フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« ご近所にカフェ | トップページ | 小国の春 壱 »

2012年5月11日 (金)

太白山(連休のつづき)

鐘景閣を出て「どこに行こう??」となり、近いので無謀にも太白山に行ってみました(昨日豪雨だったのに(^_^;))。しかし、自然観察センターのお姉さんにうかがったら道は大丈夫とのことで歩き始めました。

太白山というのは東北自動車道からも見えていますが、こんな山です。山体は未知との遭遇に出てくる山(デビルタワーとか言いましたか)みたいですね。多分あの山もだと思いますが、安山岩質のマグマがモコモコと頭を出しつつ固まってできたのでこんな形です。日本昔話の挿絵に出てきそうです。

Taihaku1

歩き始めてすぐにニリンソウの群落があり、気分も上々lovely

Tainirin

ラショウモンカズラ、ちょうどいい咲き具合です。

Tairasho

イカリソウ、我が家のより色が濃い。

Taiikari

ムラサキケマンも花盛りです。

Taikeman

おにいさんが薄べったい靴だったので頂上には行きませんでした。

林の中ではトウゴクミツバツツジがきれいに咲いています。

Taimituba

私は背が小さい分小さい花を見つけるのが得意。ギンラン?と思いましたが、どうやら変種のユウシュンランのようです。はじめて。

Taigin

スミレはうーーむ、わからない。お手上げです。

Taisumire

ニョイスミレなどもありました(ナゼカ写真がぼけた)。

雨が降りそうだったのですが、帰りにもう一箇所寄りました。金蛇水神社と言うところです。フジ棚はまだでしたがしだれ桜が咲いていました。

Kana1

「へび」と名前にあるので蛇石が沢山おいてあります。

Kana2


「どーせ全部掘り込んだものだろう」と思ったら左から2つめは本当に岩石の構造がヘビ模様でした。

Kana3

おー、これは霊験あらたかな~。

ありがたや~。

以前、石の前に置いてある枡の中に水が溜まってハリガネムシがヘビみたいに泳いでましたが、今回はいませんでした、ガッカリ。

« ご近所にカフェ | トップページ | 小国の春 壱 »

植物」カテゴリの記事

コメント

太白山、懐かしいです。
このお山、最後の急登よりも
私には登山口に到達するのが難しい山でした。(笑)
山は見えているのに高速道路が横切れない!
こんなに植物が豊富なのですね。
よく覚えていなくて・・・季節も2度登ったのですが・・・残念!

太白山
三角おむすびみたいで面白いですよね。
これがマグマの塊とは・・・
金蛇水神社まで来られたんですね。
いつも傍を通りますがまだ行っていませんでした。
藤の花やボタンの花が見事なので、もう少ししたら
行ってみたいと思います。

太白山は入り口付近だけでも花がたくさんありますね。
ラショウモンカズラも咲きだしましたか。

金蛇水神社には蛇石がたくさんありますよね。
うまく彫ったものです。

shibataさん(^_^)/
観察センターに入る道は住宅街の中を行くのでわかりにくいですね。今はイオンの交差点がでっかくなってちょっと標識がわかりやすくなっているかもしれません。(私たちは鐘景閣の近くから入ったので1回道を間違えました)東北大の奥から入る登山道もありますが距離が倍くらいあります。
また天気がいいときに行ってみたいと思います。でもクマさんいそうです。

ムーミンママさん(^_^)/
太白区から川崎町にかけては似た形の山が多いですね、この時期はあちこちでモコモコと山ができていたのかな。見ていると全部上りたくなってきます。
私もあの道は良く通るんですよ。神社は2度目でした。こじんまりしていますが境内も地形を生かして面白い感じに作ってあって気に入っています。
なんでも蛇石に財布をくっつけると金運が上がると聞いていたのに今回も忘れてました。ウチは金運とは縁がないなー(^_^;)

aoikesiさん(^_^)/
少し前のaoikesiさんの太白山情報を聞いて、今度行ってみなくちゃ!と思っていたんです。お散歩にちょうどいいコースで花もきれいでした。
蛇石は変成岩の石英脈を上手く使って彫っていますね。

山登りされたんですね。今の私には無理な事ですね。山の中には色んな花が咲いていますね。

笠ぼんさん(^_^)/
山登り、とまではいきませんでした。
丘の散歩くらいかな。
でも今の笠ぼんさんに無理は禁物ですね。どうか良くなりますように。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ご近所にカフェ | トップページ | 小国の春 壱 »