フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« カフェフアJazz Concert | トップページ | 小国の春その2♪♪ »

2013年5月10日 (金)

小国の春♪

小国クリ林の方から「カタクリが満開近いから見においで」というメールをいただきましたので、今回は後輩のSさんと一緒に行ってきました。

小国町に向かう途中の国道113号線沿いも残雪があちらこちらにありましたが、小国はまだまだ雪がいっぱい。

Kn1

いつもの調査クリ林より下段のクリを広く伐採した場所はカタクリで埋め尽くされていました。小国のAさんは「去年より少ないけど」と言いますが、それでも足の踏み場に困るcoldsweats01

Kn2
そして年々数が多くなっているのが白花。

Kn3

芯が赤い白花はとうとう見つかりませんでしたが、今年はピンク色も沢山咲いていました。ピンク色とのコラボheart04

Kn4

そして今年は赤みが強い花も3株くらい見つけました。枯れかけではなくて咲いたばかりでこの色でした。

Kn5

周囲のミチノクエンゴサクも花が沢山ついて元気でした。

Kn6

寒くて咲いている花の種類は少なかったけど、花数は多くてきれいですlovely











« カフェフアJazz Concert | トップページ | 小国の春その2♪♪ »

植物」カテゴリの記事

コメント

小国のカタクリ、素敵な群落ですね~
白花が増えている・・・・なかなか増えないと思いますが・・・・
色もきれいですね。
やはり雪が遅いと花がきれいなんですね。
白花で赤い芯が見られたら最高ですね。ご覧になったことがあるのですね。

カタクリは小さい時から見慣れた花ですが
白い花や赤みの強い花は見たことがありません。
突然変異なんでしょうか??

shibataさん(^_^)/
白花は数万本に1本と言われているようですね。たぶんここのカタクリの数が大変多いのだと思います。どうして多くなったかは??謎です。白花はたいがい葉の斑がないのですが、花が着いていない葉のうち斑無しが結構ありましたので、数年間は咲き続けるでしょうね。
赤芯の白花カタクリはどこかで写真を見たのですが、今思うともしかしたら園芸品種かな、とも思います。

ぺこさん(^_^)/
白花はアルビノといって、動物にもまれに見られる突然変異の白子だと思います。おしべも白いし葉の紫の斑がないものが多いです。色素がほとんど抜けると白花になって、青系統の色素が少ないと赤っぽくなるのでしょうね。
花の密度が高いのでここには多くの白花が出ているのだと思います。

すばらしい!!!!!
之だけの群生地、無くならないで欲しいですね。
この近くに少しだけ咲いてる所が有ります。
今年は毎日見に行って、種を採取して、庭に撒いてみようかと思っています。
(開発が随分進んでて、いつか無くなりそうですから、今の内に種を取っておかないとね)

先日は散歩途中でお会い出来、お庭を見せて頂きまして有難うございました。
白しらねあおいに、心が洗われました。

小国は早春なんですね。
白いカタクリ、ピンクのカタクリ、どれも初々しくてきれい〜。
それにしてもすごい群落ですね。

のりぴーさん(^_^)/
落葉広葉樹林の下に多いのですが、気づかれないことがあるようですね。林をまびきして日当たりが増すと花が目立つようです。
近くというか、我が家からぐんぐんと登ったところにも群生地がありますね。もともと生育地ですからタネを撒いて生育条件が整っていればのりぴーさんの庭も群生地になりますね。
めざせ!! 7年後 ヘ(^o^)/

aoikesiさん(^_^)/
カタクリもいろいろな色があるんですね。
ここは地主さん(プラス集落の方々)がきちんと管理されているのでこれだけきれいな群生地がとても良く保存されています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カフェフアJazz Concert | トップページ | 小国の春その2♪♪ »