フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月21日 (日)

新ブログに移動しました

A1

ヤマユリが咲きました!

「標高480mの窓から」にお越し頂いたみなさま、日頃からのご愛顧ありがとうございます。

ココログの画像入り広告表示がトップになってしまい、ブログの雰囲気とそぐわなくなってしまいましたので、新ブログ(エキサイトブログ)に移動しました。

どうぞ新ブログ「標高480mの窓からⅡ」も引き続きよろしくお願いします。

2013年7月19日 (金)

そろそろ・・・

A3

今年はつぼみがついたヤマユリが庭に沢山出てきました。数年前からユリの実生がずいぶん出たなぁとは思ったのですが、球根がネズミやモグラに食べられていたらしくなかなか大きくなりませんでした。昨年はついにつぼみが付いたのですが開く直前に誰かに食べられてしまいました(一晩で無くなったので虫ではないでしょうねぇ)。つぼみの高さは1m位あったので、タヌキは無理かな。小国の方がヤマユリのつぼみをシカが食べるという話をしていたのですが、ここにはシカがいないので、もしかしたらカモシカが食べたのかもしれません。

それが今年はつぼみがあるヤマユリが3本も成長しました。写真の物は3つもつぼみが付いていて楽しみです。

どうか今年は花が食べられませんように。

七日原は初夏の花が咲いています。

オカトラノオ、今頃咲いてます。

A1

セセリチョウかな、止まっています。

そしてやっと、ウツボグサ。昔から好きな花ですが花期が短いのが残念。自分の庭にウツボグサが生えるのが夢でしたが、我が庭にもずいぶん増えました。

A2
ココログの無料ブログ開設サービスのトップにずいぶんえげつない広告が表示されることになってしまいました。中間くらいの位置とか最後のほうだったらまだしも、トップじゃねぇgawk

ま、5年ほど無料でお世話になってますからあんまり文句は言えませんが。

完全に年寄りの趣味でやってますから今更有償にするのもなんだし、ほかの無料ブログ開設サービスでもよさげな所が結構あるみたいで・・・(あと何年こうして遊んでいられるかわかりませんし)

現在、ブログの引っ越しを考えています。庭のヤマユリが咲く頃かな。

ここはもちろん残していきます。



2013年7月17日 (水)

青森

懇親会のあとゆるゆると歩いてホテルへ戻る途中。最近夜の町なんてあまりあるかないから目新しいです。

B1

B2

B3

さて、次の日は起きたらびっくり快晴!!

ホテルの窓から

B4

しかししかし、12時には集合しなければいけません。

リンゴジュースを調達した後は近場で一度訪れたかった「青森県立美術館」へ。

B5

常設展示はなんと500円!

入るとすぐにシャガールの巨大な舞台背景画に圧倒されます。しかも3枚も!!

棟方志功、奈良美智も素敵でしたが、佐野ぬいと言う作家の青を基調とした抽象画がなんとも居心地が良く、石井康治のガラス器は素晴らしいものでした。

展示ではこの「あおもり犬」のみ撮影可でした。

B6
駆け足で見て回りました、我が家からは遠いけれど一見の価値ありです。

もう少しゆっくり見て回りたかった~。


2013年7月15日 (月)

岩手土砂降り

岩手県二戸市浄法寺町 東北道は岩手北部あたりからかなりの雨量で小雨と土砂降りの繰り返しでした。浄法寺に着く前に反対車線ではトラックが横転していました。

大雨の稲庭岳

A1
稲庭岳の中腹の森の中には岩誦坊と言う湧き水があります。お坊さんが金を掘り当てようと岩を掘っていて、金が出るというところで大量の湧き水が出てしまい仕方なく岩を積んで隠したとか。

A2
まろやかで美味しいお水でした。

涌き口は岩の崖の間から。

A3

梅雨後半の浄法寺はタバコがきれいです。花も咲いていました。

A4

少し雲が上がってきたかな??

A5

と思ったのもつかの間。

ウルシ畑の写真も傘でカメラを守りながら。

A6

この後、青森県へ。八甲田に向かいましたがやはり酷い雨です。八甲田はまだナナカマドが咲いていて沢山の雪が残っていました。

A7

太平洋側は少しはましかも、と田代の方へまわりましたがやはりだめ。

仕方ないので八甲田温泉・遊仙の日帰り入浴へ。そうしたら昔より狭くなって高くなっていました。ラムネの湯という、肌にびっしり細かいアワがつく炭酸泉は別料金になっていましたcoldsweats02






2013年7月 8日 (月)

梅雨の御田の神湿原

天童美術館の七夕バロックコンサートに行くついでに(?)わざわざエコーラインを遠回りして、御田の神湿原に行きました。この日は峠付近が濃霧でした。お釜リフトの駐車場に停めて500m下ると湿原の入り口があります。駐車場から近い手前(1枚目写真だと左側から入っている路)から入ると木道の間にぐちゃぐちゃの道が結構長くあるので長靴が必要です。

A1

雨は降っていないのですが、濃霧のため雨具のフードがあっても髪の毛が濡れました。カメラは雨具の中に隠して撮影時だけ出しました。

A3

御田の神湿原もコバイケイソウが豊作heart04

A4

ふわふわのワタスゲもいいけど、濃霧に浮かび上がる濡れたワタスゲは銀河shineのようです。

さすがに誰も歩いていないので、この幻想的な風景を贅沢にも独り占めlovelyうふふ。日曜日ですよ。

A5

ウラジロヨウラクに水滴が付いて可愛らしい。

A6
チングルマは毛の車になってます。

A7

薄いピンク色のトキソウが沢山咲いていました。ここのトキソウはあまり花びらが開かないタイプのようです。でもヤマトキソウほどではないので南蔵王のは両者の中間タイプではないかと言う人もいます。

A8

湿原ではなく道路沿いでベニバナイチヤクソウも咲いていました。なかなか可愛いです。










2013年7月 7日 (日)

バロックコンサート

天童美術館のミュージアムコンサートでバロック音楽を堪能してきました。(行く途中についで(?!)で蔵王の御田の神湿原もちょこっと見て来ましたが、その記事はのちほど)

A1

七夕でしたが、結局山形もあまり天気が良くありませんでした。でも暑くなくて良かったかもしれません。

遠刈田在住の二組(一人はご近所さん)と会いました。結構宮城の方が多いです。

A2

とにかく音がとてもまろやかできれいでした。ビオラダガンバはチェロに似ていますがチェロよりも人の声に似た音が出ます。弦が6本もあるので、いつもどうやって弾いているのかなぁと不思議で仕方ありません。

A3

マレ作曲 「パリのサン・ジュヌヴィエーヴ・デュ・モン教会の鐘」は楽器の早い掛け合いが見事でした。ほぼ毎年楽しませていただいていますが、毎年素晴らしくなっています。

(写真撮影は演奏者の許可を頂いています)

あ、そうそう、吉野石膏コレクションの絵画も、東山魁夷や横山大観、前田青邨など素晴らしい絵が沢山ありました。

2013年7月 6日 (土)

はたけ!

巡業など出ていたりしてしばらくご無沙汰でした。

本日は14:00現在、宮城南部を梅雨前線が通過しているらしく、スゴイ風雨です。窓あけていたらバン!と閉まったり、鉢にしていたミニトマトが倒れたり、刈ったばかりの草が飛びまくったり大騒ぎでした。(その上シロチャがエサクレと勘違いして足にまとわりついて騒ぐので、ネコフンジャッタcoldsweats01)

今年のジャガイモは生長しすぎて周囲のキュウリやナス(こっちからだと竹の棒しか見えない)を隠すくらいの勢いです。これはイモが大きくなるのか?伸びすぎて美味しくないのか?わかりませんがチョット期待heart02

A2

はじめて植えたズッキーニもやっと実が大きくなってきました。巡業に行く前にすでにキュウリが大きくなり始めていたので、2本食べて2本はお隣さんへ。

A1
庭はヤマホタルブクロとクガイソウが盛りで黄色いコレオプシスが咲き始めています。

A3

小さい星形のカンパニュラは夏を予感してはやくもウッドデッキの下に避難しています。

A4

今年は暑くなるのかなぁ??

心配は、せっかく桔梗咲きアサガオやロシアヒマワリをタネから育てたのに、なかなか大きくなりません。

つるが20センチくらいしか伸びていないのに、もう咲き始めてしまいました。

どうなる?! アサガオとヒマワリcoldsweats02

A5
関東甲信越は梅雨明けしたそうですねhappy02

こちらも南に青空が見えてきましたが、もしかしてこのまま前線通過して梅雨明け??


« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »