フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 胃痛のてんまつ | トップページ | 春~♪ »

2013年4月11日 (木)

公開シンポジウムのお知らせ

早稲田大学で以下の公開シンポジウムが開催されます(研究者向け)。

 

公開シンポジウムⅣ 「関東甲信越地方における中期/後期変動期」

 日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(B)「完新世の気候変動と縄文文化の変化」の公開シンポジウムが以下の日程で開催されます。

 「関東甲信越地方における中期/後期変動期」

          -4.3kaイベントに関する考古学現象③-

 

日時 2013427()13:0018:10 (12:00開場)

 428() 9:3015:40 (9:00開場)

 会場 早稲田大学戸山キャンパス 36号館 382教室

 主催 公開シンポジウム「関東甲信越地方における中期/後期変動期」実行委員会

  (実行委員:安斎正人・東北芸術工科大学東北文化研究センター教授)

 参加費 無料

 プログラム

 427() 司会:福田正宏 (東京大学)

 12:00    開場

   12:50    開会挨拶 高橋龍三郎(早稲田大学)

   13:0013:30「趣旨説明-完新世の気候変動と縄文文化の変化-」

        安斎正人(東北芸術工科大学)

   13:3014:30「縄文時代中期から後期の環境史と土器の年代」

        工藤雄一郎(国立歴史民俗博物館)

   14:4515:45「縄文中期から後期の植生史と人為的な生態系の形成」

        吉川昌伸(古代の森研究舎)

   16:0017:00「関東甲信越地方における称名寺式土器と加曽利EV式土器の混在     

        の様相」千葉毅(神奈川県立歴史博物館)

   17:1018:10「中期末~後期初頭における東西関係について」

        加納実(千葉県教育庁)

   19:00~   懇親会

 428() 司会:大網信良 (早稲田大学)

   9:00    開場

    9:3010:30「信越地域における縄文中期中葉から後葉の東北系土器」

        水沢敦子(長野県埋蔵文化財センター)

   10:4511:45「加曽利E式系土器の存在形態と変化」

        鈴木徳雄(本庄市教育委員会)

  11:4513:00   昼食休憩

   13:0014:00「中部高地における縄文中期後葉から後期前葉の土器変遷」

        綿田弘実(長野県埋蔵文化財センター)

   14:1015:10「気屋式土器の終焉」

        木下哲夫(あわら市教育委員会)

   15:1015:40 「総括コメント」 

        山元暉久(昭和女子大学)・高橋龍三郎(早稲田大学)

     閉会挨拶 近藤二郎(早稲田大学)

大学構内で工事が行われているそうですので気をつけて。(私も迷うかも)

« 胃痛のてんまつ | トップページ | 春~♪ »

考古学」カテゴリの記事