フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

北陸遠征

ご無沙汰でした。すでに2週間ほど経ってしまいましたが、色々回ってきましたので・・・そして交通トラブルも・・・(^_^;) ま、それはのちほど。

まずは京都で定宿化しているうささんちでパワーを蓄えましてん。宮城からは胃痛を抱えて出発したのですが、京都経由が幸いしておかげさまで数日で胃の具合も良くなり、小浜で合流したSさんの胃痛も、うささんに頂いたもろもろの治療食材で同時に良くなりました<(_ _)>。

とりあえず1時間くらい遅れでしたが敦賀でKさんHさんと無事合流し、まずは鳥浜資料館と福井県三方五湖の見学へ。

三方五湖に着いたら時々雨でした。鳥浜貝塚の発掘地点には凄い巨人が!!

Tori1
頭がでかいのはなんでたろ?頭が良かったよってことなのかな?

福井県の三方湖ほとりにある鳥浜貝塚は縄文の早い時期から栽培植物の種などが発見されている有名な貝塚です。

鳥浜の資料館は新しくてきれいでした。

Tori3_2
沢山出土した埋没林のスギが転がっていました。きれいな輪切りだheart04

Tori2

雨でしたが三方五湖を上から見ることができる山の上に登るレインボーラインという観光道路を走ることにしました。

まずは三方湖と水月湖の境目へ。

Suigetsu
水月湖は湖の底に比較的静かに堆積物が溜まっていたと考えられるため、溜まった泥の断面を観察すると年稿という1年毎の細かいすじが見えるそうです。これをはがして年代を測定したり成分を調べて過去の環境の変化などが研究されています。

上から見るとこんなかんじ。三方湖と水月湖が低い山で隔てられています。

Suimikata

もう少し回っていくと、尾根の反対側に見えているのは日本海です。

Nihonkai
なかなか凄い地形です。もともとこれら5つの湖はべつべつだったのですが、このように山に囲まれて不便なので三方五湖を船で行き来できるように互いの湖間に水路が掘られました。

小浜市の宿に行く前に、埋没林がある黒田低地と言うところも行ってみました。すでに埋められて目印があるわけではないのですが、掘り出された埋没樹の根っこが残されているところがありました。縄文時代の木の根っこが畑のはじっこに置かれています。

Kuroda2

この頃になると時々土砂降りで凄いことになってきました。

ユンボの隣にもありました。雨が凄いことになってきました。

Kuroda

この日の夜はふぐづくし・・・ですが胃痛で飲めませんでした。翌日は建物の中で一日仕事です。










2012年10月25日 (木)

歴博フォーラム開催のお知らせ

ご無沙汰しておりました。もう少しお時間頂きます。

千葉県にある国立歴史民俗博物館で開催される一般向けのフォーラムのお知らせです。

        要申し込みで、定員になり次第締め切りです。

第86回 歴博フォーラム「ここまでわかった!縄文人の植物利用」

日程:2012年12月15日(土)
時間:10時00分~16時30分
場所:国立歴史民俗博物館講堂
定員:260名(先着順)
参加費:無料
主催:国立歴史民俗博物館

<開催趣旨>
縄文時代の人々は豊富な野生植物の採集を基本として、自然の恵みをそのまま利用した生活をおくっていたと考えられてきました。しかし近年、縄文時代草創期や早期といったかなり早い段階にウルシやアサ・ヒョウタンといった外来植物・栽培植物が存在していたことや、東日本の定住的な集落の周辺にはクリ林やウルシ林などが維持され、人間が利用しやすいように自然に積極的に手を加えた人為生態系が成立していたことがわかってきました。また、レプリカ法などの新しい研究方法によって、縄文人によるマメ類の栽培化の問題も議論されています。歴博の開発型共同研究「縄文時代の人と植物の関係史」(代表:工藤雄一郎)では縄文時代の高度な植物利用の実態解明に向けて研究を進めてきました。本フォーラムではこうした最新の研究の成果の一端をお示ししたいと考えております。

プログラム(内容は変更される場合があります)
10:00-10:05
開会の挨拶 平川 南 (国立歴史民俗博物館長)
10:05-10:20
工藤 雄一郎 (国立歴史民俗博物館助教)
『趣旨説明 共同研究「縄文時代の人と植物の関係史」』

1. 最新の研究方法とその成果
10:20-10:50
報告1 佐々木 由香 (株 パレオ・ラボ統括部長)
『ここまでわかった!縄文人の植物利用』
10:50-11:25
報告2 小畑 弘己 (熊本大学教授)
『マメを育てた縄文人』
11:25-12:00
報告3 鈴木 三男 (東北大学名誉教授)
『縄文人が漆に出会ったのはいつ?』

12:00-13:00
休憩

2. 縄文の水辺の遺跡「下宅部遺跡」
13:00-13:30
報告4 千葉 敏朗 (東村山ふるさと歴史館・学芸員)
『適材適所の縄文人-下宅部遺跡-』
13:30-14:00
報告5 永嶋 正春 (国立歴史民俗博物館准教授)
『下宅部遺跡の漆』
14:00-14:30
報告6 吉川 昌伸 (古代の森研究舎代表)
『縄文人と植物との関わり-花粉から分かったこと-』

