいる場所で体験できるイベントだし、一応地学専門なので見られて良かったです。
香川に行ってうどん食べなかったってある意味凄い(@_@)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 香川 弐 | トップページ | 香川 四 »