フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« たっぷり蔵王キャンペーン | トップページ | 公開シンポジウムのお知らせ »

2012年10月15日 (月)

小国クリ林回収

12日に1回目の回収に小国町へ。今年はだいぶ落果が遅れているようで、せっかく観光クリ園を開園したのに最初の頃はほとんど落ちていなかったそうです。それでも12日に訪れるとだいぶ落ちていて、平日だというのにお客さんが30人近く来園していました。

調査木は1本だけ結構落ち始めていましたが、あとはまだまだでした。

ウルシの実のなり具合、今年はまあまあです。

Urushi

その向かい側は、ヤマミゾソバとカメバヒキオコシの花畑でした。

Yamamizosoba

カメバヒキオコシのアップ、青が濃い!!

Kameba_2

帰りにAさんのお家に寄りました。沢山なっているサルナシは食べ頃はまだこれからと言うことでした。

「今度の回収の時にいっぱい食べられるよ」

Sarunashi
.

.

.

ところで小国クリ林から実を頂いて自宅に撒いたクリの木は今年で5年、実の数量はどんどん大きくなっています。

10日の全果実

Jikuri10

45個、これがピークかな。

今日はクリご飯を作りました。




« たっぷり蔵王キャンペーン | トップページ | 公開シンポジウムのお知らせ »

植物」カテゴリの記事

コメント

カメバヒキオコシ、日光植物園ではアップが撮れない所にあって・・・
こうして近くで見られてうれしいです。

栃木では栗もキノコも季節なのですが、セシウムが多いようで・・・
みなさん敬遠されて・・・
昨日、長野の山へ、食事をしていたらヤマグリが落ちてきました。
早速、剥いていただきました。美味しかったです。

忙中閑アリ・・・ですね。
猿梨がびっしり!
今年は豊作でしょ。
私も近くでクリを拾ってきてクリご飯にしました。
クリの味はイマイチだったような。
去年、栃木の義妹からいただいたクリがおいしかった〜!

shibataさん(^_^)/
東北ではカメバヒキオコシはいわば雑草扱いで、ここも道際はきれいに刈られています。
青が際立ってきれいで、都会から来た人たちは思わず足を止めますね。
キノコは当分ダメでしょうね。こちらでも年寄りの気にしない人は「セシウムがね~」と言いながら普通に食べていますが。

aoikesiさん(^_^)/
本当は仕事が済んだらさっさと帰って仕事しないと・・・と思うのですが、小国の特に山あいは時間がゆっくり流れていてついいろいろおしゃべりしながら長居してしまいます。儀式のようなものですね。
クリは拾いたてではなく少し干しておくと味が濃くなるようですが、虫君も食いが進むのでその兼ね合いが難しいですね(^_^;)。

先週千葉の義姉が庭でとれた栗を送ってくれました。おかあさんはそのままにしておいたら悪くなるからと全部ゆでてしまいました。いやその方がもっと足がはやいから・・・・・ダンナが慌てて甘煮にしました。
まあおいしかった。

パフクマさん(^_^)/
管理されていないと虫が出てくるので早くゆでてしまおうと思ったんでしょうね。甘煮にしてもらったのでは良かったですね。
クリ林の方によると生のまま冷凍するのが一番手軽らしいです。食べる分だけ出してゆでればいいそうで、渋皮も剥けやすくなるとのことでした。今度試してみます。
あ、巡業から帰ったら連絡しまーす。

桃・栗三年と言いますが
すぐなるようになるのですか。
日本に帰って柿木を植えました。
まだ、まだだいぶ先でしょうね。
ふふふ
今日もスマイル

こんにちは、標高480mさん。
写真は秋の恵みがいっぱいですね゚+。(*′∇`)。+゚
風が肌寒くなって来ました。
そろそろ冬将軍もアップを始めているのでしょうか?
今シーズンは暖冬でお願いしたいです(笑)

昨日、NHKでどの地方だったか?忘れましたが栗の収穫をされている画像をみました。秋ですね。

kawazukiyoshiさん(^_^)/
我が家のクリは4年目から20個くらいなるようになりました。接ぎ木だと1年早いようです。
カキは何年くらいなのでしょうね。楽しみですネ。

おみつぼうさん(^_^)/
急に寒くなってきましたね。冬将軍も近づいているのかな。
昨日まで九州の山中にいましたが、七日原と同じくらい寒くてびっくりしました。

笠ぼんさん(^_^)/
大阪の近くだと奈良や滋賀などクリの産地でしょうか。
秋の味覚が沢山なのでまたまた太ってしまいそうです(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« たっぷり蔵王キャンペーン | トップページ | 公開シンポジウムのお知らせ »