14:30-14:40
休憩

3. 人と森との関わり、縄文から弥生へ
14:40-15:10
報告7 那須 浩郎 (総合研究大学院大学助教)
『イネと出会った縄文人-縄文時代から弥生時代へ―』
15:10-15:40
報告8 能城 修一 (森林総合研究所木材特性研究領域チーム長)
『縄文人は森をどのように利用したのか』

15:40-15:50
休憩

15:50-16:30
討論・質疑 (司会:坂本 稔)

<お申し込み方法>
往復ハガキまたはEメールにて、「12月15日 第86回 歴博フォーラム 参加希望」と明記の上、住所、氏名(ふりがな)、電話番号を書いてお申し込み下さい。
※定員に達した時点で締め切ります。

<お申し込み・お問い合わせ先>
〒285-8502 千葉県佐倉市城内町117番地
国立歴史民俗博物館 広報サービス室 広報・普及係
TEL 043-486-0123 (代)
E-MAIL:forum@rekihaku.ac.jp

公開シンポジウムのお知らせ

1週間ほどあちこち巡業してご無沙汰してしまいました。少し多忙にてもう少しお時間をいただきます。

来る11月23日、24日開催される日本植生史学会で一般公開のシンポジウムがあります。

Poster_thum716x1024
日時
11月23日(金)   午後:公開シンポジウム

会場
アオーレ長岡 市民交流ホールA(新潟県長岡市大手通1丁目4番地10)

 長岡駅に隣接しています。

公開シンポジウム「縄文人と森―越後平野の原風景」
オーガナイザー 荒川隆史(新潟県教育庁)
趣旨
: 縄文時代の集落では,食料・建材・燃料材など生活に不可欠な物資を森林から調達していた。越後平野の縄文集落からは膨大な数の木材や堅果類が出土しており,丘陵から離れた居住地でも森林資源を豊富に利用していたことが明らかになっている。低湿地という立地環境のもと,縄文人が森林資源をどのように確保し利用していたかが問題となっている。そこで,考古学・年輪年代学・植物学による出土資料の分析と,現生林の調査によって得た実証的データとの比較・検討をつうじ,縄文集落の形成と森林利用について時間・空間的に考察したい。

趣旨説明 荒川隆史
話題1 縄文の生活を支えた地形環境とは?    卜部厚志(新潟大学)
話題2 越後平野の縄文クリ林    吉川昌伸(古代の森研究舎)
話題3 建材の年輪が語る縄文の森林とその利用    木村勝彦(福島大学)
話題4 遺跡から探る縄文のムラと森    荒川隆史(新潟県教育庁)
パネルディスカッション

ご興味があるお近くの方、お時間のある方は是非どうぞ。

2012年10月15日 (月)

小国クリ林回収

12日に1回目の回収に小国町へ。今年はだいぶ落果が遅れているようで、せっかく観光クリ園を開園したのに最初の頃はほとんど落ちていなかったそうです。それでも12日に訪れるとだいぶ落ちていて、平日だというのにお客さんが30人近く来園していました。

調査木は1本だけ結構落ち始めていましたが、あとはまだまだでした。

ウルシの実のなり具合、今年はまあまあです。

Urushi

その向かい側は、ヤマミゾソバとカメバヒキオコシの花畑でした。

Yamamizosoba

カメバヒキオコシのアップ、青が濃い!!

Kameba_2

帰りにAさんのお家に寄りました。沢山なっているサルナシは食べ頃はまだこれからと言うことでした。

「今度の回収の時にいっぱい食べられるよ」

Sarunashi
.

.

.

ところで小国クリ林から実を頂いて自宅に撒いたクリの木は今年で5年、実の数量はどんどん大きくなっています。

10日の全果実

Jikuri10

45個、これがピークかな。

今日はクリご飯を作りました。




2012年10月 7日 (日)

たっぷり蔵王キャンペーン

蔵王町で「たっぷり蔵王キャンペーン」が開催されています。おもに食事やお菓子など食べ物のお店で、この期間蔵王の食材にこだわった特別メニューでPRするという催しです。3店舗回って対象メニュー購入しスタンプを集めて蔵王の食材が当たるスタンプラリーもあります。期間は11月30日まで。

Skmbt_c28012082816460212x300

やっと腰痛が良くなってきたので一番近いcafe fua で「ブルーベリーたっぷりコーヒーパフェ」を頂いてきました(もちろん天然酵母パンもねwink)。

Dsc00650
窓に先日行われた講習会のキッチンハーブの寄せ植えが飾られていました。

この日はちょっと胃の具合が・・・なのでカモミールティーを頂きました。

Dsc00652
パフェなんて久しぶりだぁ~。コーヒーゼリーは半端無く珈琲の味と香り凄いです。

Dsc00653

ブルーベリーたっぷり、しあわせ~lovely

参加店、メニューなど詳細は蔵王町観光協会http://www.zao-machi.com/のHPに載っています。今度はどこに行こうかな。

.

.

.

ネコ欠乏症です。(いや、ほんとはただのネコではダメで、多分ネネ様でないとダメなのですが) ← 呆れるおバカgawk

無駄にネコグッズを買ってみたりしているわけで・・・

Dsc00655

携帯ケースとパスケース

・・・七日原にいたら電車乗らないだろうって??

イエイエ、仕事で行ったときに小銭出さなくていいから便利なのですよ。ちなみに最近私のSUICAは郵貯カードに付いています。

こんな感じね。

Dsc00657
呆れたネコバカっぷり。


2012年10月 5日 (金)

秋の花と虫!!

いじるべきネコがいないので、虫いじり

試料洗浄に使っていた泥溜め水槽に亀裂が入ってきたので交換したのですが、古い水槽を外に出しておいたら水が溜まったのでにわか雨量調査です。びっくりするくらい降水量が多く、1日で10cm以上たまることも!!さすが山。

水槽を放置しておいたら、中に何か泳いでいます。最初は虫が溺れているのかと思いましたが、なんとゲンゴロウの仲間だった(@_@)

9月29日のゲンゴロウ

Gengoro29

そして翌日、9月30日のゲンゴロウ・・・えーーーっ!!うっそー!

Gengoro30

透けて見えるレンガの目地を見て頂ければわかると思いますが、ほぼ同じスケール。

脱皮したのかもしれないが、大きすぎだろっ!!

しかも溜まって間もない水の中でいったい何を食べてこんなに大きく膨れたの??

他の水域に移る気配いっこうに無し。

生物だったら繁殖にせいを出せよ。ついにゲンゴロウまで独身主義? 「結婚しないゲンゴロウ増加!!」って新聞に載っちゃうよ。

家の中にも虫は沢山訪問してきます。この日のもう一匹はこの方。

Yamatokawagera_2
ヤマトカワゲラのようです。先日のヘイケボタルといいモリアオガエルといい、うちは水域の生物に支配されている・・・(~o~)

ところで、多忙と腰痛で山にワレモコウを見に行けません。我が家のワレモコウは日陰になってしまったこととつぼみをでかいカメムシに食べられてしまったので花が咲きませんでした。日向にあるサラダバーネット(Sanguisorba minor)はかろうじて花が咲いたのでこっちで花見です。

Sangui
ミニバラのテディベアも数は少ないが秋の花を咲かせています。

Teddy
そしてブログ友の家にも咲いた、フジバカマの仲間、Eupatorium rugosum 'Chocolate'

Eupat
夏までは葉が紫だったのですが、花の頃は緑になるらしい。ずいぶん株が大きくなりました。ブログ友の家では植えた覚えがないようですので、タネでも増えるようです。芽生えを雑草と間違えて抜かないように春には気をつけてみましょう。

左下にちらっとだけ見えている青花はEupatorium coelestium、こちらはシュートであちこちにどんどん増殖します。

右上に見える赤はBistorta amplexicaulis 、まだこんなに花の色が残っています。ゲラニウムのボックストンズブルーもまだ花が咲いています。ざーっと降ってぱっと晴れる繰り返しだからか、毎年大量発生する草を食い荒らす小型カタツムリ(ウスカワマイマイ?)を一匹もみていません。こんな年は滅多にない。

今週は1日おきに病院通いでしたが、結局骨に異常はなく、婦人科でも腫れていないと言われ(でも筋腫は「普通はここまで大きく育てないで切るんだけどねー」と言われた)、腰のすじを痛めただけらしいです。しばらく大人しくして、痛くなくなったら筋力をつけるべし。





2012年10月 2日 (火)

病院でした

寒くなったと思ったら数日おきに暑い、と言う日々がまだ続いていますね。

Aki1

ススキの穂は開いてきたのに周りの木々はまだ緑。

昨日は台風の暴風雨で寝不足、今日は地震が多くて寝不足です。ここは宮城県南部なので宮城県沖、福島県沖、両方とも適度に揺れ、さらに山形の置賜震源の地震もあって地面がざわついていました。

Ro1


Ro2


毎度、病院のタペストリーです。お月見うさぎ。

半年検診になり、秋はマンモグラフィーとエコー、血液検査でした。血液の結果はまだですが、画像診断は異常なしで一安心です。婦人科は予約を入れて後日、整形外科はこの病院は超有名で紹介状無しで受診できません、とりあえず地元の病院で診てもらうことにしました。

病院を出ると暑いこと!! たぶん30℃以上ありますね。

Ro3

一番町へ行き、気仙沼から避難してきたお店で昼食を食べ、aoikesiさんの作品が展示されている藤崎デパートに寄りました。その後K君に頼んでおいた用件があり東北大植物園へ。ここもまだまだ元気な緑です(^_^;)。

Ro4_2

夜ごはんに大きくなりすぎたキュウリを炒め物にして出したら、

標高ダンナ「キュウリがあるのにまた瓜を買ってきたの?」

「これは畑で忘れ去られていた我が家のキュウリです」

「・・・・ !!」

Ro5

葉の陰でわからなかった、もっと大きいキュウリがあと2本ありました。完熟するまでほっといてみよう。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »