フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月29日 (水)

ランチタイム

月曜の午前セッションが終わったあと、Group Photo を撮影するということでみんなで隣の公園に集まりました。待っている間でも辛い暑さですcoldsweats02 セッション参加の女の子がすでに自分のブログに集合写真をアップしていましたが、私も・・・「ウォーリーを探せ」ならぬ

「標高480mをさがせ!」・・・自分でも見つからない(^_^;)

B0
ランチタイムは後楽園駅近くの文京区役所へ。なんと展望デッキと展望レストラン(椿山荘ですぞ!!)すっごくきれいでした。器もなんかおしゃれ~。

B4

S氏はこんなものを頼みました。「オレは発表しないからいいんだ、定年過ぎてるし」

スカイツリージョッキ

B3

いい眺め、サイコー!! スカイツリー見えます!

B1

小石川後楽園も。

B2

スカイツリーのアップ。完成後初めてまじまじと眺めました。

B5

大学と後楽園駅の間にある礫川公園にはひっそりと春日局さんが。三代将軍家光の乳母だったおふくさんはこのあたりの土地(春日町)を拝領したそうです。

B6















2012年8月27日 (月)

学会

東京で学会に出ています。

A1
中央大学がドームに近いので、金土日はAKBの東京ドーム公演とかぶって駅付近は大変な混雑でした。

国際学会って初めてなのですが、学内無線LANでネット接続ができたり水の他USBやら手ぬぐいやらいろいろ配布があります(参加費は高い)。

標高ダンナの発表・・・実は直前に具合が悪くなり、仕方ないのでセッションの主催者が代わりにパワポでプレゼンしてくれました。

A3
標高ダンナに見せるためにいろいろ写真を撮っていたら、ご丁寧にN氏が「標高さんのも写真撮りましょう」と言って下さって、珍しく写真を撮って頂きました。

A4

英語は苦手なのでひたすら原稿をヨム・・・必死・・・

まあ、生涯初めてで最後でしょう。

他の方が話すのはなんとかわかるので、楽しめました。同じセッションのノルウェーの先生の発表。ヨーロッパらしくて面白そうな絵からスタートです。

A5
内容は、ハーブの花粉の話です。古代エジプトの角状コップに残されていた花粉調査から、飲まれていたのが蜂蜜を発酵させた酒ではないかという話。このときにもっとも沢山出てきた花粉がFillipendula ulmaria (シモツケソウ属でヨーロッパに生えているハーブ)、現在はビールの香り付けに使うことがあるそうです。「メドースイート」と言って、日本にも苗が入っているようです。

最後に出てきた現在の蜂蜜酒の写真がウマソー。

A6
Polenがわからなかったのですが、隣の知人が「ポーランドのことかな??」

ということで「ポーランドとスロバキアの蜂蜜酒。昔とは違う精製工程のためもはや花粉研究のための残渣は存在しない」つまりドリンクの中に花粉は残っていません。と言うことが書かれています。

東京は毎日よく晴れて、雨が一滴も降ってきません。

暑さのため卒倒したら路面でジュッ!!と言いそうです。






2012年8月20日 (月)

暑い日が続きます

全部の窓を開けて網戸にしていたら、いろいろな昆虫が来ます。今日はミスジチョウ(あるいはホシミスジかも。区別がつきません)

A1


A2

ご近所の方のところに沢山の「天津モモ」があるという情報を入手したので、図々しくも「タネを下さいm(_ _)m」とお願いに上がったら、「え??タネだけ?!」と怪訝そうな顔を・・・そりゃそうですよね(^_^;)。「追加をもらったので」と実付きでいただいてしまいました。沢山煮たからとジャムまで頂いてしまいました、ありがとうございます。

天津モモは中国のモモで、果実の先端が尖っている「童話桃太郎」の挿絵に使われているモモです。酸っぱくて真っ赤です。

A3
半分に切ったところ。この実は中の堅い核が割れて中に薄茶の仁が見えます。

A4

古代には実を食用にするのではなく、この仁を薬として利用するために各地で栽培されていたと言われており、宮城県でも古代の遺跡から沢山の桃の種が出てきます。

タネの大きさはモモの実の大きさとほぼ連動するようです。

A5
実付きを頂いたので、実はジャムに煮ました。

A6

実が真っ赤なので手が赤くなり、

「血ぬられたぁぁ~shock モモの毛の呪いがぁぁぁ」とふざけていたら、

標高ダンナに「イチゴとおんなじじゃん」と一笑に付されました。

まー、そーですけど。gawk

夕方見たちょっと変わった形の雲。

右が猫の頭に見えなくもない・・・

飛んでる?

