フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

携帯・デジカメ

2011年2月12日 (土)

新入りカメラ

先日NikonD70が突如停止してしまったので、新入りが入りました。ソニーアルファ33です。決め手は軽さと使いやすそうだったから。オートのピント合わせも早いし、ファインダーを覗いたときにピント合わせがしやすいです。本体に防振装置がついているのでサードパーティーのレンズを買っても大丈夫です。まず本体と75-300の望遠ズームを仙台のヨドバシで買いました。ただ、ファインダーが光学ではないので覗いたそのまま写るのですが電池の消耗が激しいです。やはり電池の予備を買わないとだめですね。

いろいろ撮ってみましたが、なかなかの優れものです。

我が家は花が咲いていないので、ナゼカお隣さんの黄色いベゴニア(たぶん)トリミング無し

Kbego

そして窓からスズメちゃん。トリミング無し

Suzume

おお!! 最近のオートは優れものですね。

白石川の白鳥とオナガガモ。トリミング無し

Kamo

この撮影の時に欠点が発覚しました。光学ファインダーで無いので、覗きながら飛ぶ鳥を追うと画像が流れて見づらいです。液晶なので仕方ありませんね。

暖かさでちょっと氷が落ちてしまいましたが、後烏帽子岳の樹氷!!(これはトリミングしました)

Juhyou

でもさすがにコンデジとは比べものになりません。そして感動ものは道から撮った屏風岳。トリミング有り

Zbyoubu

うわー、きれいだ!! 近く見えます。

それから以前オリンパスで使っていた顕微鏡撮影用のレンズ(これだけで10万円します)を使うため、ビクセンのリングを買い、それが昨日届きました。ソニーアルファ33は背面の液晶が可動式なので顕微鏡撮影ができます。

Camera

2照明型顕微鏡(生物顕微鏡に反射光装置がついています)にとりつけるとこんな感じです。

Kenbi

木材薄片の写真(クリの横断面を透過光で撮影)

Touka

炭化材のクリ横断面(反射光で撮影)

Tanka

双眼実体顕微鏡に取り付けて撮影(ヤブツルアズキの種子)

Mame

いずれもきれいに撮れて、しかも以前より簡単になりました(設定はちょっとメンドクサイですが)。以前は背面のディスプレイの解像度がなかったのでピント合わせがしづらく、カメラを大きいディスプレイにつないで使っていましたが、今度は解像度ばっちりなので背面だけで充分ピント合わせが可能です。よかったので今度は50mmマクロレンズを買う予定です。これで仕事の写真はカンペキ。

2010年1月28日 (木)

月の光 試作2

Hoshi 前回は夜の感じがあまり出なかったので、今回は少しシャッタースピードをはやくし、画像には少し手を加えました。風が無くなったのでそのぶんピントは比較的はっきり。不思議な絵を描くので有名な「ルネ・マグリット」という画家の絵に、空は昼間のようで町は夜の風景で外灯がともっている、何とも矛盾した絵があるのですが、雰囲気的にその情景が再現できたかも。

えぼしスキー場方向は灯りが見えます。Eboshin

ただし、近くの撮影は問題が発覚。暗くてマニュアルではピントがどこに合っているのかワカリマセン。上の2枚は無限大の距離なので考えなくてもピントが合いました。下の写真は左の木に合わせたつもりが右側の細い枝のあたりに合っていたようです。さてどうするか。もっと近くであれば、照明を当ててピントを合わせてから灯りを消して撮影すればよいのですが・・・Chikaku

まあ、自分としては1枚目がお気に入りです。

2010年1月26日 (火)

月の光 試作1

以前失敗した月光の下での撮影です。雪が積もっていてなおかつ月が出ていて無風・・・なかなかそのような日がありません。

雨雪が止むとたいてい風が強くなり、無風の時は月が無く・・・昨晩は山に雲がかかって雪が降ったのですが、時々月が見えていました。ただ、風が強かったですね。NikonD70でプログラム、ホワイトバランスを蛍光灯マイナス1に設定して、がっちりした三脚でカメラを固定して撮影しました。最初の方に窓ガラスにレンズをくっつけて撮ったものはことごとく失敗。窓ガラスも強風で揺れていたのでした。で、動かない山と動いて当たり前の雲はいい感じに。Moon1

写っているのは月ですが、曇りの時の太陽みたいです。昼間の写真を加工したようでなんとなく面白味に欠けますね。Moon2

いろいろ試しているうちに月はだんだん沈んで来て山の雲に隠れはじめました。

Moon3こちらは道の向かい側を写したもの。左側に外灯があるのでちょっと明るすぎかも。でも雪の大根畑が不思議なイメージで、このときは一瞬風も弱まったので比較的木がはっきり写っています。

今日は夕方曇っていたのであきらめていましたが、9時頃には雲がとれて月が出ました。さきほどまた挑戦してみましたのでうまく撮れましたらアップします。

2009年2月11日 (水)

月の光で撮影

昨日の月夜はあまりにも明るくて、外が遠くまで見渡せた。

キツネやクマが歩いていたらきっとわかるに違いない、と一生懸命目をこらしてみるが、

明るい夜はかえって不用心、と巣穴に息を潜めているのか、ネズミの気配すらない。

ふと思い出したのが、写真集「月光浴」 撮影 石川賢治

バリ島、ハワイに混じって八ヶ岳の雪景色もある、全体がブルーの写真集。

この写真集の特徴はすべて月の光のみで撮影されていると言うこと。特にハワイの海岸の写真は、青い波が滝のように流れ落ち、海であるのに静かな「さーっ」という音が聞こえてきそうな写真。

私の持っているデジカメでまねをして撮ってみた。はたしてぼんやり暗いだけの写真になってしまったが、なんとか撮影はできた。無精しないで外に出て、きちんと三脚使って絞りを変えながら何枚も撮れば、ほんとうは綺麗な写真が撮れるのかも・・・・

Tsukiyo  月光の明るさは太陽光の465000分の1。

うーーん、それにしてもどうしてブルーにならないんだろう・・・

2008年9月 9日 (火)

撮ってみました、お月様

Moon3373 皆さんが月の撮影に挑戦しているので私もちょっと撮ってみました。

NikonD70に以前銀塩カメラで使用していたマニュアルの200mm望遠をつけました。露出計が作動しなくなるので、オールマニュアルにしてシャッタースピードを適当に変えながら数枚撮影しました。固定は三脚ではなく窓枠に腕をぴったりくっつけて。ちょっと暗い方が臨場感があるかなと思ってやや暗めの写真を選びました。

晴れていたので撮りやすかったですが、周囲に薄い雲がある方が雰囲気がいいですね。そんな夜があったらまた挑戦してみます。