フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月26日 (土)

ネネ様じゃっ!!

Nene1

ネネ様が水しか飲まなくなってからもう1週間以上になります。(その前も一日に削り節せいぜいスプーン1杯分とか柔らかい療法食数粒だったのでもうガリガリです。)

それでもしゃんとしているでしょう。

せめてもの救いは、歩いているときもおしっこの時も、エサを食べていた頃よりずいぶん痛みが無く楽な様子で、寝ているときも安らかな寝顔です。絶食でβエンドルフィンが出ているのかもしれません。

Nene2

あっ、爪研ぎまでしています。この期に及んでまだ何か獲物を獲ろうと言うのでしょうかcoldsweats02
Nene3

お気に入りの毛布で寝るの?

頭と腰の幅が同じになってしまいました。時々水を飲むことやおしっこをするのを忘れているみたいで、連れて行かないといけません。今日は口につけてやってもほとんど水を飲んでいません。

Nene4

ネネ様、色がブルーグリーンですよ。植物猫状態??

あ、外に出ると元気になるのは光合成しているのかぁ?!

(^_^;)ヘ(^o^)/ コラッ

でもこうして見ると元気そうに見えるでしょ?

今日はずいぶん甘えてきますがとうとうベッドに自力で上がれなくなりました。そばに来たがっているので持ち上げてやりました。今も隣にくっついてじっとしています。

2012年5月23日 (水)

蔵王ヒルクライム

「日本の蔵王ヒルクライムエコ2012」は好天に恵まれました。happy01

受付は蔵王町の公民館「ございん」前日の19日土曜日です。

普段のございん市には見られない自転車販売ブースや焼きそば屋などの屋台が並んでいました。

Hc1

次男君が練習を始めると、負けじとネネ様が外に出てきました。

アタシだってまだ若いもんには負けないわよ。

Hc2

20日の朝早く、次男君はうどんを食べてさっそうとレースへ出かけていきます。

あれ?もうあんな下に・・・はやっ!!

Hc3

応援するためスタート30分前くらいに大鳥居に行くと、自転車野郎が沢山!!

Hc4
スタート地点が見える場所から。

みんなが迫ってくるので迫力ありhappy02

Hc5
ちょうど上りカーブの場所、ばらけてちょうどいいのですが

Hc6

えーーっと・・・次男君の写真は失敗しました。ぶれちゃいました。動画と両方手持ちで撮ろうと欲張ったからです。なんだかなぁ・・・いつもこうです。でも静止画は失敗しましたが動画はちゃんと映ってました。

次男君は高校から自転車野郎になり、東京に行った今でも白石の自転車チームに所属しています。ちなみに同じチームの他の数人はちゃんと映ってました。

風邪をひいていたようで夜も咳していたので心配しましたが、フルコース(大鳥居から刈田岳山頂まで標高差1334m距離18.7km!!)1時間52分で完走しました。来年も参加するようだったら今度は刈田峠に行って応援しようと思います。

怒濤の予約投稿はここまで。またしばらく間が空くかもしれません(^_^;)。














2012年5月22日 (火)

香川 番外(乗り物)

まずは羽田空港、ここからは何回か乗っているはずなのにこういう構造だって知りませんでした。海の上に巨大に突き出たプラットホーム。

Ban1

南アルプスかな??

Ban2

名古屋だー!!

Ban3

高松空港に到着、可愛いプロペラ機が並んでいます。

Ban4

倉敷で見た3人乗りの3輪車(これなんて言うの?)

値段を聞いたらしい通りがかりのオバチャン「ベンツ並みらしいよ」

すかさずダンナが「いやこれも、ベンツです」

Ban5

帰りの高松空港、「それじゃあまたね」とお別れしようとしたら、電光掲示板を見てびっくり。予定の飛行機が欠航ですと!!

Ban6
次の便に乗れることになりましたが、2時間近く待ちました。お食事券を頂きましたが、中途半端な時間にうどん食べて、家に帰ったらお母さんが「ウマヅラ炊きよるけん食べていき!新鮮じゃけん!」・・・でことのほか美味しく特に肝が格別で全部食っちゃっておなかいっぱい。結局お土産に変身しました。

途中は雲で見えなかったけれど、東京は良く晴れてちりばめたような灯りと、花火が!

