フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« ネネ様じゃっ!! | トップページ | 天童市美術館コンサート »

2012年6月 6日 (水)

ネネ様天国へ

ネネ様ファンの皆様、長い間のご愛顧感謝いたします。野良さんで我が家に仲間入りしましたので正確な年齢はわかりませんが、19歳と9ヶ月以上、人間で言えば95歳以上でした。やんちゃなおばあちゃんでした。

自ら絶食し水も飲まなくなって、最後はスポイトで水を飲ませていましたがそれも嫌がるようになり、眠るようにして天に召されました。

Nene1

あ、このときはまだですよ庭から脱走して行方不明になったので、お隣の奥さんがかごを貸してくれていい気分でおねんねしてました。天に召される2日前のことです。

Nene2
最後まで自分で歩こうとしていました。

おとよの方とサンショウの木を隔てた隣に安らかに眠っています(あんまり近いとまたちょっかいを出しておとよの方に怒られそうなので)。

お隣の奥さんが可愛い花束を作ってお供えしてくれました。ありがとうございます。

Nene3
家の中や庭がずいぶん広く感じられるようになってしまいました

標高480mはしばらく脳みそが溶けたような状態で使い物にならないかもしれません。

« ネネ様じゃっ!! | トップページ | 天童市美術館コンサート »

ペット」カテゴリの記事

コメント

最後までしっかり生き抜いて天国に向かいましたね。
まだネネ様と知り合ってわずかな時間でしたが、その行動に癒されたり、励まされたり・・・
安らかな眠りにつかれました。
家族を見送るということは犬や猫と言えどもかなりの悲しみが続きます。
標高480m様の体調、どうぞお大事になさってください。

ねね様、安らかにお眠りください。
標高様、お身体大切に・・・・・ご冥福をお祈りします。

ネネさま
長い事おつかれさまでした。標高さんの傍で
いつも見守っていてくれたんですよね。
涙が流れて・・・・
ご冥福をお祈りいたします。。。

家族の一員が居なくなるのは寂しい事ですね。ご冥福を祈ります。

安らかな旅立ちでよかったね。
ネネ様おとよの方ともう合ったかな。
フェムトやザレマ まおも宜しくね。
ネネ様。
またいつかどこかで会おう。
標高さま。京都でまってるよ。
鮎の季節だよ。

標高480mさま ネネさまをしっかりお見送りされたのですね。
大往生、人も猫もいちばん自然でありがたいことなのでしょうね。

でも
>家の中や庭がずいぶん広く感じられる
そうですよね・・・

shibataさん
パフクマさん
ムーミンママさん
笠ぼんさん
うささん
姉さん

まとレスすみません<(_ _)>。
暖かいお言葉ありがとうございます。かなり年だってわかっていたつもりだったけど、童顔だったのでいつも忘れてました。
父の最後は仕事で間に合わなかったのですが、まあ母も妹もいましたので。ネネ様は私たちだけですから、最後の時を一緒にいられてよかったです。

いやいや残念ですね、家の中が急にポッカリと穴があいたようになりますから。
又、出会いがあると思いますが、気を落とさずに頑張ってください。

とうとう・・・。
お悔やみ申し上げます。
合掌。

ふくちゃん
aoikesiさん
ありがとうございます。まだひょこっと現れそうな気がします。

こんにちは、標高480mさん。
ネネ様、大往生でしたね。
お悔やみ申し上げます。

おみつぼうさん 
ありがとうございます。
昨日も、いつもの習慣でカーテンを少し開けていました。ネネ様が外から帰ってきたのが見えるように・・・
しばらくだめですねぇ(^_^;)

コンサートはいかがでした??
耳寄り情報です。
7月31日<愛宕山千日参り>です。
31日から1日にかけて夜中中登山道は開いています。
ネネ様追悼と火事除け札を頂に行ってみませんか??

うささん(^_^)/
コンサート面白かったです。(本間さんだと感動・・というかとにかく吹き出しそうになる場面が何度か・・(^_^;))
残念、7月2日に早朝から出なければならないので・・・またの機会に。

ネネさま、お悔やみ申し上げます。

標高さんのところで穏やかに暮らせて幸せでしたね。

標高さんもお身体大切にしてくださいね。
静かに時間が過ぎますよう。

凜さん(^_^)/ありがとうございます。
本ニャンはあんまり穏やかな性格じゃなかったですけどね(^_^;)
あんまり体を酷使しないように気をつけます。凜さんも気をつけて。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ネネ様じゃっ!! | トップページ | 天童市美術館コンサート »