スーパーニャンこ雲??

A7

ネネ様が天猫となられてからほかの猫がまったく近寄らなくなりました。

来たら、エサをやったりからかったりしようと思ってたのに・・・

だれも相手にしてくれません。

ただ一度だけ、命日のちょうど1ヶ月後の8月5日に、時々ネネと一緒に歩いていた「白茶の暴猫」と呼んでいた雄猫が珍しく窓の網戸際に来て、中を覗いて「にゃー!」と一言。

いつもは絶対近づかないのに。もしかしたら「ネネちゃんはいないのかい?隠さないで!」と言ってたのかな。








2012年8月18日 (土)

お庭マルシェde 七日原

先日入手したパンがとても美味しかったので一番(のつもりで)お訪ねしましたcafe fua 。

Dsc00369

まずは売り切れないうちにさっさとパンをゲット~!!
お知り合いが沢山いて、ご近所のIさんはお手伝いをなさっていました。標高480mはひたすら飲み食い担当coldsweats01

今日はお庭マルシェde七日原が開催されていたので、お庭も沢山のお客さんが!!

Dsc00372

いつもは落ち着いておられるcafeのご夫婦が珍しくあたふたと・・・すごい繁盛ぶりです。そして私が見ているうちにアレヨアレヨとパンは売り切れました。ブロ友さんも最初にパンを購入済みgood買っておいて良かったねぇ。

Dsc00371

陶器やお菓子、手作りのエプロンやバッグなど並んでいます。少し雨模様でしたが、激しい雨は降らず、お客さんも落ち着いてお買い物です。

あ、明日日曜日はジャズのミニコンサートだそうですよ。イベント目白押しですね。

Dsc00375

あんパン、シフォンケーキ、コーヒークッキーなどと三角パック式の小銭入れを買いました。

帰宅直後にあんパンとシフォンケーキは標高ダンナとともに即完食!!

誰がダイエットしてるって?! gawk

本日の夜はナゼカ器でワインの味比べ。同じワインをいろいろな器に入れて飲み比べます。

左から美味しい順です。一番左は1箇2万円のクリスタルグラスなり!!

その次に味がいいのは陶器でした。

馬の絵つきは有田焼、その右は遠刈田の万風窯、結構強し!!

Dsc00377

上が開いた形状がいいのかな? 写ってないけど実家から持ってきたアサガオ型に開いたグラスも結構美味しいです。最悪は先がつぼんだ形の江戸切り子(赤)です。味もさることながら赤ワインを入れるから模様も色もわからなくなる・・・

今回は試しませんでしたが、もしかして益子の器もいけるかも。

これね、安いワインで試すと違いがよくわかります。




2012年8月17日 (金)

イベントいろいろ

17-19日、仙台メディアテークでイベント「かさねがさねの想い」が開催されています。

蔵王町の画家加川広重さんの巨大水彩画に音楽や詩の朗読などコラボするイベントです。(写真はパンフレットから)

A1

壊れた工場と流されたタンカー、津波に襲われる集落、あの時間何も知らずにのんきにしていた私でも胸にこみ上げるものがあります。

本日の開幕は仙台フィルの弦楽器4人で結成された「カルテットフィデス」・・もちろん行って参りました。黙祷とともにバッハG線上のアリアで始まり、私の大好きな「シェエラザードカルテット版」で終わる、大変素晴らしかったです。中盤には歌謡曲や演歌もあり、在りし日のカフェドブブコンサートを彷彿とさせます。アンコールは観客の皆さんの歌とともに「ふるさと」でした。

この日は大学に借りた道具を返却に行って、論文の検索をしてもらい、いそいそとメディアテークへ。仙台は何度も雷雨が来ていましたが、次の目的地は「マルシェジャポン仙台」です。