どうやらディズニーシーのショーのようです。恐竜の形の橋もよく見えました。

それにしても我が家の周辺は夜は真っ暗なのに都会はこの明るさ、電気が足りないって言ってるけどやっぱりちょっと使いすぎじゃないの? 夜は関係ない、じゃなくて、今は溜められるんでしょ。

飛行機が遅れたので新幹線も最終便に・・・

えっ!?この車両なの?

Ban7

遅れたおかげで「はやぶさ」の車両の「やまびこ」に乗れました。私たちは自由席でしたがやまびこのグランクラスもありました。我が駅の白石蔵王からでも最終を含めて4本、グランクラスに乗ることができるのでした(^_^)b。またまたー、普段自由席に飛び乗っているくせに!!(^_^;)ヘ(^o^)/

我が家にたどり着いたときは日付が変わってました(-_-;)ツカレター。

余計な情報(^_^;): 航空機の中で線量を計測してみました。結果はどこの上空でも0.52~0.55μSV/h 知人によると福島上空はまだ少し高いそうですが、ホットスポットは別としてこれらは宇宙から降り注いでいる放射線(γ線だけの値ね)です。金属で遮蔽されていても結構高いんですね。被曝と言っても放射性物質の粒子が飛散しているわけではないので体内被曝はしません。

2012年5月21日 (月)

部分日蝕

予約投稿で着々とこなしていますが、割り込み投稿です。

たまたま仕事をさぼって(^_^;)家にいたので日蝕を撮影できました。自作のフィルターつきソニーαで望遠300mmです。以前にも部分日蝕で試したので(このときは銀塩カメラ)大体具合はわかっていたのですが、あまり真似はしない方がいいです、ちゃんと日蝕撮影用フィルターを用意した方がいいと思います。

7時15分 早朝は晴れていたのになんと厚い雲が!! あわてて薄いフィルターに変えたり四苦八苦しました。

715

7時28分 あーん、時々太陽が見えなくなります。
728

7時38分 雲の合間から覗く太陽を狙って撮影

738
7時46分 大体最大くらいではないかな。

746

本当は茨城の漆畑にトラップ設置の手伝いに行く予定だったのですが、ネネ様の具合がきわめて悪く、標高ダンナも「お手伝いが沢山来てくれるから大丈夫」ということでお留守番しています。

Nene2

ネネ様はだいぶ前から食が細くなり、数日前からとうとう水しか飲まなくなってしまいました。それでも次男君が来ていた昨日には庭に出て一緒に散歩したりします。腰はヨロヨロです。何も食べていないのでだるそうですが、そのかわりどこも痛まない様子で今の方が楽そうです。人間で言えば90位ではないかと。若いときから数回死にそうになってそのたびに回復してきました。ずいぶん長生きしました。







香川 四

3日目は自分たちで行きたい場所に。

雨が降らないうちに外へ。公淵(きんぶち)森林公園です。

宮城では盆栽以外目にしない、ハゼノキ(ウルシ科)結構沢山ありました。紅葉がきれいでしょうね。

Hazenoki
こちらも宮城では見られないツツジ科のナツハゼ。ブルーベリーなどと同じ仲間です。

Natuhaze
変な形の果実がなっている、ノグルミ、はここでしか見たことがない。

Nogurumi
それから隣の三木町に行き、気になっていた場所へ。

M1

ここは「太古の森」と名付けられています。

M2

タイル張りの記念碑があります。

M3

じゃーん、「三木茂」  大先生(私の先生の先生の先生)の記念公園でした。メタセコイアが沢山植えられています。

実は火山を研究しようと思って地質学に入ったのですが、大1年の時に三木茂氏の「メタセコイア」という本を見せられて植物好きの私は徐々にそちらに心移りしました(^_^;)。

M4メタセコイア越しのティラノサウルス

M5ディメトロドン越しのメタセコイア

うー、ブサイクだ(-_-;)

でも他に凝った植物が植わっているわけでもなく・・・もう少しなんとかして!!

そして坂出市の香川県埋文センターへ。

Mai1_2

おきまりの、竪穴住居。定期的にいぶしているようでした。

Mai2

店がよくわからないので広い道路沿いにあったうどんやに入りました。

Mai3

ここは可もなく不可もなく・・やっぱり教えてもらった方がいいみたい。

それでも香川を満喫した3日間でした。

2012年5月20日 (日)

香川 参(とはいえ半分岡山(^_^;))

強行スケジュールの2日目は本四連絡橋から。まぁ、80過ぎているのに両親もパワフルです(@_@) 与島でちょっと休憩

Yoshima

行き先は岡山県倉敷市、ここは超有名ですね。

Kura1_2
なまこ壁が美しい。

Kura2
水路に映るしだれ柳の新緑。

Kura5

珍しい色合いの陶器で葺かれた屋根。

Kura4
塀には規則正しく和釘が打たれ黒いさびが独特の模様を描き出しています。

Kura6
本日の目的の大原美術館、充実のコレクションでした。(標高夫婦のお目当ては棟方志功)

Kura7
蔵造りの内庭も斬新なデザインです。

高松に戻って弟がよく行くセルフの「たも屋うどん」へ。

Tamoya
ここが一番美味しかった。

このあと鶏のモモ焼きの「一鶴」という店にも行きました。どこまで食べ続けるんだ?!

そして次男のフライト時間までささっと「栗林公園」見学です。

花崗岩ってこういう丸っとした風化岩が多いみたいです。

Ritu2


Ritu1

牡丹岩と獅子岩

落ち着いたたたずまいの掬月亭

Ritu4

の前の池にいるスッポンとカメ

Ritu5

コレにナゼカ標高家族がはまりました(^_^;)

鯉もいるけど鯰もお出まししたりして、エサのおねだり異種格闘??

次男君はここで帰宅です。

つづく・・・

2012年5月19日 (土)

香川 弐

Kon1
本宮に到着!! 785段目です。実は奥の院はまだまだ上、なんと1300段以上あります。次男君はもちろん平気で上れますが今日はここまで。

灯籠の獅子がみんなに好まれているようで、頭がぴかぴかでした。

Kon3

ご神木のクスノキの大木です。幹周りなんと4.7mの大物!!Kon4_2

展望台からは讃岐富士がばっちり、ほんとに富士山そっくり(@_@)Kon5_2

そして本宮南壁側板の蒔絵、見事です。うっとり・・・Kon6_3
南渡殿、長い廊下です。祭典などの時に巫女さん達が通るそうです。Kon8

絵馬殿、こんな大きく立派な絵馬が沢山かけられているところはなかなかありませんね。Kon7

金刀比羅宮は航海安全祈願の神様であることから立派な船の絵馬も多いです。太平洋横断で有名な堀江さんのアルミ缶船も納められていました。

こんぴらさんはこんな風に見所満載神社のテーマパーク、京都の清水寺のようです。楽しくお参りできますよ。
本宮下の上り用階段は迂回して、途中からまた同じ階段を戻りました。膝を壊さないようにそろりそろり・・・

途中から裏道(階段が少なく傾斜が緩い)もありますのでご安心を。香川にお越しになった際は是非こんぴらさんに挑戦してみて下さい。

今日の晩ご飯は「瀬戸内料理にしよう!」と弟が知人の店に連れて行ってくれました。住宅街の中にあります。

Din1_2

山菜や鮎もありますが、珍しかったのは↓サワラの刺身やお寿司。宮城では食べられませんね。

Din2

そして↓左は筍やサワラの味噌漬け、肝と蕨、クラゲ。右は鯛の薄造りで肝、皮、アサツキを巻いてスダチ醤油で食べます。

Din3

おなかパンパン!!
美味しかった~!!

続く・・・

2012年5月18日 (金)

香川 壱

お義父さんお義母さん、10年以上帰らないなんて、どーしよーもないヨメですみません。多忙、病気、震災といろいろな理由をくっつけて帰っていませんでした、久々の高松です。

ああ、小豆島が見えてきました。

T1
「迎えに来なくていいから」と言ったのですが、義父、義母、義弟家族3人でお出迎え(おまけにいとこはANA職員なので勢揃いでした)

着いたら空港からすぐのうどんや!! 「かわたうどん」ここはセルフではなく普通の注文です。私は筍天ぶっかけうどん。美味い!!

T2

T3

で、まだ家に帰らずそのまま次男が希望していたこんぴらさんへ直行

上りはじめはお店が並んでいます。

Tk1

両親は以前「間接がぁ・・膝がぁ・・・」と言っていたのですが具合良くなったらしく、杖を借りて一緒に上っていきます。「帰りにここでお土産買うけん」

元気だぁ!!

Tk2
重要有形民族文化財「灯明堂」ここで168段。

Tk3
かなり上ってきました。青銅大灯籠、351段。

Tk4
こんな立派なクスノキが何本もあります。

Tk5

上る毎に次々現れる階段!!

Tk6

おお、やっと本宮手水舎、652段。

お父さん、口をすすぐふりをしてちょっと飲んでるでしょ

Tk7
わお!御手洗所からまだ階段上るんですね現在652段。

ここを上ったら785段の本宮。

息切れしつつ次へ続く・・・














2012年5月14日 (月)

小国の春 参

クリ林の奥の急坂に毎年見ているイワウチワの群落があります。ところが今年はすでにほとんど咲き終わっていました。がっかり。

するとIさんがダムの近くのほうが沢山ある、というので行ってみました。

斜面にはツツジ、三つ葉かとおもいきや、アカヤシオ(赤の五葉)でした。

C1

ダムのそばの崖にはイワウチワの葉は沢山茂っているのですが花がついているものが少なくてなかなか見つかりません。

やっと花がついている集団がありました。

C2

薄い色が多いですが、比較的濃いピンクのもありました。

C3

オオヤマザクラも今ちょうどいいです。

C4
花を堪能して古田という集落に戻るとオオバキスミレ。

C5
Aさん家の水路脇にはサンカヨウも。

C7
Aさん達が山菜採りから帰ってくるのが見えました。

C6
今はゼンマイ取りの季節なのです。どっさり取ってきたようです。

IさんとAさんにおみやげ沢山もらっちゃいました。自然の恵み、毎年感謝感謝です<(_ _)>。

うるい、ふきのとう、タラの芽、コシアブラ、そして宮城では敬遠されている原木の春椎茸、美味しかったです。


C8
ごちそうさまheart04

予約投稿です。ちょっと香川に出かけています。














2012年5月13日 (日)

小国の春 弐

B1
川向こうにはキクザキイチゲも咲いていました。白花はちょっと白トビしてしまいました。

B2

きれいなブルーのキクザキイチゲもあります。これもずいぶん増えてきました。

Iさんが「はははっ」と面白そうです。

B3
カタクリがエンレイソウの葉に頭を突っ込んで、エンレイソウのふり??

B4

ホクリクネコノメソウがスポットライトを浴びて光ってます。

B5

これまたブルーが見事なキクザキイチゲ!

川から上がって、クリ林へ。クリ林のカタクリも咲き始めていました。見たところ被害が無いように見えますが、Iさんがすでに大きな落枝は片付けていたのです。

B6

こんな感じでバキバキ折れたそうです。

B7
それでも去年半分葉が出なくてあきらめかかった調査木が、今年は全方向の芽が伸びているのを発見し、二人で喜び合いました。

予約投稿です。引き続きちょこっと香川に出かけています。
















2012年5月12日 (土)

小国の春 壱

端午の節句の日、小国のクリ林地主Iさんから「雪はまだかなりありますがカタクリがちょうど良くなってきましたよ」とメールがありました。もういてもたってもいられません。暴風と大雪でどの程度被害があったかも見ておきたい。ということで福島の会議の翌日出かけました。

A1
林の中にはまだかなり残雪が。

A2
これが結構危ないんです。地元の方によると雪解けで急に枝が跳ね上がって大けがを負った方もいるそうです。

見て見て! ピンクの粉を撒いたみたいです。

A3

この群落はまさに満開。

A4

「白も咲き始めましたよ」

こちらは薄いピンク、おしべの葯は薄い黄色です。奥の普通のカタクリは葯が紫です。

A5
真っ白

A6
ミチノクエンゴサクも去年より多いです。

A7

Iさんが「向こう岸のカタクリも見に行きます?」

次は沢を渡ってクマさんの遊び場へ。

(予約投稿です。本日からちょっと香川県へ)















2012年5月11日 (金)

太白山(連休のつづき)

鐘景閣を出て「どこに行こう??」となり、近いので無謀にも太白山に行ってみました(昨日豪雨だったのに(^_^;))。しかし、自然観察センターのお姉さんにうかがったら道は大丈夫とのことで歩き始めました。

太白山というのは東北自動車道からも見えていますが、こんな山です。山体は未知との遭遇に出てくる山(デビルタワーとか言いましたか)みたいですね。多分あの山もだと思いますが、安山岩質のマグマがモコモコと頭を出しつつ固まってできたのでこんな形です。日本昔話の挿絵に出てきそうです。

Taihaku1

歩き始めてすぐにニリンソウの群落があり、気分も上々lovely

Tainirin

ラショウモンカズラ、ちょうどいい咲き具合です。

Tairasho

イカリソウ、我が家のより色が濃い。

Taiikari

ムラサキケマンも花盛りです。

Taikeman

おにいさんが薄べったい靴だったので頂上には行きませんでした。

林の中ではトウゴクミツバツツジがきれいに咲いています。

Taimituba

私は背が小さい分小さい花を見つけるのが得意。ギンラン?と思いましたが、どうやら変種のユウシュンランのようです。はじめて。

Taigin

スミレはうーーむ、わからない。お手上げです。

Taisumire

ニョイスミレなどもありました(ナゼカ写真がぼけた)。

雨が降りそうだったのですが、帰りにもう一箇所寄りました。金蛇水神社と言うところです。フジ棚はまだでしたがしだれ桜が咲いていました。

Kana1

「へび」と名前にあるので蛇石が沢山おいてあります。

Kana2


「どーせ全部掘り込んだものだろう」と思ったら左から2つめは本当に岩石の構造がヘビ模様でした。

Kana3

おー、これは霊験あらたかな~。

ありがたや~。

以前、石の前に置いてある枡の中に水が溜まってハリガネムシがヘビみたいに泳いでましたが、今回はいませんでした、ガッカリ。

2012年5月10日 (木)

ご近所にカフェ

ご近所に「cafe fua」という小さなカフェがオープンしたので、賑やかな3人組でお訪ねしました。標高480mはちよっと人見知りなので友を誘わないとなかなか入れないのであります(^_^;)。入るときに外観を撮るのを忘れたら帰りは雨が降ってきてしまいました。またあとで撮影したいと思います

お店の入り口にどーんと焙煎器があります。

Dsc09549
本日のコーヒーとシナモンケーキのセットを頂きました。コーヒーは「コロンビア・ラ・イスラ」 (直訳するとコロンビアの島農園! ) のコーヒーです。

Dsc09545
八重桜の大枝を飾って、吹き抜けとマッチしておしゃれです。

Dsc09547
敷地には広大なブルーベリー畑があり、木はまだ小さいですが結構収量があるようです。カウンターの向こうにはブルーベリーが見渡せます。

Dsc09548
天然酵母パンもあるそうです。現在はまだプレオープン中で、定休日などは決まっていないということでした。

お店のHP http://cafefua.com

蔵王チーズ工場からハートランド方向に上る途中にあります。



2012年5月 7日 (月)

福島でした(記録)

月曜日は会議で福島でした。途中の国見SAでお昼を食べて、天気が良かったので写真と線量を計りました。中央より少し左、遠くに見えているカクンと落ちている山が霊山です。あの向こうはまだ数値がとても高く立ち入り規制されています。見るたびに哀しくなります。なんてことをしてくれたんだ・・・

Kunimi
国見の補正後線量は0.5μSV(計測実数は0.6)でした。やはり少し高い。

かすんでいますが吾妻小富士も見えています。

Azuma

福島大の駐車場の補正後線量は0.3μSV(計測実数値0.4)でした。学生によるとかなり丁寧に水洗で除線したので構内の線量は比較的低いとのことでした。

教授によると大学にある価格50万円くらいの線量計でも時間(おそらく影響しているのは気温)で変動すると言うことだったので、1時間毎に計測し補正式をみちびけば私の持っている線量計でもかなり正確な数値がはかれるのではないかと言うことでした。こんど暇を見つけて補正グラフを描くことにします。でも我が家の玄関前のタイル張りの上では低すぎて計測不能でした。



文化財でランチ(o^^o)

仙台市太白区に仙台市指定文化財の建造物の中でお食事を頂ける場所があります。「鐘景閣」は伊達家が仙台市一本杉に所有していた建物で、宮城ウルスラ学院の敷地になったものを寄贈され、昭和60年に太白区に移築しました。

Shokei1
移築が功を奏したのか、部分的に壊れたそうですが震災でもそれほどダメージが無かった様子です。こじんまりした庭園は丁寧に手入れされています。

Shokei2

連休中はすべて予約で満席だそうで、息子達が帰ってくると言うことで早めに予約して良かったです。中の見学は無料です。今日(4日)は花嫁衣装が飾られていました。

Shokei3
お料理は普通の定食風のもあるのですが、なんといってもここでは「仙台箪笥料理」

Shokei4_2
これです!

ミニ箪笥の中にお料理が入っているのを楽しみに開けながら食事をします。子供が喜びそうhappy01息子達も初めてなので喜んで写真撮りまくり。

Shokei5
もちろんこれだけではなくて、刺身や牛タンなどコースに応じて懐石風のとても美味しいお料理でした。

食事のあとは川を見に行く・・・昨日だったら豪雨で大変でした、到着できなかったかも。

Shokei6
ナゼカ家族揃って崖崩れに興味津々、ここでも写真撮り撮り、変な家族coldsweats01

仙台ヴェネツィア展とコンサート

1週間以上前のことになってしまいました。イベント続きで・・・

Dsc09470

とりあえず、仙台の宮城県美術館で開催中のヴェネツィア展に行ってきました。

Dsc09471
入り口には色とりどりの鯉のぼり!

ここで初めて知ったのですが、ヴェネツィアってなんと697年から海の干潟の上に柱を立てて都市が造られていったんですって!!なんと1300年も前から共和国が作られ継続していたとは驚愕です。私とヴェニスというと、お土産でもらったヴェネツィアングラスだけ(^_^;)

ホンモノはやはりちがうねぇ・・・ 老眼では認識不可能なくらいの細かいひっかき傷で描かれた繊細な模様入りのガラス皿や、私の背より大きい花型のグラスが沢山ついた見事なシャンデリアなど。

ここで意外にも日本の漆器のすばらしさを確認。展示品の中に日本の漆器を模して作られたという化粧ケースがあったのですが、木製の箱に漆喰を塗りたくりその上にラッカーのような塗料を塗ってあり、表面もぼこぼこで模様もなんだか冴えないのであります。18世紀作とのことで日本なら江戸時代。この時期の日本の漆器は普段使いのお椀でさえ見事な光沢の繊細な模様が描かれています。あまりにも違う製品にびっくり。

展示品の古い地球儀で仙台がどこか探していた小さな女の子に「オバチャンはここだと思うよ」と声をかけていたら、それがなんと知人のお子さんでびっくり(@_@)

Dsc09472

凄い行列でしょう、美術館の外の門まで約400人並んだそうです。この日は美術展が終わるとエントランスホールでバロックコンサートが開かれるのです。学芸員の方の展示品の説明のあと、飲み友Tちゃん達のヴィオラダガンバ、チェンバロ、バロックヴァイオリンのトリオでした。うっとりと聞き惚れ、アンコールのヴィヴァルディ「冬」もすばらしかった。

夕闇の美術館、めったに見ませんね。

Dsc09474

お客さんがまだ余韻に浸っています。

ヴェネツィア展は引き続き5月13日まで開催中です。

必見ですよ!!

是非どうぞ。

連休中は急の仕事をこなしつつ、Pさんとランチしたり、息子達を接待したり、急なお客さんの相手をしたり、例年より多忙でした。

2012年5月 1日 (火)

春はみんなそわそわ

春ですねhappy01鳥と動物編heart04

いろいろなもんがソワソワ動き回ってます。最近庭の端っこを行き来していたリスが、今日はついにデッキを歩いて行きました。ただし見えたのはふわふわのしっぽの先だけcoldsweats01あわてて窓に駆け寄ると、庭を伝って今度はお隣のデッキへ・・・残念ながら写真は間に合わず。

リスが行ったと思ったら、我が家のネネばーさんがよろよろとご帰宅です。リス君ヨカッタネ~、いや、別に大丈夫かcoldsweats01

いつものキツネも向かいのブルーベリー畑に出てきました。

Kitune「僕はイヌじゃないですよ」

今年はとうとうシメちゃんたちは来なかったのですが、そのかわりメジロの小集団がやってきました。桜ではなくてイタヤカエデの蜜を吸いに来たようです。Meji1_3

意外に保護色ですね、どこにいるかわかりますか?
Meji2

今年は庭でホオジロがやけに騒がしい。なんだか巣の材料を持ち込んでいるようにも見えます。

Hojiro

モズも何か狙っている様子。

Mozu

キクザキイチゲの林ではなにか縞々のものが動いてる?!

Kogera2
カラマツの枝で何を食べているんでしょう?

Kogera01
コゲラでした。アカゲラは沢山いるのですが、コゲラは初めて見ました。
Kogera1
私がじーっとしているのであまり気にせずカラマツで過ごしていました。

こちら、シジュウカラも比較的近くでも平気なようです。

Shju

春の林は楽しいな。












« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »