フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

バナー

旅行・地域

2013年7月17日 (水)

青森

懇親会のあとゆるゆると歩いてホテルへ戻る途中。最近夜の町なんてあまりあるかないから目新しいです。

B1

B2

B3

さて、次の日は起きたらびっくり快晴!!

ホテルの窓から

B4

しかししかし、12時には集合しなければいけません。

リンゴジュースを調達した後は近場で一度訪れたかった「青森県立美術館」へ。

B5

常設展示はなんと500円!

入るとすぐにシャガールの巨大な舞台背景画に圧倒されます。しかも3枚も!!

棟方志功、奈良美智も素敵でしたが、佐野ぬいと言う作家の青を基調とした抽象画がなんとも居心地が良く、石井康治のガラス器は素晴らしいものでした。

展示ではこの「あおもり犬」のみ撮影可でした。

B6
駆け足で見て回りました、我が家からは遠いけれど一見の価値ありです。

もう少しゆっくり見て回りたかった~。


2013年6月21日 (金)

小国でした

昨年調査の後片付けで小国町へ行ってきました。お昼だったのですぐに金目蕎麦へ。

あれ?今日はなんだか豪勢です。なんでもIさんが「何か美味いもん作ってよ」とあらかじめお願いしていたそうで、今日は特別料理付きlovely

A1

赤漆の皿にばっけみそ、にしんのサンショ漬け、そらまめ、何かわからないジャムのようなのがラスクの上に乗ったもの(@_@)こんなのが作れるんだ!!

季節の天ぷらは、ギョウジャニンニクの花、スイバ、ヨモギ、ゴボウアザミ、カボチャなど。

A2

雨のクリ林

A3

クリ林の脇の沢に山葵やマタタビなど見に行きました。天ぷらにもあったゴボウアザミと呼ばれているサワアザミの集団も。

A4

夕方、Iさんのオススメで飯豊の温泉に行きました。

A5
山が深い!!

A6
まだ道沿いにもこんな残雪が!!

A7
お客さんは私たちがいる間一人しか来ませんでした。それもそのはず、飯豊山荘はこの3日前にやっと開いたそうです。雪が多くて(雪崩や落石の恐れがあるため)道が通れなかったそうです。お湯は40℃くらいでちょうど気持ちいい微温湯でした。でもタオルに酸化鉄の赤い粉がいっぱいついちゃった。

A8

小さな谷ごとに雪があって冷気が下りてきます。

谷の脇ではまだユキツバキがきれいでした。

A9











2013年5月28日 (火)

房総に行ってきました3

帰りがけ、昔よく遊んだ岩船海岸に寄りました。あ、去年も寄ったんだった(^_^;)

Cb6

ちょっとだけ潮が引いていました。

Cb7_2

岩上では釣りをしています。何が釣れるのかな。

Cb8

波の痕跡。

帰りにはまたアクアラインを通って、海ほたるでお昼を食べました。

標高ダンナはあさり定食。でっかいアサリの味噌汁にアサリご飯、アサリの和え物、天ぷら。さすがにアサリの天ぷらじゃなかったみたい。

Cb9
私はそんなに沢山食べられないので、アサリうどんにしました。出汁が出ていて美味しい!!

Cb10

帰りに見た風の塔は行きの白と違ってくすんだ青です、午前と午後の太陽の当たる角度で色が違うの?それとも気温?わかりませんでした。

Cb11

行きには見えなかった東京スカイツリーがなんとか見えました。

飛行機が串刺し(^_^;)

Cb12

1艘のヨットが海ほたるの近くを通りました。

少し波が高くキラキラしてきれいです。

Cb13

千葉は26℃くらいでしたが、東北道に入って埼玉通過のときは車外温度計が32℃!! うっかり羽生で休憩したので車外に出たとたん、ムワッと!!

宇都宮を過ぎたあたりからやっと気温が下がり始め、福島では急降下(@_@)

7時頃我が家にたどり着いたらなんと9℃でした。それでも体の中に熱がこもっていて暑いこと! 半袖でも平気でした。












2013年5月27日 (月)

房総に行ってきました2

ランチのあと、鴨川の観光地ってシーワールド以外に知らないなぁ、とちょっと調べてみると、千枚田が人気スポットとありました。能登半島の千枚田は見たことがありましたが、鴨川にあるなんて知らなかった。

ホテルから20分ほどでしょうか、結構山の中に入っていきます。位置的には房総半島のちょうど真ん中ヘンかな。

Cb1

主要道路から曲がる場所にはわかりやすい標識があり、立派な駐車場もありました。保存会のような組織があり沢山のボランティアの方々がいらっしゃるのでしょう。

Cb2

平成22年に国体にいらした天皇陛下が千枚田を視察され詠まれた歌がありました。「刈り終えし棚田に稲葉青く茂りあぜのなだりに彼岸花咲く」

Cb3
この季節は田植え直後で水面が見えており、畦がくっきりとわかって素敵な景観でした。

Cb4

田が狭く機械が入らないので農作業はいちいち大変でしょう。沢山の人が農作業に携わるので田の1枚1枚に番号札が付いていました。

Cb5

日本特有の急峻で複雑な地形が生み出した農地の美が房総にもありました。

2013年5月26日 (日)

房総に行ってきました1

Ca1

首都高ですよ~。私一人ではとうてい行けません。もちろん標高ダンナの運転。標高ダンナは今回力仕事担当です。
今回は首都高からアクアライン経由市原経由で南房まで行くことにしました。

Ca2_2

海ほたるの上から川崎方面の眺望、手前はトンネル掘削用の大きな回転刃、遠くに見えるのは通気用の建造物「風の塔」です。今日は白く見える。上空はひっきりなしに飛行機が飛んでいます。


Ca3

反対の木更津方面眺望、アクアラインの下を小さな貨物船が通るところです。

今回の目的は千葉の家の不具合箇所の修理と庭の手入れ、電動の芝刈り機やバリカンなど使って比較的速く終わりました。母が「鴨川に行ってみようよ」

右に見えるのは超有名な亀田総合病院、また建物が増えています。ちょっとした街みたい。
Ca4
「いろいろやってもらって助かっちゃったから」と鴨川グランドホテルのランチコースをおごってもらいました。鴨川グランドホテルは昨年の暴風の時に飛んできた海水や飛散物で1階のガラスが割れて中が大変なことになったそうで、レストランなど全面改装されていました。凄くきれいになっていて、ランチも美味しかったlovely

入り口の植栽もデラックスになってました。Ca5

Ca7_2

ほぼ仕事が終わったので怒濤の更新、行きますよ~。

2013年5月22日 (水)

東京駅・KITTE

先日東京に行った際、帰りに少し時間があったので最近オープンしたKITTEに寄りました。

K1
オープン時は屋上に上がる人の長蛇の列があったらしいのですが、この日は平日と言うこともあってまばらでした。

中はこんな吹き抜けになっていました。

K2

おきまりのコース、屋上から見た東京駅。

K3

旧郵便局長室を再現した部屋

K4

東京大学が収集してきた博物資料の展示(無料)もあり、骨格標本や夥しい数の鳥の剥製、植物標本などありました。大変きれいにデザイン的に並べてあるだけ(ま、無料だからね)

入っている店は雑貨屋なんかが多く、目では楽しいです。郵便関連の雑貨も沢山ありました。

オマケ

最近我が家にいりびたっている猫ちゃん。(シロチャ)

この日は息子と一緒、ノラで子供と仲良く来る雄猫って珍しいような気が??

K5

ぷぷぷ、デザインがまったく一緒happy02あげたエサを仲良く食べて2匹でのんびりお昼寝してました。

都会だとうるさいけど、ここはみんながご飯くれるから住みやすいね。



2012年11月 7日 (水)

椎葉~阿蘇

アサー!! になってようやくどんな所に泊まっていたのか全貌が明らかに。

民宿「焼畑」の母屋です。屋根が二重の向こうの建物は二階にも寝られるようになっています。女子は写っていない新しい建物を独占でしたbleah

Asa1

集落のほとんどの家が結構な斜面に貼り付くように建っています。つまり反対側を見るとこんな感じ。

Asa2

右の中程より少し下に小さく家が見えるでしょうか? たぶん向こう側から見たらここの民宿もこのような感じでしょう。

畑の一角のハコベの中にヤマラッキョウの鮮やかな紫を見つけました。

Asa3

散歩しているとホオジロやヒヨドリ、ガビチョウが啼いています。

ふっと傍の茂みに小鳥が飛んできました。

Asa4

ジョウビタキのメスです。チョコチョコと動きますが、私がいてもかまわないみたいです。

Asa5
あっ、飛んだ! 

可愛い~lovely

朝食の後、名物のクニコばあちゃんに別れを告げて帰路につきました。椎葉の道の駅に寄って、干し椎茸など地元の産品を沢山買いました。

途中で寄り道した川の傍のヤマウルシがほどよく黄葉していました。

Asa6

昼食は南阿蘇村の白水(?)にある明神池という湧き水のほとりの二八蕎麦へ。

私は地鶏そば、お隣さんはゴボウ天そば(強烈な個性なので撮らせてもらいました)

Asa7Asa8











つ、突き刺さっとる・・・

蕎麦屋に入る少し手前で・・・阿蘇山!!・・・かな?

Aso

飛行場に向かう途中で。

Aso1

熊本は2回目ですが、やはり今回も阿蘇山をゆっくり見ることはできませんでした。








2012年11月 1日 (木)

小浜にて

1日目の夕食はふぐづくし・・・とはいえ胃痛の私(>_<) ・・・Sさんもね。

Fugu1

こーんな鍋と薄造りと、ほかに甘エビとかがもりもりの舟盛りまであったのよ!

向かいに座っているN氏は「おまえら、飲まんのかぁ~」と言っています。

みなさんがひれ酒を注文していたので、我慢しきれなくなったSさんも「標高さん、半分こしましょうよ~」と言ってこれを注文しました。

Fugu2

「こうすれば大丈夫かも~♪」と言って、うささんオススメ、ナツメいりのお茶と交互に飲んで、しまいにはお茶でひれ酒を薄めて飲んでました(私もおしょうばんに預かりました)。酒臭くなくてだし汁を飲んでいる感じで濃縮されたひれの味が凄かったです。

二人して「刺身はあんまり食べられないから、しゃぶしゃぶにしちゃおうか」と鍋で海鮮しゃぶしゃぶにしたり、最後のふぐ雑炊は「うまいうまい!」としっかり食べ、なんだかんだ結構食べました。

翌日は一日仕事して(私は後半には腰痛になってさぼってました(^_^;))ふと窓を見ると「お! 夕焼け??」

Yake1
宮城の山住まいでは滅多に見られない夕焼けだぁー。さすが日本海側。

Yake2

んで、この日もまた魚三昧の夕飯でした。左上にちょこっと見えている煮魚が美味しかったです。ソイかなと思ったけど、マハタらしいです。初めて食べましたが身がフワフワで美味。

Mori

Sさんもかなり具合が良くなったらしく、「やっぱりふぐの雑炊が効きましたよねー」とか言いながら料理を堪能しました。結構食べましたが二人とも胃の具合は良くなっていたので、たぶんお魚食が良かったんだと思います。次の日は午前中だけ仕事して九州にGO!!










2012年10月31日 (水)

北陸遠征

ご無沙汰でした。すでに2週間ほど経ってしまいましたが、色々回ってきましたので・・・そして交通トラブルも・・・(^_^;) ま、それはのちほど。

まずは京都で定宿化しているうささんちでパワーを蓄えましてん。宮城からは胃痛を抱えて出発したのですが、京都経由が幸いしておかげさまで数日で胃の具合も良くなり、小浜で合流したSさんの胃痛も、うささんに頂いたもろもろの治療食材で同時に良くなりました<(_ _)>。

とりあえず1時間くらい遅れでしたが敦賀でKさんHさんと無事合流し、まずは鳥浜資料館と福井県三方五湖の見学へ。

三方五湖に着いたら時々雨でした。鳥浜貝塚の発掘地点には凄い巨人が!!

Tori1
頭がでかいのはなんでたろ?頭が良かったよってことなのかな?

福井県の三方湖ほとりにある鳥浜貝塚は縄文の早い時期から栽培植物の種などが発見されている有名な貝塚です。

鳥浜の資料館は新しくてきれいでした。

Tori3_2
沢山出土した埋没林のスギが転がっていました。きれいな輪切りだheart04

Tori2

雨でしたが三方五湖を上から見ることができる山の上に登るレインボーラインという観光道路を走ることにしました。

まずは三方湖と水月湖の境目へ。

Suigetsu
水月湖は湖の底に比較的静かに堆積物が溜まっていたと考えられるため、溜まった泥の断面を観察すると年稿という1年毎の細かいすじが見えるそうです。これをはがして年代を測定したり成分を調べて過去の環境の変化などが研究されています。

上から見るとこんなかんじ。三方湖と水月湖が低い山で隔てられています。

Suimikata

もう少し回っていくと、尾根の反対側に見えているのは日本海です。

Nihonkai
なかなか凄い地形です。もともとこれら5つの湖はべつべつだったのですが、このように山に囲まれて不便なので三方五湖を船で行き来できるように互いの湖間に水路が掘られました。

小浜市の宿に行く前に、埋没林がある黒田低地と言うところも行ってみました。すでに埋められて目印があるわけではないのですが、掘り出された埋没樹の根っこが残されているところがありました。縄文時代の木の根っこが畑のはじっこに置かれています。

Kuroda2

この頃になると時々土砂降りで凄いことになってきました。

ユンボの隣にもありました。雨が凄いことになってきました。

Kuroda

この日の夜はふぐづくし・・・ですが胃痛で飲めませんでした。翌日は建物の中で一日仕事です。










2012年9月 2日 (日)

番外編

後楽園ゆうえんち、夜11時なのに、都会は明るいですね。

C1

翌日は妹一家も呼んで、荻窪の本村庵へお蕎麦を食べに行きました。ここもまた沢山の人が待っていました。蕎麦以外にもいろいろなお料理が美味しいので、卵焼き、湯引き鱧、そばがきなどいっぱい頼んでしまいました。

C2

近くの妹の家へ行ったら、ワンコがとても元気でした。

C3

妹の家のグリーンカーテンはブドウで、肥料などほとんどやっていないそうですが、甘くて食べられるそうです。次々スズメが来てブドウ棚の中で大騒ぎしていました。

C4

ブドウのグリーンカーテン、いいけれど我が家では絶対無理ですね。スズメどころか熊がのっていたら困るもんね。

夜は阿佐ヶ谷の中杉通り沿いにある孫さんのお店に行きました。今まで行っていた中華屋さん(吉祥寺や新宿)はなんだかどんどん味が濃くなってしまっていたのですが、ここの味付けはあまり濃くなくて素材のうまさが引き立っていてとても美味しいです。

C5

今回は鶏の唐揚げ山椒塩添え、と海鮮餡おこげ。絶品でした。









より以前の記事一覧