Am1

蔵王ハーブのフレッシュハーブティーカフェでノンアルコールの「甘酒モヒート」を頂いてきました。あいにくの雷雨で人はまばらでした。

Am2

蒸し暑い中傘さして歩いてきたので、一気に飲んでしまいました(^_^;)。

Am3_2

さっぱりしてとても美味wink
こちら明日土曜日も開催されています。

そして土曜日、遠刈田温泉七日原のcafe fua では「お庭マルシェde七日原」が開催されます。お天気が心配ですが、お時間がある方は是非!! 私も雨が降らなかったら歩いて行こうっと。

2012年8月15日 (水)

夏の庭(オマケ・盆踊り)

毎日暑いような、でも夕方は急激に涼しくなりますね。温泉街から下は降っていないようですが、毎日雨が降るし、蒸してしかたありません。

我が家のコバノギボウシも咲き始めました。植えてないので種が飛んできているようで、庭にかなり増殖しつつあります。なかなか美人ちゃんでしょ。美人は優遇されるので得ですね。

A1
でもここは邪魔なので、花が終わったら南斜面に強制移動だ!!

植えたサルビアも花が盛りです。

サルビア・アンプレクシカウリス(ひらきゅうさんの苗)、ちょっと地味かな(^_^;)。でも私好み。

A2_2

サルビア・フォルスカオリイ(だと思うのですが)、中心に白の模様があるのでちょっと華やか。これは葉っぱも大きくて派手です。

A3_3

不忘山でまだつぼみだったので我が家のマツムシソウ属を・・・

スカビオサ・オクロレウカ・ムーンダンス (これも確かひらきゅうさんの苗)

A4

そして、去年は咲かなかったので忘れていたらコレオプシスの間から申し訳なさげに出てきて咲いてくれました。スカビオサ・カネセンス(これはにこるの苗だったかも)

A5
今まで忘れてましたが、今年はサワギキョウが出てきませんでした(T_T)。

この暑さと湿度のせいでローンカモミールもちょっと元気がありません。悪あがきしていじったりするとかえってダメになりそうだし・・・どーしたらいいんだぁ(*_*)

14,15は遠刈田温泉の仮装盆踊り大会でした。ここのところ年々参加者が少なくなっているみたい・・・それに本当の意味で仮装しているチームが少ない・・・

A6_2
数少ない仮装チームのひとつです。可愛いなぁ、来年も頑張れ。









2012年8月12日 (日)

学会のお知らせ

8月23から30日まで開催予定です。

IPC XIII/IOPC IX 2012:国際花粉学会/国際古植物学会合同大会
                      August 23-30, 2012 in CHUO Univ.,Tokyo, Japan

http://www.psj3.org/ipc-iopc2012/Welcome.html

詳細は↑のホームページご覧下さい。

標高480mと標高ダンナは27日のセッション29で発表予定です。

2012年8月11日 (土)

南蔵王不忘山(途中まで)

次男が早めの休みをとって帰ってきました。前半は自宅の修繕やら私の出張で相手ができなかったので金曜に接待を・・・(^_^;) 登山、温泉、バーベキュー、これを1日でこなす!

晴れて良かった不忘山、でも標高480mも標高ダンナも下りの膝に不安があり、弘法清水あたりで引き返しました。元白高山岳部エースの次男としてはちょっと不満かも、と思いましたが、夏は忙しいらしく運動不足と言うことで次男も無理しないらしい。

不忘山登山口の白石スキー場は夏と秋の花が今を盛りと咲いています。今年は特にヤマユリが当たり年で小国町に負けずきれいです。あまり歩かずともお花畑がすぐに見られますよ、是非どうぞ。

A1

ゲレンデはこのようにヤマユリとコバノギボウシが沢山。

中にはこんなヤマユリ、花が2つ癒着してるのかな、おしべが7本と花びらが10枚でした。

A3

スキー場の上の段の少し平になっているところ(アザレア平っていったかな)はやや湿地状の場所があり、美しいヒオウギアヤメが咲いています。ここのマツムシソウはまだつぼみでした。

A4_2

高山に来たなぁって感じがする、マルバダケブキの派手な花。

A5A6

道の真ん中に、たぶんミヤマシャジンだと思うのですが、ちっちゃくて可愛い。踏まれるなよ-。

そして山の姫君、クルマユリです。道沿いに結構沢山咲いていました。今まであまり見たことがなかったけど、そういえばこの時期あまり山に登っていなかったです。というか刈田峠から縦走コースに行ってしまうから、ブナ~ダケカンバ樹林帯を歩いていなかった。たまには歩くべきですね。
A7

山を下りてから買い物に行って肉類を買い込み、夕方早く温泉に入って、ウッドデッキでバーベキューをしました。夕方は涼しくなったのでちょうど良かったです。(最後のほうは背中が寒くなってさっさと中に退散しました。)

もう誰も来ないのでお盆は仕事だーcoldsweats02




2012年8月 7日 (火)

ホタルが来た

残暑お見舞い申し上げます。

H3
やっと夏~~!!という感じの雲ですが、今日から秋だそうで、我が家付近は立秋前から朝晩はばっちり涼しくなり、現在の外気温は、な、なんと! 17℃です。そりゃ窓開けてたら寒いわな。

ところで例年だと梅雨の終わり頃ふらふらと我が家に現れるホタルがさきほど網戸に3匹留まりました。なんかいつも見るのより小さい気がします。大きさ(7~8mm)から行くと確実にヘイケボタルです。写真はあんまり上手く撮れませんでしたが雰囲気だけでも。

H1

光りながら移動しているところ(^_^;)。

H2
とにかく7月下旬までストーブたきたくなるような寒さだったから、もしかして出遅れたのかもしれませんね。近くの秋山沢という沢に行ったらもっと沢山見られるかもしれませんが、今日はすでにワインを飲んでしまった。

ホタルを見たときは満天の星だったのですが、今は雲が出てきてしまいました。

昼間は暑いけど朝晩涼しいので、庭の花もちがいいみたいです。

ビストルタ・アンプレクシカウリスがまだ咲き続けていて、そこにキキョウやベルガモットが咲いたのでにぎやかです。

Niwa

Niwa1

アキレア・シビリカ・ラブパレードも満開です。今年は株が大きくなったので花も立派になりました。

Niwa2

福島市のお店で見たときに、ちょっとキタノコギリソウに似ているな、と思って懐かしくて買いました。シベリアンヤロウなので耐寒性はばっちりで我が家向きです。








2012年8月 6日 (月)

山も暑い(*_*)

小国の山は長いこと雨が降らない日が続いていると言うことでした。この日も32℃くらいで日差しがじりじりと背中に痛いです。クリ林に隣接するコナラ林に大学の昆虫生態調査のためのトラップがかけられていました。結構いろいろな種類があるものです。

黒と白のトラップ、色により入る昆虫の種類が違うそうです。

B1_2
テントみたいな形もあります。

B2
もちろん我が家でかけているペットボトルトラップもありました。中に虫が沢山かかっていてグロなので写真は割愛しますcoldsweats01

ペットボトルはスズメバチ系のみ捕まえているようでした。オオスズメバチがほとんどであるとのことでした。

B3

写真はすべてオオスズメバチだそうです。小さかったり色が違うのがいますが、手前左の小さくて体全体が黒っぽいのはまだ若い蜂だそうです

B4

いつもだとチチタケが沢山出る時期なのですがほとんどありません。周囲の落ち葉はカサカサ、地面を掘っても乾いた土です。山火事注意ですね。

Aさん宅傍の川ではトンボが・・・

B5
そして魚が悠々と泳いで涼しそうです。

B6

飛び込みたいっ!!













2012年8月 5日 (日)

小国のヤマユリ

毎年調査にうかがっている山形県小国町のIさんから「ヤマユリが満開」とのメールを頂き、お休みに行ってきました。

額縁ヤマユリheart04

A1
木の枠は以前から設置されていたのですがヤマユリの大株が偶然いい位置で大きくなりました。ここのヤマユリは自然に増えたもので、この時期に備えてIさんがヤマユリだけを残して上手に草刈りなさるのです。

A2
山には沢山咲くものですが、これだけまとまっているのはなかなかないでしょう。

A3

まだつぼみもだいぶありますが、しおれた花が無いためとてもきれいです。先端の花が食われている茎が結構ありました。カモシカが好んで食べていると言うことでした。

A4

球根が毎年大きくなりますが、それを持続する豊富な栄養があるため、花数が多いものでも花も大きいですlovely

A5
別の集落の知人Aさんの敷地にある、花数が多いヤマユリも見に行きました。背丈の倍くらいまで生い茂ったヨシ原の端にあったためヤブコギしました。

A6
左側に高く突出した1本には、つぼみも合わせると花が16輪もついていました。さすがに重そうですね。








« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »